しっかり食べて自慢の美肌に!【肌にいい影響を与える食べ物とは?】

肌にいいと言われている食べ物についてのまとめになります。偏りがなくバランスのいい食生活を送り、トラブルの少ない肌作りを心掛けてみてはいかがでしょうか。以下を参考にしていただければ幸いです。

view15

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    バランスのとれた食生活を送って、肌トラブルとは無縁の生活を送りたいですよね?

  • 美肌を作る野菜とは?

  • ニンジン

    緑黄色野菜のエース、ニンジンはβ-カロテンの宝庫。β-カロテンは体内でビタミンAに変化して目や鼻の粘膜を保護し、潤してくれるので、風邪予防にはもちろん、乾燥肌の予防にも効果が期待できます。
    腸内環境を整える食物繊維も豊富に含まれているので、肌荒れの原因となる便秘も予防します。β-カロテンは、脂質と一緒に摂ると吸収が良くなるので、炒め物にしたり、マヨネーズやドレッシングとともに食べるのがオススメです。
    出典 :美肌を作る野菜の正しい選び方・取り方 | スキンケア大学
  • ・アボカド
    食物繊維が豊富なので、ニンジン同様便秘予防に効果的です。肌のターンオーバーを助けるビタミンB2、B6、葉酸や、抗酸化作用の高いビタミンEも多く含まれ、エイジングケア効果の高い食材としても有名。
    ビタミンEはビタミンCとともに摂るとより効果を発揮するので、レモンをかけて食べるのがオススメです。
    ・かぼちゃ
    抗酸化ビタミンA(β-カロテン)、C、Eをバランス良く豊富に含んでいるかぼちゃは高い抗酸化作用を持つ食材。β-カロテンは皮に豊富に含まれるので、皮は剥かずに頂きましょう。
    出典 :美肌を作る野菜の正しい選び方・取り方 | スキンケア大学
  • 肌に良い食べ物

  • 美肌作りに効果を発揮するビタミン

  • 美肌作りに効果が高いのは、ビタミンCです。
    ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、その抗酸化作用から活性酸素を消去し、体の酸化防止をしてくれます。
    また、ストレスが溜まると、精神のみならずお肌や体調にも悪影響を起こしてしまいますが、ビタミンCはストレス緩和作用がある副腎皮質ホルモンの合成には欠かせません。
    さらに、肌にできた傷口を早く治したい時にもビタミンC不足では治癒が遅れてしまい、ビタミンCは肌のターンオーバーにも欠かせない存在です。
    また、美肌効果と共にメラニン色素の沈着を防ぎ美白効果もあります。
    出典 :美肌効果バツグン!食べるほどキレイになる7つの栄養素と食べ物たち | Healthy Lifestyle
  • ビタミンEはその効能から、若返りビタミンと呼ばれています。
    ビタミンEには強い抗酸化作用があり、活性酸素からお肌を守ります。
    抗酸化作用が働くことで、細胞の酸化を防ぎ老化を遅らせる効果があります。
    また、血流改善効果があり、血行が良くなり、肌の再生に必要な栄養分が行き届きやすなるため、乾燥肌や、シミ、そばかす解消にも効果があります。

    ビタミンEを多く含む食品
    ・ナッツ類
    ・植物性の油
    ・ウナギ
    ・カボチャ
    ・モロヘイヤ
    出典 :美肌効果バツグン!食べるほどキレイになる7つの栄養素と食べ物たち | Healthy Lifestyle
  • 便秘との関連性

  • 便秘がちになるとニキビが出来やすかったり、肌荒れしやすいですよね。
    お肌と腸は密接な関係にあり、腸の中に老廃物が溜まると栄養と毒素を勘違いして吸収し、お肌にまで運んでしまいます。これが、ニキビや肌荒れの原因になってしまうのです。
    便秘は美肌の大敵です!
    腸内環境を整える事で、花粉症やその他アレルギーの改善にも効果があります。
    便秘を改善して、キレイなお肌を手に入れましょう☆
    出典 :ニキビや肌荒れを改善!便秘に効く食材まとめ | 美肌マニアの美容情報
  • 美肌効果&便秘解消