知っておこう!搾乳について☆

搾乳とはどのようなものなのか知っておこう!
ママ必見の知識がここにある☆

view922

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 搾乳

  • 授乳を始めたばかりの新米ママがかかることの多い症状に乳腺炎があります。それは乳腺に乳汁がたまって炎症を起こす病気で、乳房が張って熱を持ち、軽い痛みを感じやすくなります。
    出典 :搾乳 [チビタスキーワード] All About
  • 対策は、赤ちゃんに飲ませるか、とにかく母乳を外に出すという「搾乳」をすることです。強い痛みを感じ高熱が出た場合は、病院へ行ってください。また油っぽい食事をとっていると、血液がにごり乳腺炎になりやすいので気をつけましょう。
    出典 :搾乳 [チビタスキーワード] All About
     

    乳腺炎だけは気をつけましょうね

  • どんな時に必要

  • 搾乳は赤ちゃんが生まれてすぐに何らかの事情で入院してしまい母乳を飲ませたい場合や、赤ちゃんが寝ていて母乳を飲ませられない時におっぱいが張ってしまった場合、また授乳はしたけどまた飲み残しがあるような場合などに利用される方法です。
    出典 :搾乳について - 母乳ガイド
  • 搾乳のやり方には手で搾る方法と搾乳機を使用して搾る方法がありますが、これらは乳房の分泌具合やその形によってやり方が違ってくるようです。手で搾る搾乳方法では、哺乳瓶に受け口がついたような容器を使用して乳輪の外側から乳頭にむけて母乳を搾っていきます。この時色々な方向から搾るようにするのがポイントです。
    出典 :搾乳について - 母乳ガイド
  • 手で搾乳する時のコツ

  • まず、両手をハンドソープで入念に洗います。冬はできるだけお湯を使って手を温めておきましょう。そして椅子に腰かけるか、床に座ります。職場で搾乳する場合はトイレの中で搾乳することもありますが、手が周囲に触れないように注意してください。
    出典 :ミルクの作り方 - ママの森
  • 搾るのは、対象の乳房と反対側の手です。右の乳房を搾る時は左手を、左の乳房を搾る時は右手を使います。そして、乳輪を親指と残り4本の指ではさみます。この時、乳房にぴったりと当てて押し付けるようにするのがポイントです。それから乳房をややひねるように親指と残り4本の指を近づけて、前に押し出すように大きく揉み出します。
    出典 :ミルクの作り方 - ママの森
  • 乳首ではなく、乳輪を刺激するのでしょうか?それは、母乳の集まる場所が乳輪の下にあるからです。これは10数個あって、ここを押すと乳腺から分泌された母乳が集まってくるのです。つまむのではなく、乳輪の下を意識して全体を押すような感覚でおこなうと良いでしょう。
    出典 :ミルクの作り方 - ママの森
  • 搾乳器の場合

  • 最近、お産後の助産師さんに、「この搾乳器は良いわよ、先生もやってみたら」と勧められて自分の乳首に当ててみました。 感想に一言「うまく搾ってるなぁ」と言ったら、みんなに笑われました。良く研究された搾乳器は、赤ちゃんの自然な哺乳に近い働きをするようです。お母さん方にも痛くないと好評です。
    出典 :2/2 乳腺炎と搾乳 [乳腺炎] All About
  • 搾乳機を使う時は・・・

     

    ただし、使う前には、専門家にアドバイスしてもらいましょう
    本当は搾乳器などは必要のない状態なのに安易に使うと
    トラブルのきっかけになってしまう事もあるのです
    お手軽ですが、使い方はしっかりとしましょう

  • コツを覚えよう

  • コツはこれだけある!

     

    ★親指と人差し指を乳輪に当てる。残りの3本はおっぱいを下から支える。
    ★親指と人差し指を胸壁(自分のほう)に向かって内側に少し押す
    ★親指と人差し指で、乳輪の下にある乳管の集まってる周辺を押す。おしたりはなしたり
    ★いろんな方向からしぼる
    こんな事してみてくださいね☆

  • 脇にしこりがある場合そのほうのおっぱいを脇から寄せ、乳輪を圧迫し、搾乳。あくまでも、乳腺の部分(白い部分)はさわらないでね。 まだだしたいのに、出てこない!という時は、反対の方向に変えてみたり、おっぱいを脇から中央に寄せたりぐるぐる回したりしましょう。
    出典 :�����ς����̕�@ ���̃R�c