妊娠初期の出血!考えられる原因はどんなこと?

妊娠初期の出血を経験しているママは、決して少なくないようです。
出血と聞くと危険を伴うイメージがありますが、どんな原因なのでしょうか?

view104

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期の出血=流産ではない

  • 妊娠の初期に出血があると、とても心配ですよね。とっさに頭をよぎるのは、流産という言葉かも知れません。
    出典 :妊娠初期の出血について
     

    多くの人は、真っ先に流産を心配します。

  •  

    安定期に入るまでは、毎日不安だらけという人も少なくないようです。

  • しかし出血=赤ちゃんのピンチとは限りません。妊娠初期の出血(薄茶色のおりものも含める)は、全妊婦さんの3割~半分くらいの人が感じますが、そのほとんどの人は無事に赤ちゃんを出産していくのです。
    出典 :妊娠2ヶ月/出血について
     

    必ずしも流産であるとは言えないようです。
    しかし、安心してはいけません。

  • 出血の基本的な考え方は、真っ赤で鮮血なほど危険が迫っています。逆に薄茶色や黒っぽいものは、以前の出血が後になって流れてきていることがほとんどです。
    出典 :妊娠2ヶ月/出血について
  • 出血がわかったら、まず、病院に連絡を取ります。血の色、状態、量に関わらず、主治医の指示を仰ぐようにしましょう。自分で勝手に判断をして、大事に至ることのないためです。
    出典 :妊娠初期の出血について
     

    必ずかかりつけの産婦人科に連絡しましょう。

  •  

    妊娠中の悩みは、先生に相談することが大切です。

  • 妊娠初期に考えられる出血の原因

  • ・胎盤の形成
     胎盤を形成するときに絨毛という植物の根っこのようなものが、子宮筋層に根を生やします。
     そしてこのときに出血することがあり、これを「着床出血」「月経様出血」などと呼びます。
    出典 :妊娠2ヶ月/出血について
     

    着床出血は生理と間違う人も多いようです。

  • ・子宮の増大
     絨毛膜下血腫
     子宮が大きくなるにつれて胎盤が引き伸ばされたり、少し剥がれたりすることがあります。
     前置胎盤
     胎盤が子宮口に位置していることを前置胎盤といいます。
    出典 :妊娠2ヶ月/出血について
     

    子宮が大きくなることにより、出血を伴います。

  • 膣からの出血
    妊娠中は、子宮や膣内が、充血している状態になりますので、すこしのことで出血することがあります。
    出典 :妊娠初期の出血について
  • 子宮内のポリープ
    子宮頚部にポリープ(いぼ)が出来て、夫婦関係や、診察の刺激などで出血することがあります。
    出典 :妊娠初期の出血について
  • 危険な出血

  • ■早期流産
    早期流産とは、妊娠12週より前に赤ちゃんが亡くなることを言います。流産は妊娠初期に起こることが多く流産全体の80%が早期流産であると言われています。
    出典 :妊娠初期の出血
     

    妊娠初期の出血は、残念ながら流産の場合もあるようです。

  • 子宮外妊娠
    子宮外妊娠とは、受精卵が、子宮内膜でなく、他の場所に着床してしまうことを言います。
    出典 :妊娠初期の出血について
     

    子宮外妊娠の場合、早めに処置を受ける必要があります。