すぐうつる!手足口病 流行の原因と対策

手足口病って何???聞いたことないって人も多いと思います。でも実は今流行しているんです!

view850

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 手足口病って何???

  • 聞いたことない?変な名前の病気?なんでもない病気でしょ?って油断してはいけません!
    感染増加により、なんと髄膜炎や脳炎を引き起こす恐れも出てきているんです!

  • 乳幼児を中心に、主に夏季に流行する疾患「手足口病」

     

    5歳以下のお子様をお持ちのご両親は、特にご注意ください!
    感染報告数の90%以上は5歳以下の子どもです。

  • この病気は子どもにとっては非常にポピュラーな病気ですので、神経質になりすぎず、冷静な対応を行うことも大切です。幼稚園や保育園で流行し、感染した場合でも悪化することは多くありませんので、子どもの様子をみながら落ち着いて対応しましょう。
    出典 :子どもにとってポピュラーな病気「手足口病」 - お役立ち医療コラム | 医院・クリニック・診療所・病院検索【病院なび】
  • 手足口病(hand, foot and mouth disease:以下HFM)は、口腔粘膜および四肢末端に現われる水疱性の発疹を主症状とし、幼児を中心に流行する急性ウイルス性感染症である。発疹は、手足全体ことに肘や膝あるいは臀部周辺にもみられることもあり、一方また手足口の一部のみの発疹で終わることもある。 
    出典 :国立感染症研究所 感染症情報センター
  • 手足口病はエンテロウイルスの感染が原因で発症するが、今年は髄膜炎や脳炎を引き起こす恐れのある「EV71型」が約2割を占める。
    出典 :手足口病、九州で流行
     

    髄膜炎や脳炎を引き起こす恐れも!?

  • 大人にも感染します!

  • 大人の手足口病の潜伏期間は3〜7日間で、発症後は、鼻水や便から2〜5週間かけてウイルスが排出されます。
    出典 :大人の手足口病の症状とは?|治療と予防に関する必須知識
     

    大人にもうつります。大人が感染した場合、重症になることもあるので、注意が必要です。

  • 各自治体で手足口病警報を発令続出!

  • 各自治体では、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づいた、手足口病警報が続出しています。

  • 手足口病については、都内の小児科定点医療機関からの第27週(7月1日~7日)における患者報告数が、都の警報基準を超え、大きな流行となっています。
    手足口病の患者の約9割は、6歳以下の小児となっています(うち約半数が2歳以下)。
    家庭での手洗いの習慣づけや保育所、幼稚園、学校などでの感染予防の指導にご協力をお願いします。
    出典 :手足口病が流行、都内で警報基準を超える|東京都
     

    全国で発令されている「手足口病警報」ですが、東京都でも警報基準を超えています。

  • 治療するにはどうしたらいいの?

  • 手足口病の原因はウイルスなので、特効薬はありません!

  • ウイルスを抑える効果的な治療法はなく、症状をやわらげる治療です。症状に応じて解熱鎮痛薬などを投与します。口の中の痛みで飲食を控えるため、脱水症を起こすことがあります。柔らかな食べ物、牛乳など刺激の少ない飲み物を与えます。
    出典 :手足口病 子どもの症状チェック -メディカルiタウン
     

    簡易チェックできる「症状チェック」ができます。
    (※特徴的な症状に対する一般的な傾向として医学知識の情報を提供するものであり、皆様の症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方は、医師にご相談のうえ、専門的な診断を受けるようにして下さい。)

  • 手足口病の原因はウイルスなので、残念ながら特効薬はありません。発疹も1週間~10日程度で自然治癒するため特に治療は行いません。
    出典 :手足口病の治療法・合併症 [子供の病気] All About
     

    手足口病の合併症なども紹介しています。

  • どのようにして感染するの?

  • 感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染することです)が知られています。特に、この病気にかかりやすい年齢層の乳幼児が集団生活をしている保育施設や幼稚園などでは、こども達同士の生活距離が近く、濃厚な接触が生じやすい環境であることや、衛生観念がまだ発達していないことから、施設の中で手足口病の患者が発生した場合には、集団感染が起こりやすいです。また、乳幼児では原因となるウイルスに感染した経験のない者の割合が高いですから、感染したこどもの多くが発病します。
    出典 :日本医師会:手足口病Q&A
  • 感染しないようにするために、どのようなことに注意すればよいの?

  • 感染予防にうがいと手洗いが重要!

     

    感染しないためにも、こまめなうがい・手洗いが不可欠です。

  • 一般的な感染対策は、接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすることと、排泄物を適切に処理することです。
    出典 :日本医師会:手足口病Q&A
     

    日本医師会では、どのように感染するか、感染を予防したらよいかを紹介しています。

  • 登園・登校の停止について特に定められてはいません。医師の指示に従ってください。4~5週間、便中にウイルスが排泄(はいせつ)されるため、感染をひろめないよう手洗いやうがいをしてください。
    出典 :手足口病 子どもの症状チェック -メディカルiタウン
     

    神経質になりすぎないように!!!

  • エンテロウイルスに対する治療薬は実用化されておらず、公衆衛生対策のみで大規模なエンテロウイルス感染症をコントロールするのは困難なので2) 、発症あるいは重症化を予防するためのワクチン開発が、アジア各国で進められている。
    出典 :IASR 33-3 手足口病, エンテロウイルス71型, ワクチン開発, 不活化ワクチン
     

    手足口病(エンテロウイルス71)ワクチン開発の現状