妊娠中の肌荒れはどうして?

今まで肌トラブルがなかった人でも妊娠中の肌荒れで悩まれる方は少なくありません。どうして妊娠中は肌荒れをしてしまうのでしょうか。

  • kei 更新日:2014/02/26

view136

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の肌荒れ

  • 一般的にも妊娠すると肌が荒れたなんて事をよく耳にします。なぜ、妊娠すると肌荒れをするのでしょうか。

  • ホルモンバランスの影響で肌のコンディションも悪くなりがちですが、肌を清潔にし、栄養の偏りがないように注意しましょう。
    出典 :妊娠中によくあるトラブル|脳貧血|貧血|抜け毛|腰痛
  • 妊娠中は、今までの生活と変わって戸惑うことの連続です。ましてや初めての妊娠であればことさらでしょう。肌荒れひとつとっても気にし始めたらきりがありません。妊娠中は、誰でも肌荒れがあるものと割り切り、気にしすぎない事も大切です。
    出典 :妊娠中の肌荒れに!(^-^*)/人気のノンオイル化粧品が売れています!?
  • 妊娠中の肌荒れ対策

  • それでもやはり気にしてしまうのが肌荒れ。妊娠中であっても女性にとって肌はとても大切です。妊娠中にできる肌荒れ対策はどのようなものがあるのでしょうか。

  • 妊娠中はホルモンの影響でメラニン色素が増えます。そのため、普段よりもしみ、シワなどの肌荒れが起こりやすくなります。外出の時は紫外線対策としてUVカット効果の高い化粧品を使うようにしたり、日傘を差したり帽子をかぶるなどしましょう。
    出典 :妊娠中の肌荒れ
  •  

    日傘や帽子、そしてサングラスをするといいでしょう。足下や周りが見えるようにサングラスはあまり色が濃すぎないものがオススメです。

  • ビタミンを摂取する事も大切です。
    効果的なビタミンはどのようなものがあるのでしょうか。

  •  

    ビタミン!

  • ・ビタミンC(じゃがいも、ピーマン、レモン、みかん、いちご、キャベツ、ブロッコリーなど)
    メラニン色素ができるのを抑えたり、コラーゲンをつくる時に役立ちます。肌の張りを保ち、色素沈着などシミ・ソバカスを予防するといった美容にも有効です。
    出典 :妊娠中の肌荒れ
  • ・ビタミンE(ヒマワリ油、アーモンド、抹茶、マヨネーズ、落花生、豚レバーなど)
    ホルモン分泌を円滑にします。また、血行をよくしたり肌のシミなどの肌荒れや冷え性を防ぐ働きがあります。不足するとシミが出来たり、皮膚の抵抗力が無くなります。
    出典 :妊娠中の肌荒れ
  • スキンケアはどうしたらいいでしょうか。

  •  

    肌ケアのポイント!

  • 妊娠中のスキンケアは、保湿を意識して行いましょう。保湿で必要なのが化粧水ですが、化粧水もオイルを含まないのがいいですね。妊娠中は、お肌が敏感ですから化粧水の成分によっては刺激物になってしまいます。刺激を与えそうな成分を含む化粧品は、使わないほうが無難です。
    出典 :妊娠中の肌荒れに!(^-^*)/人気のノンオイル化粧品が売れています!?
  • エステも時期や場所を選べば可能そうです。ストレス解消にたまにはいいかもしれませんね。