OA機器病ともいわれる【ドライアイの予防方法】は

【ドライアイの予防法】は簡単にいえば眼に強すぎる刺激をやわらげることです。長時間、眼を見開いてパソコンなどを見ていると眼が乾いた感じがします。これが「ドライアイ」なのです。これは、パソコンの発光が眼に強い刺激になること、また長時間、眼を見開いているため瞬きが少なくなることによるものです。

view135

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ドライアイの症状

  • 目が疲れやすい/目が乾いた感じがする/目がしょぼしょぼする/目がゴロゴロする/目が重い/目が痛い/なんとなく目に不快感がある/目ヤニが出る/目が赤い/まぶしい/目がかゆい/物が霞んで見える/涙が出る  五つ以上あてはまれば、ドライアイかもしれません。
    出典 :目の生活習慣病・ドライアイ
     

    ドライアイの原因はパソコンを見続けること、また空気の乾燥も原因になるそうです。これからの季節、クーラーのきいた部屋でのパソコンをつかう仕事は要注意ですね。

  • ドライアイの原因

  • ドライアイは目が乾燥することで起こる病気です。 目の表面は常に涙によって守られています。涙の働きで目の表面にある角膜に酸素や栄養を供給したり、ゴミや老廃物を洗い流したり、細菌などの異物の侵入を防いでいます。 ドライアイは、この大切な涙が不足し、目の表面が乾燥することが原因で数々の不快な症状を引き起こしています。
    出典 :ドライアイの症状と原因
     

    一日仕事をした眼は疲れています。その上、涙の分泌が減る夜にテレビを見たりパソコンやゲームで眼を酷使するとドライアイになる可能性大です。

  • ドライアイとストレス

  • ドライアイとストレスは全く関係が無いような感じがしますが、実は非常に密接な関係にあります。実際に、仕事が忙しくなってしまったり、ストレスを感じているという時に、妙に目が疲れたりゴロゴロすると感じたことがあるでしょう。この原因が、ドライアイの大きな原因でもある「涙」にあるのです。ストレスを感じると、涙を分泌する機能の働きが弱まってしまうからです。
    出典 :ドライアイとストレス
     

    ストレスを感じると、涙を分泌する機能が低下するので、涙の量が少なくなって眼が乾く原因となるそうです。
    また、ストレスを感じてしまうと、まばたきの回数も自然と減ってしまい眼が乾くのだそうです。

  • 涙の一日の分泌量

  • 起きている時、なみだはいつも分泌されています。そして知らず知らずのうち、目頭にある穴から鼻の方へ少しずつ流れ出ていきます。寝ている時は、まぶたを閉じているので目を潤す必要がなく、涙はほとんど分泌されていません。1日の涙の量は大人で0.5~1ml、子どもで約1.5mlと言われています。
    出典 :なみだの正体 | ドライアイについて - ロート製薬株式会社
  • ドライアイを防ぐには

  • 目の疲れが気になる人は、蒸しタオルで目を覆ってリラックスする温パックも良い予防方法になります。あたたかいタオルで目をリラックスさせることによって血行がよくなり涙も分泌されやすくなるためドライアイの予防方法としてとても効果的です。また充血が気になる人は冷たいタオルで目を覆う冷パックも予防方法としておすすめです。冷たさが目をしゃきっとさせて炎症などを抑えてくれます。
    出典 :ドライアイの予防方法
     

    毎日、目を酷使していて眼の渇きを感じていても、自分がドライアイだと気づいていないこともあります。朝起きた時、夜寝る時に違和感があったら目を休ませることが大切だそうです。特にコンタクトを付けている人は要注意だそうです。

  • ドライアイの関連情報