知ってた? 不妊治療は保険適用になるとは限らない

view168

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「治療」といいながら、実は不妊治療は保険適用になるとは限りません。
    もちろん、保険適用になるものもありますが、自己負担での治療となってしまうものあります。

  • どうして不妊治療は保険適用にならないの?

  • 「治療」っていうくらいだから保険適用になるんじゃないの?

     
     

    不妊治療は高額なものになります。
    そのため、それらを保険適用にしてしまうと現在の保険制度ではまかないきれない、というのが最も大きいようです

  •  
  •  
  •  
  • 不妊治療を始める前に保険に加入しているかどうかチェックしよう!!

  •  
  •  
     

    不妊治療を行っていると、女性特有の病気になる確率が上がってしまうのです
    そうなると保険に入るのが難しくなってしまいます

  •  
  • 不妊治療を受けている人のための助成制度を活用しよう

  •  
  •  
  •  
  •  
  • 受けることができる助成を上手に活用しましょう

     
     

    自治体によって支給条件、支給額などに若干の違いはありますが多くの自治体で実施されている制度です。

    不妊治療をしている人でまだ助成を受けたことがない人は1度調べてみるといいでしょう

  • 不妊治療をまかなうための保険ができるかもしれないってホント!?

  •  
     

    不妊治療が必要と判断された場合に治療費を受け取ることができる、という保険ができれば・・・という期待の声が高まっています

  •  
     

    不妊治療を受けたくても費用面で断念せざるを得ない人にとっては明るい話題になるかもしれません

  • 不妊治療の保険適用についてはいろいろと話題がつきません。
    保険適用となれば不妊に悩む多くの女性が子供を持つことができるようになり、少子化が解消するのではという声もあります。
    しかし、現実問題として不妊治療には高額な費用がかかること、また一定以上の効果が必ず得られるというものではなく場合によってはリスクも伴ってしまうということから保険適用が実現することなく現在にいたっています。

    今後の情勢がどのようになるのかはわかりませんが、現在ある助成制度や民間の保険などをうまく活用して乗り切っていきたいですね。