口呼吸してる人大変だ!!美容の大敵で万病の元~!!

口呼吸が万病の原因??美容の大敵??気になるまとめを作成してみました!!

view1013

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • こんなショッキングなニュースが!!!

  • 危険が多い口呼吸!!

  • ■鼻呼吸

     

    そのメリットは???

  • ●吸い込んだ空気の除塵をしてくれる 
    私たちが、吸い込む空気には、さまざまな病原菌が含まれていますが、病原菌の50~80%は鼻の粘膜に吸着され、処理されます。

    ●吸い込んだ空気の加湿をしてくれる 
    鼻呼吸の場合は、冷たくて乾いた空気でも、鼻腔で暖められ、湿度を含んだ状態で、のどまで到達します。加湿が不十分だと肺胞の粘膜になじみにくく酸素がスムーズに吸収されません。

    ●病原菌の繁殖を抑える 
    吐く息も、鼻腔を通ることで、鼻腔を適度に乾燥させ、カゼのウイルスなどの病原菌の繁殖を抑える効果を発揮します。

    その結果……

    ●免疫力向上
    ●からだに十分な酸素が吸収される 
    ●脳が活性化され、筋肉も生き生きする
    出典 :2/4 口呼吸には危険がいっぱい! [子供のしつけ] All About - All About ニュース
     

    鼻呼吸は良い事が沢山あります!!

  • 口呼吸

     

    デメリットは???

  • ■口呼吸

    ●病原菌が白血球の中に入り込み、全身に運ばれてしまう 
    口から吸引した空気は、そのままのどまで行ってしまい、のどの粘膜が、さまざまな病原菌に無防備におかされることになります。そしてこうした病原菌が白血球の中に入り込み、全身に運ばれてしまいます。

    ●のどを乾燥させ、加湿不十分な空気が肺に入る 
    のどには、温度、湿度の調節機能がないので、ほぼ吸い込んだときと同じ状態の空気がのどを直撃し、のどを乾かしたり、冷やしたりして、リンパ組織に損傷を与えます。

    ●鼻腔や副鼻腔に細菌やウイルスが増殖しやすくなる
    空気が鼻腔を通らないと、汚れがたまり、常にじめじめした状態になるため

    その結果……

    ●免疫力低下 
    ●酸素が吸収されにくい
    出典 :2/4 口呼吸には危険がいっぱい! [子供のしつけ] All About - All About ニュース
     

    デメリットばかりの口呼吸!!

  • 口呼吸のデメリット

  • 口呼吸を続けるとどうなるの???

  • ●さまざまな病気の原因を引き起こす
    さまざまな要因によって、免疫力は低下し、「免疫の混乱」と呼ばれるアレルギーも引き起こします。

    口呼吸によって引き起こされる病気の主なものは、リウマチ、ぜんそく、花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患ですが、肺炎や腎炎も引き起こしやすく、さらに糖尿病や高血圧症、白血病、悪性リンパ腫、潰瘍性大腸炎などの原因にもなるとされています。

    ●味覚障害になる可能性が高くなる
    舌の粘膜が乾燥するため

    ●嗅覚障害になる可能性が高くなる
    鼻の機能が低下するため

    ●睡眠時無呼吸症候群になる可能性が高くなる
    原因は、いろいろありますが、そのひとつが口呼吸と言われています。鼻呼吸なら気道を確保できますが、口呼吸の場合は口が開いている為、口の周りの筋肉が緩み、舌が気道を塞いでしまいます。

    ●加湿不十分な空気が肺に入る
    →肺胞膜を痛める
    →肺胞の粘膜がなじみにくいので、酸素が吸収されにくい
    出典 :3/4 口呼吸には危険がいっぱい! [子供のしつけ] All About - All About ニュース
     

    もしかしたら体調が悪いのは口呼吸のせいかも・・・

  • 口呼吸は日本人に多い??その原因は??

  • 乳離れの早さやおしゃぶりをさせないことが原因???

  • 人間も他の動物と同じように、赤ちゃんの時は無意識に鼻呼吸をしています。母乳やミルクを飲んでいる間は、口が使えないこともあり、鼻呼吸の習慣は忘れません。

    ところが、喋り始める時に、言葉と一緒に口で呼吸することを覚えてしまいます。さらにこの頃、離乳の時期を迎え、おっぱいやおしゃぶりから離れた口は、空気を吸うようになります。実はこの離乳の時期が重要と言われています。

    日本では、離乳の時期は、1歳前後が常識ですが、海外では、3、4歳が常識です。おしゃぶりや授乳を1年でやめてしまうと、鼻呼吸が定着する前に口呼吸を覚えてしまいます。

    それでもおしゃぶりを口に入れていれば、鼻呼吸が定着し、4歳ぐらいまで鼻呼吸を続けていれば、それが習慣化します。なんと欧米では、口呼吸の弊害が早くから指摘されており、欧米の家庭では、3、4歳まで子どもにおしゃぶりをくわえさせることが常識とされ、殆どの人が鼻呼吸をしているということです。
    出典 :3/4 口呼吸には危険がいっぱい! [子供のしつけ] All About - All About ニュース
     

    おしゃぶりは続けると歯並びに影響が出るとも言われてるし悩んでしまう人も多いのでは???

  • 口呼吸のチェックをしてみよう!!

  • 口呼吸チェック!!

     

    該当するものが多い人は要注意!!

  • どうやって鼻呼吸にするの???

  • ●おしゃぶりをくわえて、日常生活を送る
    赤ちゃんでなくても、おしゃぶりは効果的です。少し抵抗はあるでしょうが、幼児から大人まで、家の中ではおしゃぶりを口にするという一見冗談のような方法も非常に効果的です。

    ●1日3回、合計1時間ほど、口を閉じてガムをかむ
    砂糖を使わないキシリトールガムがよい

    ●食事の際は、姿勢を正して、口を閉じ、一口30回程、両側で噛んで食べる
    今の大人は5回から10回程度しか噛まず、しかも片側で口唇を開いたまま食事をする人もいるので、子供もそれに習います。食事の作法を復活させましょう。



    ●医療用テープを口に貼り、そのまま、日常生活をする
    このとき、すぐにはずれるように、ゆるめに貼ることを忘れないでください。くしゃみをしたときに鼓膜をやぶってしまう危険性があります。

    ●鼻孔拡大装置を鼻にはめる
    出典 :4/4 口呼吸には危険がいっぱい! [子供のしつけ] All About - All About ニュース
     

    抵抗がある人も多いと思うけど早いと2週間から4週間で効果が出てくる!!