過敏性腸症候群で下痢の症状が……過敏性腸症候群を治すことってできるの?

過敏性腸症候群で下痢が続くという方もいらっしゃるでしょう。過敏性腸症候群は治すことができるのでしょうか?過敏性腸症候群で下痢の原因や治療法についてご紹介します。

  • green 更新日:2014/04/16

view192

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 過敏性腸症候群の病気とは?

  • 腸の検査や血液検査で明らかな異常が認められないにもかかわらず、腹痛や腹部の不快感を伴って、便秘や下痢が長く続く病気です。
    出典 :過敏性腸症候群 - goo ヘルスケア
     

    今までは便秘や下痢が続くことがなかったのに、長くそのような症状があるという方は、過敏性腸症候群なのかもしれません。

  • この病気は、日本を含む先進国に多い病気です。日本人では10~15%に認められ、消化器科を受診する人の3分の1を占めるほど、頻度の高い病気です。発症年齢は20~40代に多く、男女比は1対1・6で、やや女性に多くみられます。
    出典 :過敏性腸症候群| 食道・胃・腸の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 便通の状態により、便秘型、下痢型、交代型の3つに分類されますが、男性では下痢型、女性では便秘型が目立ちます。
    出典 :過敏性腸症候群| 食道・胃・腸の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    下痢の症状が多いのは男性ということなのですね。

  • 過敏性腸症候群で下痢になる方は、どうしてなのか、その原因が知りたいですよね。次に過敏性腸症候群で下痢になる原因についてみていきましょう。

  • 【過敏性腸症候群で下痢】その原因は?

  • 過敏性腸症候群では、消化管運動異常、消化管知覚過敏、心理的異常の3つが認められます。ただ、これらの異常を引き起こす真の原因はわかっていません。
    出典 :過敏性腸症候群 - goo ヘルスケア
  • 一部の患者さんでは、感染性腸炎のあとに発症することが明らかになっており、何らかの免疫異常が関わっている可能性も指摘されています。ストレスは、症状を悪化させる要因となります。
    出典 :過敏性腸症候群| 食道・胃・腸の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    ストレスが関わってくる病気なので、なるべくストレスを溜めないようにすることが大切です。

  •  

    過敏性腸症候群は、左下腹部に症状が出ることが多いようです。痛みは刺すような痛みや鈍い痛みなど、個人によって違っています。

  •  

    では次に、過敏性腸症候群の治療方法についてみていきましょう。病院ではどのような治療が行われるのでしょうか。

  • 過敏性腸症候群(IBS)の薬物治療

  • 整腸剤・下痢止め 軽症の場合は、腸の働きを整える整腸剤や消化管機能調整剤で治療します。下痢の症状が強い時には下痢止めを使うこともあります。便秘が続く場合は、便を柔らかくする薬や大腸を刺激して排便を促す下剤などを用いることがあります。
    出典 :過敏性腸症候群(IBS)の診断法・治療法・予防法 [過敏性腸症候群・IBS] All About
     

    過敏性腸症候群の治療で、漢方を処方される病院もあります。

  • 不安などの精神症状改善の薬 ストレスや不安を和らげ、精神症状の改善を図るうえで、抗うつ剤や抗不安薬が有効な場合があります。 最近、セロトニン受容体拮抗薬という新しい薬が男性の下痢型の過敏性腸症候群に対して使われるようになりました。
    出典 :過敏性腸症候群(IBS)の診断法・治療法・予防法 [過敏性腸症候群・IBS] All About
     

    この薬は整腸剤、便を硬くする薬などが効かない方にも効果が期待できるようです。ただ、現段階では男性のみが使うことができる薬です。

  • 過敏性腸症候群の予防法

  • 過敏性腸症候群はストレス、生活の乱れが誘因となるため、それらの要素を取り除いてあげることによって、予防できることもあります。
    出典 :過敏性腸症候群(IBS)の診断法・治療法・予防法 [過敏性腸症候群・IBS] All About
     

    過敏性腸症候群を予防するには、規則正しい生活を心がけ、暴飲暴食をしないようにしましょう。ストレスを溜めないこともポイントです。