睡眠・イビキなどの睡眠障害を予防することで重い病気にもかかりにくなる!?

睡眠中のイビキをかくといった行為は誰にでも経験があると思いますが、実は慢性的なイビキというのは別の病気が原因でかいてしまうことがあります。イビキは別の症状のシグナル的な役目を果たすことがあるので、原因を取り除くことでいびきを解消して快適な睡眠が取れるだけではなく重い病気にもかかりにくくなります。

view394

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠障害って

  • 夜、眠れないなどいわゆる不眠症。寝付きにくい。浅い眠り。イビキをかくといった睡眠に関する症状をまとめて「睡眠障害」といいます。

  • 睡眠障害の実態

  • 睡眠障害の主な原因はストレス

  • 睡眠障害、イビキ対策に効果的な音楽

  • 不眠症や睡眠障害の時に聴くヒーリング音楽 - YouTube

     

    睡眠障害の時に聴くと良いヒーリング音楽です。リラックスした状態にさせてくれます。

  • 目覚めスッキリ、熟睡できる快眠音楽集【安眠・睡眠・不眠症】 - YouTube

     

    よく眠るための快眠音楽集です。

  • イビキの原因とは

  • 慢性的なイビキでわかる別の病気

  • いびきから考えられる病気

    睡眠時無呼吸症候群

    大きないびきをかいて寝ていると思ったら、突然呼吸が止まって、数秒後にまたおおきないびきが始まる...。そのように寝ている人を、見たことがありませんか?これは睡眠時無呼吸症候群という、れっきとした病気です。

    睡眠時に突然呼吸が止まることで、呼吸不全や高血圧などを合併する可能性のある恐ろしい病気なのです。

    寝ているときに無呼吸状態になることが1時間に5回以上あったり、10秒以上の無呼吸状態が30回以上見られる場合は、睡眠時無呼吸症候群と考えて間違えないでしょう。

    脳梗塞

    普段はいびきをかかない人が、突然激しいいびきをかいたときには、脳梗塞の恐れがあります。脳梗塞を起こすと脳の異常によって舌が喉の奥に落ちることによっていびきが起こります。あまりにもおかしいと思うようないびきを突然かいたら、すぐに本人を起こすようにしてみましょう。

    脳梗塞を起こしている場合は意識不明になっていることが多いので、ただちに救急車を呼ぶ必要があります。早急に治療することで一刻を争う状況は避けられるかもしれませんので、注意深く観察することが大切です。

    糖尿病や高血圧

    いびきをかいて寝ることによって、脳や血液中に送られる酸素の濃度が低下していきます。この状態が慢性的に続くことで、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を引き起こす危険性が考えられるのです。
    出典 :いびきから考えられる恐ろしい病気 | いびき対策辞典
     

    睡眠時無呼吸症候群、脳梗塞、糖尿病や高血圧といった病気の症状にも慢性的なイビキが関わっている可能性があります。

  • このように、イビキというのは他の病気によって起こる可能性もあります。特に、家族が原因もなく慢性的なイビキの場合はこれらの病気を疑ったほうが良いでしょう。