BMIのチェックは、健康管理の基本。

BMI、チェックしていますか? 健康管理をするうえで、自分のからだの様子が数字でわかると、必然的に危機感を覚えるもの。しっかり計算して、生活習慣病を防ぎましょう。

view449

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • BMIの計算方法、知っていますか?

  • BMI? それって何ですかー(;一_一)

  • BMIとは、身長からみた体重の割合を示す体格指数のことです。

  • 算出方法は、体重[kg] ÷ 身長[m] ÷ 身長[m]。
    この数値で、自分のからだの状態がわかります。

  • それでは早速計算してみましょう!

  • 計算結果はいかがでしたか?
    以下の数値で、あなたのからだの状態がわかります。

    17.6以下 やせすぎ
    19.8以下 やせ気味
    22 理想体重
    24.2以上 過体重
    26.4以上 肥満

  • BMI指数が25以上の人は、要注意!

  • 日本肥満学会では25.0以上を全て「肥満」としています。
    肥満を示す25.0を超えると、糖尿病、脳卒中、心臓病、高脂血症、高血圧などの生活習慣病にかかりやすいとされています。

  • 日本でのBMIの理想値は男性が22.0、女性が21.0とされています。
    疫学調査により、この数値に近いほど統計的に「病気にかかりにくい体型」と判明しています。

  • BMIが25を超すと死亡率が高くなる傾向に!!!

  • 太っていると、それだけで病気なの?

    肥満だけでは病気じゃないけど、いろいろな病気の原因になりやすいんだ

    BMI25以上は肥満と判定されるけど、肥満に伴いやすい病気である、高血圧や脂質異常症、糖尿病などがなければ、病気とはいえないんですね。日本肥満学会がBMI22が標準と決めたのは、その数値なら肥満に強く関連する病気、たとえば高血圧、脂質異常症、糖尿病などにかかりにくいからなんです。そうして、25以上になると、そうした病気にたいへんかかりやすくなるんです。だから、もしBMI25以上なら、まだ血圧や血中コレステロール、血糖値などに異常値がなくても、十分に注意しなければならないっていうことですね。

    出典 :太っていると、それだけで病気になるの?
  • 病気になりやすいからだ=肥満体、ということですね。

  • やっぱり基本は食事の見直し。

  • こんな食生活では健康管理もあったものではありません。

  • 食事で摂取するエネルギー量をコントロールしましょう
    •消費エネルギーより摂取エネルギーを小さくすることで、体脂肪の減量を図ります。
    •医師から摂取エネルギー量を指示された方は、指示されたエネルギー量を守りましょう。
    •摂取エネルギー量の設定は肥満度、性別、年齢、合併症の有無、日常生活やスポーツによる身体活動量などによって決められます。一般的には標準体重あたり一日25〜30kcalの範囲で設定します。極端に食事量を減らすとリバウンドが起こりやすくなります。

    (例)身長160cmの場合(体重1kg当たり25kcalとすると)
       標準体重=1.6×1.6×22=56.3kg
       56.3×25=1400kcal(一日分)
    出典 :東京都病院経営本部
  • 消費したエネルギーが、食べたエネルギーを上回ればOK!

  • あせらず、出来そうなことからコツコツと!

  • 日常生活で気をつけるべきことは、これ!

  • ゆっくりよく噛んで食べること。満腹感を感じるまでには20分ほどかかります。早食いすると太るのは、満腹感を覚える前に食べ過ぎてしまうから。

  • そして間食は控えること。甘いものも避けましょう。
    どうしても甘いものがほしいときは、スイーツより果物です。
    果物は水分や食物せんいが豊富なので、腸内環境にもGood。

  • 運動する習慣も持ちましょう。おすすめは酸素を十分に取り入れて行う、いわゆる有酸素運動です。具体的にはウォーキング、ゆっくりめのジョギング、サイクリング、水泳など。何かひとつでも、楽しんで続けましょう。

  • BMI計算というアプリをやってみた iPhone5アプリ紹介 - YouTube