鏡がこわい!そんなあなたに…老け顔解消メイク!

歳をとるにつれ、気になってくる「老け顔」。もう鏡を見るのもこわい!という人すらいるかもしれません。今回はそんな「老け顔」の解消メイクをまとめてみました。

view2819

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 老け顔ってどんな顔?

  • 最大の特徴はやはりシワが多いことでしょう。とくに目立つのがほうれい線。顔の両側にできるシワです。これがあるかないかで5歳は違って見えるとも言われます。それから目じりと額のシワ。額の場合、シワができやすい人とそうでない人の個人差が出やすいのが特徴です。
    出典 :老け顔の特徴とは?
     

    5歳もかわってきてしまうんですね、、、おそろしい

  • ほうれい線

  • シワと同じくらい大きな問題となるのがたるみ。とくに頬のたるみは年齢を直接感じさせてしまう部分です。これは加齢によって肌の弾力が失われてしまい、支えることができなくなってしまうことで生じるもの。同じようにまぶたが垂れてしまい、目を覆ってしまう状態も老け顔に見せてしまう特徴となります。
    出典 :老け顔の特徴とは?
     

    少しずつ、たれてきますよね、、、

  • 頬のたるみ

  • もうひとつ、特徴として挙げられるのが表情。まぶたとの関係もありますが、なんとなく暗い表情をしている、あるいはいつも疲れているような印象を受けるといった表面上の印象が実年齢よりも老けて見せてしまう要因となります。
    出典 :老け顔の特徴とは?
     

    表情くらいは、常に気をつけたいですね!

  • 他にも、シミやそばかす、目元のシワなんかも気になります、、、。

  • 気をつけて!老け顔の原因

  • ほうれい線の原因

    1、加齢と共に頬の筋肉が衰えることによって起こるたるみ
    頬の脂肪が下に落ちることで、溝が深くくっきりとした線となって表れるもの。1日中デスクワークでパソコンに向かうような生活をしていると、筋肉の運動不足により働きがどんどん低下。特に日頃から表情の乏しい人は、頬が下がりやすいので要注意です。

    2、肌の乾燥や紫外線
    乾燥肌は、ほうれい線だけでなくシワもできやすいので気を付けて。シワの主な外的要因は紫外線と乾燥ですが、これはほうれい線にも言えること。紫外線による光老化や乾燥・加齢によってハリや弾力が失われると、シワができやすくなります。また、肌が重力に逆らえなくなってしまうこともあり。肌の弾力低下は、ほうれい線と切っても切れない関係なのです。

    3、目の疲れ
    目の下のたるみは、乾燥や加齢によるコラーゲンが減少するからだけと思いがちですが、実は目の疲労も原因になります。パソコンやスマホ、まばたきなどで目が疲れると、周辺の筋肉が緊張してしまい、いわゆる肩こりのような状態に。そして、この「こり」が蓄積されると目の筋肉と口の筋肉をつないでいる「上唇挙筋」が凝り固まって、ほうれい線になってしまうのです。

    4、喫煙
    タバコを吸うと、体内のビタミンCが破壊され、肌はハリを保つことが出来なくなってしまいます。喫煙によるダメージが美肌の大敵なのは良く知られているところ。もちろん、ほうれい線にも大きく影響します。最近は、男性のほうが禁煙する率が高いそうですが、タバコは肌にとっても「百害合って一利なし」。キレイになりたいなら女性も禁煙が必須です。
    出典 :見た目年齢が大きく変わる「ほうれい線」の原因 [ほうれい線] All About
     

    感想や紫外線は大敵ですね

  • たるみの原因は大きく分けて3つあります。

    原因1.肌の弾力の低下
    真皮内で、バネのような構造で肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチンの質が変化して、肌の弾力が失われます。
    ※コラーゲン:線維状のたんぱく質で、皮膚や骨に存在し、肌のハリを保ちます。
    ※エラスチン:ゴムのように伸縮し、肌に弾力を与える働きをします。

    原因2.皮下脂肪の肥大化
    皮下脂肪は脂肪組織の大部分を占め、エネルギー貯蔵、保温などのはたらきがあります。この皮下脂肪が年齢を重ねることによる代謝機能の衰えで肥大化し、重力の影響により下方向へ落ちてきます。

    原因3.筋肉の質の低下
    顔の表情筋は手足の筋肉とは異なり、骨ではなく直接皮膚についているため、細かな表情を作り出すことができます。加齢にともない腕や脚の筋肉が衰えるように、顔の筋肉も衰えていき、その上に位置する皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなります。
    出典 :たるみの原因|ドクターシーラボ顔のたるみ研究所
     

    いつまでもハリと弾力を保っていたいです

  • 老け顔を解消するメイク術!

  • メイクを落とした、すっぴんのほうが若い方って意外といらっしゃるのですよ。そこで今回、メイクをするときの若顔メイクと老け顔メイクのポイントを3つ挙げたいと思うので、参考にしてみてくださいね。
    出典 :もう老けて見られない!ちょっとしたメイクのコツ3つ | 美レンジャー
  • ■1:ベースメイクにツヤ感がある

    シミやシワが気になってくるとついついそれを隠そうと下地、コンシーラー、ファンデーションと塗り重ねてメイクが厚塗りになっている方。

    隠したい気持ちは分かりますが重ねれば重ねるほどメイクは崩れてしまいますし、逆にカバーしてる部分が目立ってしまうことも。ファンデーションが粉浮きしている方は、極力最小限に抑えてみてください。薄く塗ることでツヤ感が増し、若々しくみえます。
    出典 :もう老けて見られない!ちょっとしたメイクのコツ3つ | 美レンジャー
     

    ついつい厚化粧をしてしまいたくなりますが、逆なんですね

  • ■2:メイクの色が肌に合っていない

    ファンデーションが白く浮いていると、不自然で無理している感じに。薄く塗っていても色が合っていないだけで厚塗りにもみえてしまいます。色を選ぶときは、首の色と合わせて選ぶと良いでしょう。メリハリ顔が大切なので、顔の中心はハイライトをのせるなど立体感あるテクニックも駆使してみましょう。
    出典 :もう老けて見られない!ちょっとしたメイクのコツ3つ | 美レンジャー
     

    たしかに。これはあるかもしれません、、、。

  • ■3:輪郭がぼやけている

    アイライン、リップラインなど輪郭部分がぼやけていると老け顔メイクの印象に。アイラインをしっかり入れて、リップラインをきちんと加えるだけで小顔効果も得られます。

    黒色のアイラインを使うときつくみえてしまうこともあるので、優しくみせる効果もある茶色のアイラインを使ってみてください。目の色や髪の色など、自分にあったアイラインの色を見つけてみましょう。
    出典 :もう老けて見られない!ちょっとしたメイクのコツ3つ | 美レンジャー
     

    輪郭がはっきりしていると若く見えるみたいです