美容には欠かせない!?「肌の老化のメカニズム」をしろう

肌の老化のメカニズムはどのようになっているのでしょうか?加齢に伴う症状って?

view107

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肌の老化のメカニズム

  • 外的な刺激を受け続けてきたものが疲労し変化するのと同様に、肌も年齢を重ねるとともに機能が衰え、老化していきます。肌老化のメカニズムを解明するためには、肌の仕組みを知ることも大切です。肌は外界に接する「表皮」とその下の皮「真皮」と呼ばれる二層に分かれています。
    出典 :老化のメカニズム | 老化の原因
  • 表皮突起の凸凹がはっきりしているほど、肌に必要な栄養が毛細血管を通して表皮細胞にスムーズに受け渡され、ハリや弾力のある肌が生まれるといわれています。実は、肌の老化とともにこの表皮突起は平坦になっていきます。そうすると栄養分の受け渡しや吸収する力も弱まってしまい、それにともなってハリや弾力も失われてゆくのです。
    出典 :老化のメカニズム | 老化の原因
  • ゼリー状のもの(ヒアルロン酸など)があり、皮膚の弾力やハリはこのコラーゲンやエラスチンによって大きく左右されます。特に、エラスチンはコラーゲンを束ねてバネのように支え、皮膚の弾力とハリを保つ働きをしています。したがってエラスチンが不足するとコラーゲンがバラバラになり、たるみやシミが目立つようになります。
    出典 :老化のメカニズム | 老化の原因
     

    こんな感じですね

  • このように

     

    肌は分類されるのです。この色々な部分が加齢によって上手く作用しなくなり、肌の老化のメカニズムが成立し老化してしまうのです

  • 紫外線が原因!?

  • こんな人は紫外線老化に注意しましょう。
    □ 一年中、紫外線対策をしていない
    □ 若い頃、こんがりと肌を焼いた
    □ シミが多く、肌全体がくすんでいる
    出典 :肌が老化するメカニズム [アンチエイジング] All About
     

    紫外線の影響は思った以上にひどいのです

  • 紫外線は一年中、私たちの肌にダメージを与えます。特に紫外線A波(UVA)は雲やガラス窓も通過するので、曇りの日や室内でも肌にダメージを与えています。さらにUVAは肌の奥の真皮にまで到達し、肌のハリと弾力をキープする「コラーゲン線維」や「エラスチン」を傷つけ、ゆるんだゴムのように変化させて肌の土台を壊してしまうのです
    出典 :肌が老化するメカニズム [アンチエイジング] All About
  • 太陽光には、目に見える可視光線、暖かさを感じる赤外線、そして見ることも感じることもできない紫外線が含まれています。紫外線の占める割合はそのうち6%で、波長の長いUV-A(315~400nm)が5.8%、波長の短いUV-B(280~315nm)が0.2%となっています。
    出典 :肌老化を招く大敵「紫外線」とは | スキンケア大学
  • 肌への影響力が大きく最も注意が必要となるのがUV-Aで、年間を通じて照射されています。ガラスなどでの遮断は不可能で、肌にあたると真皮まで到達し、肌老化の原因となります。UV-Bは、夏場に照射量が増え、ガラスなどでの遮断が可能です。肌にあたると日焼けやしみ、ソバカスの原因となりますが、UV-A程の脅威ではありません。
    出典 :肌老化を招く大敵「紫外線」とは | スキンケア大学
  • 肌老化の4大原因は

  • 私たちは持って生まれた肌の性質があります。確かにそれが肌老化の進度をある程度決めているといえます。しかし、それ以外の外的要因によって、それぞれの老化の進度が大きく変わってくるのです。
    肌老化の大きな原因は「紫外線」「皮膚の乾燥」「細胞の酸化」「皮膚の菲薄化」という4つ。それぞれを詳しく見てみましょう。
    出典 :肌老化の4大原因:アンチエイジングネットワーク
  • まずは紫外線予防をしておこう

  • 紫外線による老化を予防する方法は、とにかく紫外線をブロックすること。UVBは晴れた日や季節による照射量の変動があり5月~9月頃に多く、UVAは曇の日や室内、クルマの中でもダメージを受けてしまうので、一年中、日焼け対策を行った方がいいでしょう。 肌の弱い人には、ノンケミカルで低刺激性の日焼け止め化粧品も発売されています。
    出典 :肌が老化するメカニズム [アンチエイジング] All About
  • おすすめは

     

    紫外線を避けられないアウトドアスポーツなどの前後は、ビタミンCやLシステインのサプリメントを摂って、肌の抗酸化力をアップしておきましょう。日焼けしたり紫外線を浴びたあとは、美白スキンケアやシミの部分だけに集中的に塗るスキンケアがおすすめです。