生理痛は薬で抑える。それってホントに大丈夫?生理痛に薬ってどうなの?

毎月の生理痛を抑えるために、市販の薬に頼っているという人は多いはず。生理痛に薬が効くのは確かですが、本当にそれで大丈夫?生理痛と薬について、じっくり調べてみました。

view279

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 市販の生理痛薬は、あくまで鎮痛剤だということ。

  • 各社から発売されている鎮痛剤

  • 鎮痛剤は生理痛の治療薬ではありません。あくまでも薬の力によって痛みや熱などを一時的に抑えているだけです。
    出典 :鎮痛剤の危険性について 〜薬に頼らない生理痛対策〜
     

    だからこそ頭痛にも歯痛にも効くんですね。

  • 生理痛の痛みを抑えたい場合は「イブプロフェン」が含まれている薬がいいでしょう。通常の痛み止めに比べて成分が子宮へ移行しやすく、生理痛を抑える効き目が期待できるそうです。
    出典 :生理痛と薬
     

    市販薬を買うときは、成分をよく見てかうことた大切!

  • 毎回飲んでいると効かなくなるってほんと?

  • 生理痛に薬が効くのは確かですが、よく言われるのが、毎回薬に頼っていると、体に耐性ができて薬が効かなくなってしまうということ。生理痛が辛い人には気になる情報ですが、これってホントでしょうか?

  • 薬の常用は避けたほうが無難

     

    でも痛いとつい飲んじゃいますよね…

  • 生理のときに飲む程度であれば、習慣になるような副作用はほとんどありません。
    出典 :薬のこと|生理Q&A|生理痛と女性のからだの悩み 生理のミカタ
     

    月に2~3日の利用で体が薬に慣れてしまうということはないらしいですね。それでも頭痛で普段から鎮痛剤を飲んでる場合などは、常に飲んでいる状態になるので要注意ですよ。

  • 生理痛があっても、「仕方ない」とあきらめて、市販の鎮痛剤で我慢している方が少なくありません。市販の鎮痛剤でも痛みが治まることがありますが、漫然と飲み続けていると、原因となる別の病気があった場合、その発見が遅れる可能性があります。 婦人科を受診し、自分の痛みの原因を正しく知って、適切な治療を行うことが大切です。
    出典 :生理痛情報ナビ - 薬で治療する
     

    他の病気の発見を遅らせるというリスクもあります。痛みがひどいときは、病院で診察を受けて。

  • 月経周期はこのエストロゲンとプロゲステロンの変動によって起こるのですが、月経不順を抱えている人はこのバランスが乱れている事が多く、ピルを服用して体内のホルモン量を調整し、たりないホルモンの分泌を促す事で、月経を正しくコントロールする事が可能となります。
    出典 :生理痛の薬 ピル - 生理痛緩和.com
     

    病院ではホルモン剤を投与することで、生理の際のホルモンバランスの乱れを軽減します。即効性はありませんが、徐々に生理痛になりにくい体になるのです。

  • 生理痛で薬をのむなら、飲み方に注意!

  • 鎮痛剤を服用する際には、なるべく長期間続けて飲まないように注意します。また、必ず決められた用法・用量を守り、一度に過剰な量を飲まないようにしましょう。
    出典 :鎮痛剤の危険性について 〜薬に頼らない生理痛対策〜
     

    薬を飲むのは、本当に辛い数日間だけに抑えて。効きが悪いといって、規定量以上を飲むのは絶対NG!

  • 月経が始まってから「今日はつらくなりそうだな」というときには少しでも早く、痛みが軽いうちに飲むのがポイントです。できれば開始予定日の1、2日前から飲むことができれば、痛みの予防にもなります。痛みがかなりひどくなってからでは効き目が悪かったり、効くのに時間がかかったりと結局メリットはありません。
    出典 :生理痛-痛みとバイバイ!生理痛.infoは生理痛・PMSの原因、緩和の情報満載サイトです。 - 生理痛ケア お薬
     

    飲むタイミングも大切!

  • 生理痛の原因が子宮筋腫などの病気である可能性もありますので、痛みがひどい場合などは市販の薬で我慢するのではなく病院で診察を受けた方が良いかもしれません。
    出典 :薬で生理痛を和らげる
     

    痛みがひどいときは、薬に頼らず婦人科を受診して。

  • 「胃が痛くてつらい」と市販の痛み止めを飲もうして、あわてて止めたことがあります。胃の痛みなどは、市販の痛み止めで逆に悪化してしまうことがありますので、ちゃんと胃に関係する薬を服用するようにしてください。
    出典 :実は成分が違う!生理痛の市販薬・痛み止め [薬] All About
     

    鎮痛剤とはいえ、胃などの内臓の痛みには効果がありませんし、逆によくありません。

  • 生理痛の薬は一時しのぎに過ぎませんので、
    飲んだからといって、生理痛が完全に治るモノではありません。

    なので、薬を飲んでも、苦痛や不快感に襲われる生活は続くワケです。
    苦痛や不快感から解放されるためには、根本的に生理痛を解消する必要があります。
    出典 :生理痛の薬
     

    できるだけ薬に頼らずにすむように、生活習慣の改善も!