睡眠の質を高めるための方法

睡眠の質を高めるためにはどんな方法があるか、解説していきます。

view185

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 5人に1人が……

  • 日本人の5人に1人が不眠に悩んでいます。
    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク
  • しかし実際は

  • 脳が休息を得られるのは、睡眠の時だけです。脳科学では、脳をメンテナンスするためには「最低6時間の睡眠時間が必要」だと言われています。
    出典 :【8】質のよい睡眠につくための5つのコツ | BPnetビズカレッジ | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉
  • こんな症状に悩んでいます

  • 寝つけない、夜中に目が覚める、朝早く目が覚めてしまう、充分な睡眠感がない、日中猛烈に眠くなる、といったまさに現代的なこれら不眠の症状は、人間が本来持っている自然の生活リズムが、夜型生活やストレスなどで乱れてしまった場合もあります。
    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク
  • 人は太古の昔から、日の出とともに起き日没とともに眠る、という生活を送ってきました。では忙しい現代では、不眠はあきらめなければいけない症状なのでしょうか? そんなことはありません。短時間睡眠でも「質のいい睡眠」があれば、脳もカラダも充分に元気回復することが可能です。
    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク
  • まずは、眠れない原因を探る「不眠症」とは?

  •  

    「不眠」とは「睡眠障害」です。症状は以下に挙げるようにさまざまです。
    時間的な切り口から見てみましょう。

  • ・寝つき・・・なかなか寝つけない
    ・睡眠中・・・夜中に目が覚めてしまう、眠りが浅い
    ・目覚め・・・朝早く目覚めてしまう、起床時に疲れがとれていない
    ・日 中・・・激しい睡魔に襲われる
    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク
  • ●就寝前の悪しき習慣

  •  

    眠っているとき、人の自律神経は「副交感神経」が優位に働いています。体温は下がり、血流は穏やかになり、心拍もゆっくりになるというリラックスモードになります。もし心地よく入眠したいのなら、就寝前に心身をこのような状態に近づけていく工夫をすることが欠かせません。反対に深夜の残業、飲食(特にコーヒー、チョコレート、多量のアルコール)、ゲームなどは、脳やカラダを緊張させ、攻撃モードである「交感神経」優位の状態にします。興奮した状態のままベッドに入っても、心地よく寝つくのは難しいというものです。就寝前の行動を見直し、心身をリラックスさせる自分なりの生活習慣を身につけましょう。

  • 質のいい睡眠のための5つのポイント

  • 睡眠の最大の目的は「脳の休息」です。起きている間、常に働き続けている脳は、睡眠の間だけ休むことができます。その間に脳は休息し日中蓄積した情報を整理します。「質のいい睡眠」とは言い換えれば、脳が十分休息できる睡眠、ということになります。
    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク
  • 不眠の解消は、健康面と生活面の両方から点検することが大切。以下のポイントを参考に、まずは就寝前の悪しき習慣を改善し、睡眠環境の改善をはかってみてください。
    出典 :18:よりよい睡眠を得るために ~快眠を育む秘訣~|健康な毎日のために|株式会社関西メディカルネット
  • ●ポイント1:短時間でも熟睡する「90分単位睡眠」

  • ●ポイント2:快眠のための日常生活

  • ●ポイント3:就寝前の快眠儀式

  • ●ポイント4:睡眠環境を見直す

  • ●ポイント5:爽快な目覚めのための儀式

  • 以上、5ポイントについて見なおせば、必ず睡眠の質を高めることができます。