始める時期とデイリーケアが肝心!妊娠線対策!!

妊娠中の体の変化は様々です。
特に妊娠期間中から出産、場合によっては産後も悩ませる可能性があるのが、ストレッチマークこと妊娠線です。
ママになってもビキニが着たい!キレイなママでいたい!と思いませんか?!
そこで妊娠線対策をまとめてみました。

view262

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • できてしまうとやっかいな妊娠線!

  • 妊娠線とは?

  • 妊娠線とは、妊娠し、赤ちゃんがお腹の中で成長していくとともに大きくなっていくお腹の表面にできる線状班のことを指します。
    肌の構造は大きく分けて3層(表皮・真皮・皮下組織)です。表皮は伸びやすい性質を持っていますが、真皮や皮下組織には弾力性がないため、お腹が大きくなるとともに皮膚が引っ張られ、限界を超えてしまうとそこに亀裂ができ、赤紫色の線状班、そうです!妊娠線ができてしまうのです。
    出来始めは赤紫色ですが、時間の経過とともに白っぽくなり、かさつきやかゆみを伴う場合もあるようです。

  • えっ!バストにもできちゃうの??

  • お腹をもちろんのこと、おしりや太もも、足の付け根、二の腕など広範囲にできる可能性も。
    中にはバストにもできてしまうこともあるようです。

  • 決して消えることのない、悪友かも?!

  • 妊娠線は誰にでもできるわけでもないようです。
    ではできやすい人どのようなタイプなのでしょうか?

  • ・ 皮下脂肪の多い人

    ・ 急に体重が増加してしまった人

    ・ 小柄でお腹が前に突き出しやすい人

    ・ 多胎児を妊娠中の人

    ・ 経産婦の人 など・・・

  • 一度できてしまった妊娠線は目立たなくさせることはできても、決して消えることはできないようです。

  • できれば作りたくないですよね!

  • 妊娠判明日がケア開始日!!!

  • とにかく、毎日のケアと十分な保湿が肝心です!

  • 私も実は、妊娠中から産後にかけて、とにかく毎日お風呂上がりに保湿を心がけて行いました!
    その甲斐あって、妊娠線は全くできませんでした!

    ボディオイルやクリームで肌を柔軟に保ちましょう!
    もちろん妊娠線専用のオイルやクリームもあり、心地よいテクスチャーや香りの高いものもありますが、毎日のことなので、身近なでドラックストアなどで購入できるものでも充分だと私は思います!

  • ケアはお風呂上がりが効果的、たっぷり全身に塗布してあげましょう。

  • 急な体重増加にも気をつけてくださいね!
    +8キロ〜10キロ増に抑えることが有効だそうです。