ある日突然やってくる!?【知覚過敏】出来る事から行っていこう!

知覚過敏になったらどうするか
症状や原因や予防につとめましょう
まとめてみました

view234

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 知覚過敏って?

  • いままでは何でもなかったのに、冷たい物を飲食したり、歯ブラシの毛先が当たったり、風が当たるだけで「歯がしみる(痛む)」症状が出たら、それはまさに知覚過敏かもしれません。

    「たかが知覚過敏」、そう思うかもしれませんが、虫歯、歯周病が原因で知覚過敏になっていたり、知覚過敏を放置していると最悪、歯の神経を取らなければならなくなる可能性もありますので注意が必要です。
    出典 :知覚過敏の治療、原因、症状ガイド
     

    知覚過敏もしっかり治さないといけないという事でしょう

  • 知覚過敏の症状で特徴的なのは、「キーン」という鋭い痛みであり、さらにその痛みは一過性で、冷たい水や摩擦などの外来刺激によって誘発されるということです。

    また、知覚過敏の場合は高頻度で「楔状欠損」が見られることも特徴の一つです。

    何もしていないのにズキズキ歯が痛い場合や、刺激を除去しても痛みが長引く場合は、知覚過敏ではなく虫歯など、他の病気が原因である可能性が高くなります。
    出典 :知覚過敏-症状・原因・治療法・薬
     

    感じている人は多いかもしれませんね

  • 原因は何があるのだろうか

  • 無理なブラッシング

    ハミガキの回数が多すぎたり、力を入れすぎたり、また毛先が硬いハブラシを使ったりすると、歯の表面のエナメル質を削り取ってしまう可能性があります

    歯ぎしり

    睡眠中に歯ぎしりをしたり、頻繁に歯を噛みしめていたりすると、歯の表面のエナメル質がはがれ、その下にある象牙質が露出する場合があります。

    歯周病※

    歯周病※により歯周組織が炎症を起こし、歯グキが退縮して象牙質の表面が露出すると、知覚過敏を引き起こすことがあります。

    歯グキ後退

    歯周病※による歯グキの後退の他にも、ハミガキの回数が多すぎたり、力を入れすぎたりすると、歯グキが下がったり後退する場合もあります。
    出典 :シュミテクト
  •  

    ただし、歯がしみたり、痛みを感じるのは、象牙質という歯の内部の部分が露出しているときです。象牙質には細い管状の構造物(象牙細管といいます)があり、その管を通して外部からの刺激が歯の内部の神経(歯髄)に伝わります(図2)。歯の神経は、温度、圧力などを区別することがなく、加えられた刺激は全て痛みとして感じることになります。ですから冷たい水も、甘い食べ物も、歯ブラシの毛先の接触も、全て痛みとなります。

  • チェックしてみよう!

  • 歯磨きはしっかりできている?
    まず知覚過敏を起こしている歯の表面をチェック。歯と歯茎の境目の部分にプラーク(歯垢)がたくさん付いていませんか?

    毎日プラークをしっかり落とし2週間程すると、自然に知覚過敏が治まることがあります。


    歯ブラシ&磨き方をチェック
    固めの歯ブラシ、毛先の細い歯ブラシ、電動は歯ブラシなどは、ゴシゴシ強く擦るような磨き方をすると、歯の根元の象牙質が刺激を受けて知覚過敏を起こしやすくなります。

    歯ブラシは軽く持ち、歯と歯の境目に毛先を差し込むイメージで、出来るだけ細かいストロークで磨くようにすると、知覚過敏が少しづつ治まることがあります。


    歯の治療したのはどのくらい前?
    最後の通院から2~3年経っている場合、自分では知覚過敏と思っていても、意外にも虫歯や歯周病が原因で、歯がしみていることが多いものです。
    出典 :2/2 知覚過敏の3つのチェックポイント! [歯・口の病気] All About
  • 予防&治療法

  • 1.まずは、正しいプラークコントロール(歯磨き等)を行う。
    2.ブラッシングの際に、知覚過敏用の歯磨き粉(シュミテクトなど)を使用する。
    3.上記の方法を1週間程度行っても痛みが無くならない場合にはすみやかに歯科医院に行き、知覚過敏の専門的な治療を受ける。
    出典 :知覚過敏-症状・原因・治療法・薬
  • ◎酸の入った食品の食べすぎ、飲みすぎに注意!

    ◎酸の入った飲食物を長時間、口の中に入れておかない!

    ◎酸の入った食品を食べた後はエナメル質が柔らかく傷つきやすくなっているので、強く歯磨きするのは危険!
    出典 :知覚過敏の予防対策
  • 自分でできる予防法は、むし歯と歯周病の予防と同じです。歯の根元の歯垢(プラーク)を除去すれば、歯周病により歯肉が減って歯の根っこが露出することもありません。知覚過敏があってしみるからといって歯ブラシをあてなくなると、歯垢がつきやすくなります。そうすると歯垢中の細菌が作る酸のせいで歯が溶けて、知覚過敏がひどくなるということもあります。どんなときでも歯垢が歯に付着していることはよいことではありません。
    出典 :知覚過敏 - 歯とお口のことなら何でもわかる テーマパーク8020
  • そこで歯ぎしりを直接、治す事はできなくても、『ナイトガード(マウスピース)』という歯をカバーする器具を使用し、歯ぎしりによるエナメル質、歯周組織の破壊を防ぐ治療が行われます(長期間ナイトガード(マウスピース)をすることによって、歯ぎしり自体を治す効果も期待できるとされています)。
    出典 :知覚過敏の治療・治す方法
  • 1.フッ化物の塗布
    2.歯科材料(レジンや歯科用セメントなど)で痛みのある部分をカバーする
    3.痛みのある部分へのレーザー照射
    出典 :知覚過敏-症状・原因・治療法・薬
     

    専門的なものには、このような方法もあります

  •  

    きちんと治して
    キーンとならないようにしましょうね!