便秘などの原因で起こる「内痔核の治療法」と予防法

排便のとき、出血して初めて「痔」だと気づく人も。そのままにしておくと大変です。内痔核の治療法はどのようなものなのでしょうか?調べてみました。

view147

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 内核痔とは?

  • 痔には、主にいぼ状のはれができる「いぼ痔(痔核)」、肛門の皮膚が切れる「きれ痔(裂肛)」、肛門に膿のトンネルができる「痔ろう」の3種類があります。このうち、いぼ痔には、肛門内部にできる「内痔核(ないじかく)」と、肛門の外側にできる「外痔核(がいじかく)」とがあります。
    出典 :痔の基礎知識|ボラギノール
  • 痔核には大きく分けて直腸側の内痔核と肛門側の外痔核がいじかくがあります。ただ外痔核は、ふつう内痔核と一緒に存在し、単独で問題となるのは血栓けっせんを生じた血栓性外痔核となった時だけです。そのため痔核というと一般には内痔核を指します。
    出典 :内痔核| 直腸・肛門の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 内痔核の原因

  • 血が中に充満した静脈のこぶ、痔を風船とし、糸(支持組織)で地面(内肛門括約筋など)に固定されていると考えてください。この風船がおおきくなったり、風船の糸が弱くなってのびてくると、痔が大きくなり外へ出てきます。これがいわゆる「脱肛」で、内痔核のずいぶんと進んだ状態と理解してください。
    出典 :内痔核の原因と予防 イラストでみる大腸肛門病 飯原医院.com
  • 内痔核の出来る原因

  • 内痔核の腫れ方

     

    この風船がおおきくなったり、風船の糸が弱くなってのびてくると、痔が大きくなり外へ出てきます。これがいわゆる「脱肛」で、内痔核のずいぶんと進んだ状態と理解してください。

  • 内痔核の治療法

  • 内痔核は一般的にはあまり痛みは無く、肛門内の直腸からの出血が主な症状です。
    進行すると脱肛が酷くなります。排便時に、ぽたぽたと赤い鮮血が便器に落ちたり紙に血がついたりしたときは次の治療を行ってみてください。

    1、お風呂に入ってお尻を暖める
    2、暖めたタオルをお尻に当てる
    3、止血作用のある座薬をワセリンなどを先に塗って入れる
    (注入軟膏:ジナンコーハイ注入タイプ(雪の本店、ムネKK)、 プリザエース注入軟膏(大正)等が効果も良く使いやすいでしょう。坐剤では、エスジールAE坐剤(エスエス)、ドルマインH坐剤(ゼリア)などがあります。)

  • 便が硬いときは緩下剤なども服用してもよいのですが、なるべく、野菜や海草など「食物繊維」の多いものを食べるようにして、「練り歯磨きのチューブの中味」くらいの「便の硬さ」を維持するのが良いのです。
    出典 :6/16-22
  • 外来での注射治療

  • 出血が止まらない痔核に対して外来で行う処置です。痔核に硬化剤を注射し、痔核の血管周辺に炎症を起こし、その二次的な線維化により痔核の血流を低下させ、出血を防ぎます。 外来で麻酔なしに簡単に行えますが、注射は痛みを感じない部位を選んで行う必要があります。
    出典 :内痔核| 直腸・肛門の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    内痔核にはあまりいたみ無く行えますが、外痔核は痛みを伴います。

  • 内痔核の予防

  • 便が固くならないよう食事内容に気を配り、水分や食物繊維などを欠かさないようにして、規則正しい便通を実現していくことが大切です。すべての痔に共通しているのは、日々の生活習慣が痔の症状の良化・悪化に密接に関係していること、そして改善を試みない限りは、どの痔も症状が慢性化しやすいということです。
    出典 :痔の治療と予防 生活習慣の見直し
  • まず便秘にならないようにすることです。そして、性急に強く力んで排便しないことです。便秘の予防法の第一は便意を抑えず、すぐトイレに行くことです。若い女性の場合、便秘が多くみられますが、便意を抑えることが便秘の始まりになっているように思われます
    出典 :医療法人 健生会