脂肪を効率良く燃やすなら【肩甲骨ダイエット】

わずか5分間という短い時間で脂肪が燃えやすいからだになる
肩甲骨ダイエットのあれこれをご紹介

view571

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 肩甲骨ダイエット?

  • 脂肪を効率よく燃やすポイントは、「肩甲骨」にあり

    「脂肪を燃やす」には、ハードな全身運動が必要?そんなことはありません。朝と夜、わずか5分間肩甲骨を動かすだけで、脂肪が燃えやすい体になるという。
    出典 :朝と夜だけ、5分ずつ! 肩こりも解消する「肩甲骨」ダイエット - MSNライフスタイル
  • 「骨盤」と「肩甲骨」には深い関係があると言われています。そもそも、人間の祖先が四本足で歩いていた名残から、肩甲骨と骨盤は密接に関係があるといわれており、肩甲骨の可動域を広げることで、連動して動いている骨盤の開閉もスムーズになるのだそう!

    つまり、骨盤の可動域と共に肩甲骨をスムーズに動かせば、体の歪みや姿勢を正し、基礎代謝の高い痩せやすい体を作るというわけです
    出典 :注目の「肩甲骨ダイエット」 [簡単ダイエット] All About
  • ダイエットだけじゃないその効果

  • 肩甲骨ストレッチの効果は、ダイエットだけにとどまらない。肩周りを動かすので、デスクワークなどでこり固まった肩をほぐすのにもぴったりだ。
    出典 :朝と夜だけ、5分ずつ! 肩こりも解消する「肩甲骨」ダイエット - MSNライフスタイル
     

    まだあります効果がたくさん

  • ・肩甲骨ストレッチはインナーマッスルも鍛えられるため、ダイエットと同時に、しなやかボディに

    ・体温や基礎代謝がアップするので、普通に生活していてもやせやすい体に

    ・血流やリンパの流れが良くなるため、体のむくみ、冷えが解消
    出典 :朝と夜だけ、5分ずつ! 肩こりも解消する「肩甲骨」ダイエット - MSNライフスタイル
     

    寒いこの時期には欠かせない基礎代謝のアップですね

  • 4つのポイント

  •  

    POINT1:呼吸は止めない
    ストレッチで筋肉を伸ばそうとしている時、つい呼吸を止めてしまいがちだが、呼吸を止めると筋肉は緊張したままで十分に伸ばせない。自然に、大きく呼吸するように心がけて。

  •  

    POINT2:筋肉の伸びを意識する
    ストレッチをしながら、どこの筋肉が伸びているのかを意識しよう。それだけで、筋肉の鍛え方が変わってくる。

  •  

    POINT3:反動はつけない
    筋肉は、急に伸ばそうとするとあまり伸びない。どのストレッチも、反動をつけず、ゆっくりと伸ばすように留意しよう。

    POINT4:"イタ気持ちいい"ところで止める
    ストレッチは、伸びが心地よく感じられるところで止めよう。ストレッチをしている最中に、話ができたり、笑ったりできる程度が目安。

  • 肩甲骨が開くと、左右の肩甲骨が離れることで背中がやや丸まり、背中から見ると肩甲骨が分からないぐらい平らな状態になります。逆に肩甲骨が閉じると、肩甲骨上部同士が背中の中央に近づくことで胸側が開き、背筋が伸びる状態になります。

    この肩甲骨の開閉運動を骨盤と連動させ、スムーズにかつ左右差なくバランスよく動かせば、体の軸(センター)を感じることで姿勢も良くなり、無駄な脂肪のないキレイなボディが完成するというわけです
    出典 :注目の「肩甲骨ダイエット」 [簡単ダイエット] All About
  • GETTAMANメソッド

  • 1:両足を肩幅程度に開き、つま先は外側に軽く向ける。

    2:息を吸いながらゆっくりと両腕を上げ、頭の上で手のひらを合わせる。ひじはまっすぐ伸ばして。

    3:息をはきながら、手のひらを外側に向け、ひじを少し後ろに引いて胸の位置まで下ろす。

    4:左右の肩甲骨を中央によせるように意識しながら、ひじを胸の位置で止める。

    ※1~4を10回繰り返す。

    GETTAMAN直伝「肩甲骨」ストレッチ(2)

    上下の動きに、左右の動きも加えてさらに脂肪を燃やすストレッチ。呼吸は自然に行えばOK。
    出典 :朝と夜だけ、5分ずつ! 肩こりも解消する「肩甲骨」ダイエット - MSNライフスタイル
     

    気持ち良いですよ

  • 1:両足を、肩幅より少し広めに開き、つま先を軽く外側に向ける。ひざは少しゆるめて。

    2:上半身を少し前かがみに倒し、腕をのばしたまま手を前でクロス。

    3:手をクロスさせたまま、腕を頭の上に引き上げる。

    4:手を開き、手のひらを内側に向ける。指先は上に向けたまま、腕を真横に開き、左右の肩甲骨を中央によせるように意識しながらゆっくり下ろしていく。

    5:開いた腕を、肩の高さで止める。

    ※1~5を10回繰り返す。

    この動きに慣れてきたら、足をさらに開き、深くかがんだ状態から始めてみよう。
    出典 :朝と夜だけ、5分ずつ! 肩こりも解消する「肩甲骨」ダイエット - MSNライフスタイル
     

    楽に出来て良い所満載です

  • まだまだあるので、肩甲骨を動かしてダイエットをし
    健康になりましょうね!

    オススメです!