【安易にはじめるのは危険?!】炭水化物抜きダイエット

皆さんは『炭水化物抜きダイエット』というものを聞いたことがありますか?
きっと一度は耳にしたことがあると思います。
『炭水化物さえ抜けば、他は好きなだけ食べても大丈夫なんでしょ?』なんて思っていませんか。実はそんなに単純なものではないのです!
今回は『炭水化物ダイエット』についてまとめてみました。

view221

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 『炭水化物抜きダイエット』とは?

  • 炭水化物抜きダイエットは、低炭水化物ダイエットとも言われます(ローカーボダイエット・アトキンスダイエットとも言われます)。アメリカのロバート.C.アトキンス博士が考案したダイエット方法です。炭水化物中毒の人のためのダイエットで、炭水化物摂取量を制限することで血糖値をコントロールし、減量や体質改善を目指すダイエット方法です。
    出典 :炭水化物抜きダイエットの方法、効果、口コミの紹介:@niftyダイエット
     

    『炭水化物ダイエット』または『低炭水化物ダイエット』と言われています。低炭水化物ダイエットは、炭水化物を『全く摂取しない』のではなく、摂取量を『制限』しながら行います。

  • 炭水化物を抜くと、どうして痩せるの?

  • 1日に必要なエネルギーのうち、半分程度(理想は50~70%)は、炭水化物から摂取します。この炭水化物を全く摂らないことでカロリーを抑え、脂質を代謝させるということで効果が期待されているダイエットですが、本来は抜いた分のカロリーを脂質とタンパク質で補う必要があります。
    出典 :炭水化物抜きダイエットの方法、効果、口コミの紹介:@niftyダイエット
     

    本来のエネルギー源となるべき『炭水化物』を摂取しないことで、そのかわりとなる、溜めこまれた『脂肪』をエネルギー源にしてしまうのです。

  • 正しくおこなえば、炭水化物中毒の改善、血糖値コントロール(糖尿病などの場合)に役立ちますが、炭水化物(米、パン、麺類、イモ類、お菓子類、砂糖)を抜いただけでは血糖値の低下や急上昇などが起こり、体調を崩す場合があります。
    出典 :炭水化物抜きダイエットの方法、効果、口コミの紹介:@niftyダイエット
     

    元々『炭水化物』は私達の身体にとって必要な栄養素です。ですから単純に『炭水化物を抜く』だけでは、健康に害を及ぼしてしまいます。

  • 『炭水化物』の重要性

  • ダイエット中の食事でも普段の食事と同じようにタンパク質、脂質、炭水化物の3大栄養素のバランスとビタミン、ミネラルを過不足なく摂取することが大事です。
    出典 :太りにくい食事方法
  •  

    『三大栄養素』とは『炭水化物』『脂質』『たんぱく質』の3つです。これらの栄養素はどれも欠かさずバランスよく摂取することが理想です。

  • 脂肪がエネルギーとしての分解される為には、実は炭水化物が必要なのです。大雑把に100gの脂質を分解するのに20gの炭水化物が使われます。
    出典 :太りにくい食事方法
     

    なんと、私達が最も無くしたい『脂肪』を分解するためには『炭水化物』が必要なのですね。

  • 炭水化物が不足すると血糖値が下がり筋肉の分解・合成のバランスが崩れ筋肉を分解して糖を作りエネルギー源として利用するようになります。その結果筋肉量が減り、基礎代謝が低下し痩せにくい身体になってしまいます。
    出典 :太りにくい食事方法
     

    炭水化物が不足した場合、すぐに『脂肪』をエネルギー源として分解してくれればいいのですが、『脂肪』よりも先に『筋肉』の分解がはじまってしまうのです。その結果、筋肉が落ちて体重は減るけれども、脂肪は減らないという残念な結果になってしまいます。

  • 『炭水化物抜きダイエット』の危険性

  • 低炭水化物ダイエットは、短期的には、効果もそこそこあり特にアメリカでは大人気の痩身法です。しかし、低炭水化物の長期的続行に関しては、多くの医師、代替医療関係者から危険視されているのも事実です。
    出典 :低炭水化物ダイエット 長期続行は危険 >> 食べても太らないで痩せる方法
  • 炭水化物抜きダイエットは、アメリカで開発されたダイエットを元に作り上げられたものだと思いますが、元々それらは、体重が200kg以上ある超肥満体の人や、糖尿病患者の為に開発されたものであり、健康体の人が長期間実施するのは決して好ましいものではありません。
    出典 :炭水化物抜きダイエットの誤解 - 正しいダイエットへの道 - Yahoo!ブログ
  • 一番問題なのは、ローカーボダイエットの正しい理論や方法を知らずに、単に炭水化物を抜けば良いと考えている人があまりにも多いことです。ローカーボダイエットには科学的に痩せる根拠があります。ですので、正しくローカーボダイエットを行うためには、その根拠をしっかり理解し、正しいバランスの取れた栄養量を知った上で実施する必要があります。
    出典 :炭水化物抜きダイエットの誤解 - 正しいダイエットへの道 - Yahoo!ブログ
  •  

    さて、ここまで『炭水化物抜きダイエット』の仕組みについて学んできました。正しいやり方で実践すれば短期間で効果がでることもわかりましたね。
    では次に、安易な炭水化物抜きダイエットを行うことによる弊害について、詳しく見ていきましょう!

  • 1.肝臓へのダメージ

  • エネルギー源生産は肝臓で行われるため、長期に渡る低炭水化物ダイエットでは、肝臓を酷使してしまいます。これは、アルコールや薬物の極度の使用が、肝臓を痛めるのと同じような結果を招きます。
    出典 :低炭水化物ダイエット 長期続行は危険 >> 食べても太らないで痩せる方法
  • 2.脳へ供給されるエネルギーの不足

  • 脳では、糖が唯一のエネルギー源です。たんぱく質や脂肪では代わりがききません。そして、脳はあらゆる活動で重要な役割を果たしますので、脳にエネルギーが足りないということは、様々な点で支障をきたすでしょう。
    出典 :低炭水化物ダイエット 長期続行は危険 >> 食べても太らないで痩せる方法
  • 3.生活習慣病の発生率があがる

  • 炭水化物の不足により、体内では繰り返し『糖新生』が行われる。『糖新生』とは、エネルギーの不足分を補おうとする体の働きで、肝臓に大きな負担をかける。この状態が続くと体内のPHバランスがくずれ、様々な生活習慣病をひきおこす原因になる。
    出典 :アトキンスダイエットの問題点(1)/危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る!
  • 肉中心の食生活で、動物性のたんぱく質を多く摂取するため、動脈硬化の原因にもなる。そして、特に日本人にとっては便秘のリスクを高める。日本人の腸の長さは欧米人よりも2~3mほど長く、消化吸収に時間がかかるためだ。
    出典 :アトキンスダイエットの問題点(1)/危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る!
  • ローカーボダイエットは、糖新生やケトン体といった体の防衛本能を最大に利用した、かなりハードなダイエット方法ですので、一歩間違ったら大変なことになりかねない危険な方法です。必ず本などに紹介されている方法に忠実に従い、正しい方法で実施してください
    出典 :炭水化物抜きダイエットの誤解 - 正しいダイエットへの道 - Yahoo!ブログ
     

    いかがでしたか?
    炭水化物ダイエットの良い点・悪い点それぞれをしっかり理解できたでしょうか?
    『炭水化物さえ抜けば、好きなものをいくらでも食べていい!!』なんていう楽で都合のよいダイエットは無いのですね。
    健康的に痩せるために、ダイエットに対するしっかりとした知識を身につけ、適切な食事制限と運動を心がけていきましょう!