知っておこう「流産と基礎体温」の深い関係

「流産と基礎体温」は深い関係になっているのです!妊娠中の不安のひとつにもなりますよね

view294

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 流産と基礎体温の深い関係

  • 基礎体温と妊娠は、とても深い関係にあります。基礎体温を見れば、妊娠しやすいのはいつか、妊娠しているかどうか、そして流産の可能性までわかります。妊娠すると、基礎体温は高温期に入ったままとなり、月経も来なくなります。
    出典 :基礎体温と流産 | 基礎体温でヘルシーライフ
     

    しかし、この高温期が3週間以上続いた後、急に基礎体温が下がってしまうと異常妊娠や流産の可能性があるというのです

  • 妊娠している可能性がある

     

    このグラフが可能性があるグラフです!参考にしてくださいね

  • このグラフが

     

    異常妊娠や流産の可能性があるグラフです。グラフが降下しているのがわかるでしょうか?

  • 基礎体温が下がる要因

  • 基礎体温は日々一定ではありませんし、計測の時間帯や外気温や体温計の保管環境、精神状態などによって変化することもあります。普段の平均から大幅に離れているようでなければ、あまり気にし過ぎないほうがよいでしょう。
    出典 :基礎体温が下がってきたのは流産の兆候?! -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 胎盤の完成が近づいてくる12週頃になるとホルモンの変化により体温が下がってきます。これは誰にも起きる自然なことです。
    出典 :基礎体温が下がってきたのは流産の兆候?! -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    このような場合なら、流産とはいかないですよね

  • 基礎体温が下がらない流産

  • 流産の手術をすると基礎体温はその日のうちから下がり始めますが、胎児が育たず母体の中で亡くなってしまう「稽留(けいりゅう)流産」という症状の場合は、基礎体温が下がらずそのまま高温期が維持されてしまうこともあります。
    出典 :流産と基礎体温の関係
     

    このような場合があるので、一概にいう事は出来ないそうです

  • 原因には「運動不足(適度な運動も必要なんですよ)」「冷え」なども挙げられますが、もっとも問題になりやすいのが「ストレス」です。特に妊娠の初期の初期の頃はナーバスになるお母さんも少なくないため、それが大きなストレスになり、それが原因で血行不良になり流産...ということもあるのだそうです。
    出典 :流産と基礎体温の関係
     

    ストレスは本当に体に悪いのですね・・・妊娠にも影響してくるようです

  • あまり神経質にならない事

  • 初期の頃には流産の危険性を考えて体温を測る方が居るようですが、定期健診で順調に育っていれば特に必要性はありません。あまり神経質になりすぎるのも問題となってしまいます。稽留流産では基礎体温の変化も起こらず、出血や腹部の痛みなどを感じる事がないので、定期健診を行うまで気が付かないことが多くなっています。
    出典 :稽留流産 基礎体温
  • 早期の問題を発見する為に、定期健診があるのですから、おおらかな気持ちで妊娠生活を送ると良いでしょう。また安定期に入ってくるとリスクも少なくなってきます。
    出典 :稽留流産 基礎体温
     

    定期健診があるのだからこそ、神経質になりすぎないようにしたいのです

  • 母親の最初の仕事だと思って!

  • 不安な気持ちは逆にストレスとなってしまい、体温の変化が起こったり、体調を崩してしまう場合もありますから、生まれてくる赤ちゃんのことを考えて、にこやかにおおらかな気持ちで向かえいれる事が母としての最初の仕事ではないかと思います。
    出典 :稽留流産 基礎体温