おならの失敗…他人事じゃないかも?知っておきたい"おならとの上手な付き合い"って?

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
2015年、とある会社では早くも新年会が開催されたのですが、そこで「おなら」に関わるこんな大事件がありました。これは他人事じゃないかも…。
提供:小林製薬

view36945

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 年明け早々、部署のマドンナに起きた悲劇

  •  

    入社2年目・24歳の女性社員で、会社のマドンナ的存在のユミちゃん(仮名)。

    ユミちゃんは学生時代にイベントコンパニオンや読者モデルをしていたというだけあって、すごく可愛い上に人当たりも良くて、尋常じゃなくモテるらしい。

  • そんなユミちゃんを含めた新年会のスタートから1時間半。
    集まっていたメンバー(男性4人、女性5人)も良い感じにアルコールが回って、ほろ酔い状態。

    そこで、事件は起きた。

    男性社員のひとりがクリティカルな面白発言を繰り出した瞬間のこと。
    ユミちゃんの可愛らしいハイトーンの笑い声と同時に、唸るような重低音が「ブゥゥゥゥ」と個室中に響き渡ったのだ。

  •  

    和やかな宴会ムードの中で、その一瞬だけ空気が凍りついたのは言うまでもない。

    その場ではユミちゃんのおならには誰も触れず流れたものの…帰宅途中の男性メンバーの話題は終始、おならネタだった。彼女に好意を寄せている男性も何人かいたが、少しイメージが変わってしまったようだ。

  • 彼女にとって「変革の1年」の幕開けとなる正月のエピソードになってしまった。

  • 他人事じゃない!人間だもの、おならは出るもの。

  • 2時間に1回、それがおならの平均回数です。

     

    つまり、私たちは2時間に1回「おならを出すか出さないか」悩んでいるのです。

    筆者だったら、人前では絶対におならをしません。そのため、人と会う予定が連続で入っている日は、おなかがパンパンに…。

    あなたは、どうしていますか?

  • 実は、ガマンするほど回数が多くなり、ニオイも強くなるのが「おなら」の性質。

    音がしないように出してしまうのも1つの方法ですが、生活習慣によっては、強烈なニオイを発することになるでしょう。音を出さなくても、ニオイを出してしまっては、元も子もありません。

  •  

    たまにありますよね、電車やバスでの移動中「ぷぅ~ん…」と音もせずニオイだけが漂ってくる瞬間。

    座っていたり満員状態だったりで身動きが取れないと、もう悶絶。本人はバレていないと思っているかもしれませんが…バレますよね。

  • 結局は、家やトイレなどで人知れず出すのがベストな方法ですが…移動中はモチロン、仕事中やデート中などで外出先にいるときは、なかなかタイミングが合わずにガマンしてしまう女性も多いのではないでしょうか。(ユミちゃんもきっとガマンしていたのだろうなぁとしみじみ…)

  • ただでさえ、「ガスだまり」しやすい女性の生活習慣

  • あのオシャレも、あのスイーツも、おならの原因!?

     

    【1】長時間座っていることが多い
    【2】おならやトイレをガマンしがち
    【3】身体をしめつける洋服が多い
    【4】お肉やスイーツが大好き
    【5】食物繊維をよく摂取する
    【6】腹筋が弱い
    ※当てはまる数が多いほど、ガスだまり度が高い状態です。

  • まず「腸を圧迫する」ような生活習慣は、腸内のガスが出にくくなって溜まる原因です。デスクワークが多かったり、タイトなスカートやストッキングを履くことが多かったりすると、腸が圧迫されます。そうなると、ガスを排出する腸の働き(ぜん動運動)が弱くなってしまい、体内にガスが溜まることになります。おならをガマンして腸に負担をかける行動も、ガスだまりを引き起こします。

    また「偏った食事」に繋がる生活習慣は、腸内のガス量が増えて溜まる原因です。お肉やケーキといった高タンパク・高脂肪の食べ物をとりすぎるとおならのニオイは強くなり、食物繊維をとりすぎるとおならの回数は増えます。

  • 「ガスだまり」を解消するには?

  • 生活習慣を見直すことが大切です。

     

    「ガスだまり」の改善には、生活習慣の改善が第一です。
    先ほど挙げた6つの「ガスだまり」しやすい女性の生活習慣を避け、規則正しい生活を心がけましょう。

  • と言っても、生活習慣はなかなかすぐに変えられないものです。
    意識して少しずつ「ガスだまり」しにくい生活に変えていきましょう。

    しかし、だからといって生活習慣が改善されるまで「ガスだまり」の症状と付き合い続けなければならないかと言うと、その心配はありません。

  • あるんです、『ガスだまり改善薬』!

  • おなかのガスだまりに「ガスピタン」

     

    小林製薬のロングセラーで、もう10年以上前から販売しています。

    覚えやすくわかりやすいネーミングなので、皆さんも耳にしたことがあるのではないでしょうか?

    小林製薬はずいぶん昔からわかりやすくて面白い名前のヒット商品を世に送り続けていますよね。

  • なぜガスピタンはガスだまりに効くの?
    1.溜まったガスをつぶす
    2.過剰なガスの発生を抑える
    3.ガスを溜まりにくくする(整える)
    出典 :ガスだまりを改善!|ガスピタン 小林製薬株式会社
     

    おなかのガスだまりをつぶして、おならを抑えてくれます。同時に、おなかの張りや圧迫感も解消できますよ。

  •  

    噛み砕いても口の中で溶かしても服用できるチュアブルタイプ。

    場所を選ばないので、ガスが溜まってお腹が苦しいと感じたらすぐに飲むことができます。
    ヨーグルト味で、おいしく気軽に飲めるのもポイント!

    1回1錠1日3回でOK。こんな薬を探していました。

  • ガスだまりを放置したままだと、溜まったガスは腸壁から吸収されて、血液に溶け込んでしまうようです。
    溶け込んだガスは、身体に悪いだけでなく、美容にも良くありません。

    女性は生活習慣だけでなく、体質からしてもガスを溜め込みやすいので(※詳細は女性の盲点。生理前・生理中の「ガスだまり」についてこっそり語るを参照)、日頃から腸を労わってあげましょうね。

    あの一件以来、ユミちゃんの周りの女子の重要アイテムとなった「ガスピタン」はドラッグストア・薬局の整腸薬コーナーにて販売しています。