女性が気をつけたい病気と対策

色々と忙しい現代女性。日頃の生活習慣から、女性特有の病気にかからないように予防知識を身につけたいものですね。

view186

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乳腺炎の対処法・予防法
    いろんな対処法・予防法があります。私が「いいんじゃないか」と思ったものをご紹介。一般的なのは乳房マッサージ。これは古い母乳を、マッサージで外に出す「手技」(しゅぎ)のことを言います。出来るだけ母乳育児中のママの体に優しい方法、なおかつ、簡単な方法がいいですよね。
    出典 :乳腺炎の対処法&予防法|なおっぺの実録乳腺炎
     

    体験者のお話です。

  • 子宮頸がん、子宮体部がんともに、セックスの後の出血や、生理以外でおりものに血が混じるなどの症状が見られたら、医師の診断を受けた方が良いでしょう。

    出典 :子宮がんの症状・治療・診療科目 | 健康Salad
     

    出血する前に定期健診を受けることも大事です。

  • レイノー病

    寒さやストレスにより生じる、手足の動脈の循環不全が原因の病気です。秋から冬に多く見られ、手足の指先が白くなったり、しびれたりします。左右対称に現れるのが特徴です。

    基本的には軽症で、暖かくなると治ります。防寒、禁煙などの予防が大切ですが、対症療法として血管拡張剤を使用することもあります

  • 更年期障害の予防方法として、「睡眠」を紹介します。



    睡眠で更年期障害が予防できるのかと、不思議に思うかもしれませんが、
    睡眠は、心を健康にする一番の方法といえます。



    ただ単に長く眠ればいい訳ではなく、一人一人に適した睡眠時間をとり、
    リズムのある生活を心がけるようにします。

    出典 :更年期障害 予防
     

    良質な睡眠は様々な病気の予防になります。

  • 心身のストレスは痛みを誘発するので、なるべく少なくしておくのがいいでしょう。病気による痛みかどうか気になる場合は、婦人科で超音波検査を受けるようにします。原因のない機能性月経困難症の場合でも、診察を受けるだけで不安が軽減して、症状が軽くなるということもあります。
    .
    出典 :月経痛(生理痛)の予防|からだの症状|くすりと健康の情報局
     

    ストレスは、病気の大敵となります。

  • コレステロールを溜めないようにしましょう。食生活の乱れが再発を促す要因にもなっています。つまり、ドロドロ血液にならないように気をつけることが一番の予防だと言われています。

    プルーン、アーモンド、黒ゴマ、ドライフルーツ、ひじき、のりなどが良いとされています。

    色々な料理方法を考えて、これらの食材を毎日摂取しましょう。また、ハーブティーも女性ホルモンを整える作用があると言われているので、卵巣嚢腫の予防に飲むといいですね。

    出典 :卵巣嚢腫を予防する3つの方法 【元看護師が解説】
     

    卵巣嚢腫の予防です。

  • 卵巣嚢腫に限らず、多くの病気において「喫煙」がいけないとよく言われています。はっきりとした因果関係は分かっていませんが、卵巣嚢腫の予防を考えるならば、禁煙は試すべきものだと考えます。



    また、ストレスを溜め込むのもよくありません。うまく発散できるようにしましょう。



    そして睡眠不足は一番いけません。出来れば、22時~2時の間はきちんと寝ておきましょう。一番ホルモンの分泌が盛んな時間です。この時間に寝ると美肌効果もありますので、ぜひ早寝早起きの習慣を付けましょう。



    冷え性にも注意しましょう。冷え性になると卵巣から出るホルモンバランスを崩してしまい、自律神経に大きな影響を与えてしまいます。



  • 皆さんはいつも主食はご飯を食べているでしょうか?それともパンを食べているでしょうか?子宮筋腫を予防するためには洋食よりも和食の方が効果があるとされているので、主食はパンよりもご飯を食べることをおすすめします。

    さらにおすすめなのは、白米ではなく玄米を主食とすることになります。玄米を食べることによって子宮内の細胞が引き締まると言われていることから、子宮筋腫をできにくくすると考えられているのです。

    出典 :子宮筋腫の予防は食生活の改善から、筋腫を予防する効果のある食べ物 | 子宮筋腫の症状・治療ガイド
     

    玄米は体によい食品ですから、積極的にとりたいですね。

  • 子宮内膜症

     

    子宮内膜症という病気を簡単に解説すると「子宮内膜という子宮の内腔を覆っている赤ちゃんのためのベットとなる膜が、子宮の中以外で増えてしまう病気」です。

    一番多いのは30代の女性ですが、20代くらいから注意が必要! ナンと月経のある女性のうち10人に1人は子宮内膜症とも言われています。

    エストロゲン(女性ホルモン)依存性の病気なので、月経がある数が多ければ多いほど(つまり妊娠・出産が減り、初潮年齢が早くなるほど)発育してしまいます。ですから、患者数も急増中&若年化中。なんと昭和40年代に比べると患者数は3倍にも増えているといわれています。

  • 冷えが血行不良が原因でひどい生理痛が起きることも……

     

    生理痛がひどくて日常生活に支障をきたす状態を「月経困難症」と言います。子宮内膜症や子宮筋腫など何らかの病気が背景にある「器質性月経困難症」と、冷えや血行不良から痛みがひどくなる「機能性月経困難症」に分類され、生理痛がつらい方の7割は機能性月経困難症です。

    機能性月経困難症の場合は、原因となっている冷えや血行不良を改善させることも症状の緩和につながるため、薬での「治療」以外にも生活改善が大切になってきます。日常生活の中でできることから、上手に対策していきましょう。

  • 体内の中性脂肪が増えると
    女性ホルモンであるエストロゲンの生産量が増えると言われていますが、

    これが乳がんの発症に深く関与していることが分かっているのです。

    出典 :乳がん予防に効果的な食事
     

    中性脂肪に要注意!

  • アルコールの摂取はホルモン代謝に影響し、乳がんの危険性を高めると考えられています。また、飲みすぎは肥満や糖尿病などの生活習慣病の原因にもなります。飲むときは適度な量にし、飲みすぎないようにしましょう!

    1日の適量のめやす

    ビールは中ビン1本 (500ml)
    ワインはグラス2杯 (180ml)
    焼酎(25度)は3分の2合 (120ml)
    日本酒は1合 (180ml)
    ウィスキー、ブランデーはダブル1杯
    注) 適量は純アルコールで1日20gです。

    出典 :乳がんチェックシート  「生活習慣を見直して乳がん予防!!」 - 神奈川県ホームページ
     

    アルコールの飲み過ぎは要注意ですよ。

  • 閉経後の肥満が乳がん発生のリスクを高めること、逆に適度な運動が予防効果を高めることは、ほぼ確実だと言われています。また、科学的に証明されてはいませんが、大豆食品や魚、野菜、果物、お茶などに予防効果が認められたという報告もあります。ただし、すべてのがんについて言えることですが、決め手となる予防法はありません。定期的な検診によって、早期の段階で発見することが大切です。
    出典 :Q5 乳がんの予防法ってあるの? | コニカミノルタ乳がんQ&A - ピンクリボン運動 | コニカミノルタ
     

    肥満は様々な病気を引き起こします。

  • 豆腐やみそ、納豆、湯葉などの大豆製品は、たんぱく質や脂質、ビタミンBなどを豊富に含む栄養豊かな食品で、ヘルシー食として欧米でもブームになっています。その大豆の胚芽部分に含まれている「大豆イソフラボン」は、いま話題の「ファイトケミカル」の一種「植物性ポリフェノール」です。ファイトケミカルとは、植物由来の抗酸化栄養素で、体内に入ると組織や細胞を活性酸素の攻撃から守る抗酸化の働きをします。
     活性酸素は、がんを発症させるリスクファクターのひとつで、細胞や体内の脂質を酸化させ、がんや動脈硬化などの生活習慣病の引き金になるといわれています。また、過剰な発生は遺伝子を傷つけ、がんの発症にもつながってきます。大豆イソフラボンは活性酸素に対抗する作用をもっていますから、がんの発症を予防するために有効な栄養素といってよいでしょう。
    出典 :乳がんの発症を予防するために - 乳がん対策レシピ - goo ピンクリボンキャンペーン2012
     

    大豆製品によって乳がんをはじめとしたがん予防につながる可能性があります。

  • 子宮頸がん予防ワクチンはHPV感染を防ぐワクチンです。
    子宮頸がん予防ワクチンによってHPV感染を防ぐことができ、子宮頸がんとその前がん病変、外陰上皮内腫瘍、腟上皮内腫瘍、尖圭コンジローマなどの発症を防ぐことが期待できます。

    出典 :子宮頸がん予防ワクチンってどんなワクチン? | 子宮頸がん予防情報サイト もっと守ろう.jp | MSD
     

    ワクチンは、事前情報をよく調べてから打ちましょう。