どこにしたら良いの???妊娠したママの産院選びのコツとは???気になる情報まとめ☆☆

妊娠したけれどどこで赤ちゃんを産もうかしら・・・と悩んでる人も多いのではないでしょうか??
実際どこで出産することが出来るの??産院選びのポイントは???
気になる情報をまとめてみました!!!

view269

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 出産する施設にはどんな場所があるの???選択肢はどの位???

  • 総合病院

     

    総合病院とは、ベッド数が100床以上で複数の診療科がある施設のことをさします。

  • 創業病院は、他科との連携が取れているので出産時の緊急時には安心することが出来るメリットがあるのです。
    最近では、総合病院には産婦人科医院や小児科を閉鎖している病院のあるので、総合病院で出産を決意をする前に確認することが大切です
    出典 :出産 - 病院の正しい選び方 | 妊娠&出産 -ママさんデビュー♪
  • 大学病院

     

    大学病院とは、スタッフの数だけではなくて、最新の医療設備が整っている大規模の病院のことをさします。

  • 大学病院では、出産時など万が一に起きた緊急事態に対して、他科との連携によって素早い処置が可能になるので安心感があるのです。
    大学病院のデメリットとしては、待ち時間が長くて、診察時と分娩時の医師が異なることがあげられるのです。
    出典 :出産 - 病院の正しい選び方 | 妊娠&出産 -ママさんデビュー♪
     

    大学病院での出産はトラブルの抱えてる妊婦さんに多いようです!!

  • 産婦人科専門病院&産婦人科医院

     

    産婦人科専門病院とはベッド数が20床以上の施設のことで、産婦人科医院とは19床以下の施設のことをさします。

  • 基本的に産婦人科専門病院&産婦人科医院では、初診・妊婦健診・分娩まで同じ医師が対応してくれるので、医師とママさんのコミュニケーションには適している施設なのです。
    産婦人科専門病院&産婦人科医院は、出産の専門院ですので母親学級・体操教室を開いている施設が多いというメリットがあるのです
    出典 :出産 - 病院の正しい選び方 | 妊娠&出産 -ママさんデビュー♪
  • 助産院

     

    助産院とは、助産師が開設している分娩施設のことをさします。

  • 助産院での出産は、家庭的な雰囲気の部屋で出産が可能で、自然分娩を希望するママさんに絶大な支持をされているのです。
    助産院では、正常経過の妊娠&分娩が対象なので、助産院で出産できる妊婦は限られているのです。
    また助産師は、会陰切開などの医療行為は出来ないので、分娩進行中に起きたトラブルの場合は、大病院に搬送されるというデメリットがあるのです。
    出典 :出産 - 病院の正しい選び方 | 妊娠&出産 -ママさんデビュー♪
  • 産院選びのポイントは???

  • 持病、体質、多児など自分のリスクに対応できる?

    リスクを持っている場合の多くは、初診時に医師からの
    説明があります。
    リスクが高い人は、自分のリスクに対応できる施設を
    紹介してもらうか、医師の意見を参考に施設を探してみましょう。
    出典 :産院選びのチェックポイント
  • 緊急時の対応や提携先の医療機関について

    妊娠中と出産時の緊急時の医療体制と、
    産後の赤ちゃんに対する緊急時の医療体制がどうなっているかを
    チェックしておきましょう。
    その施設の医師に聞いてみるのがいいでしょう。


    出典 :産院選びのチェックポイント
  • 自宅から産院までの移動時間は1時間以内で!

     

    初めての出産の場合、陣痛が始まってから出産まで、
    大体12時間くらいかかります。
    自宅から産院までの所要時間が1時間くらいまでならOK。
    2度目以降の出産の方は、初産の時の半分以下くらいの
    時間で生まれてくることが多いので、
    なるべく自宅から近い産院を選びましょう。


  • 医師や助産師は信頼できますか?

    受診の時に、きちんと質問に答えてくれるか、
    自分の不安がないか、任せられるかを
    しっかり判断しましょう。
    出典 :産院選びのチェックポイント
  • ポイントを押さえて自分に合った病院を選びましょう!!!

     

    自分に合った病院を見つけることで納得のいく出産が出来ます!!!