【女性の病気】卵巣のう腫の痛みはどのくらい!?痛みを伴う場合は進行のサイン!

卵巣のう腫の痛みはどの程度のものなのでしょうか。卵巣のう腫についてや原因、症状などをまとめています。

view222

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【卵巣のう腫】ってどんな病気?

  • 卵巣に発生した腫瘍を卵巣腫瘍といいます。卵巣腫瘍は良性卵巣腫瘍と悪性卵巣腫瘍に分けられます。卵巣腫瘍の80%以上は良性だといわれています。
    出典 :卵巣嚢(のう)腫でお悩みの方
  • 卵巣の場合は、悪性腫瘍が卵巣がんを指します。しかし、実際には卵巣にできる腫瘍の9割以上が良性腫瘍です。そして、良性腫瘍の中で一番多いのが、卵巣のう腫です。
    出典 :卵巣のう腫
  • 卵巣のう腫は女性特有の病気です

     

    卵巣があるのは女性だけ、つまり卵巣のう腫は女性限定の病気です。
    卵巣に腫瘍ができる病気を言います。
    しかし腫瘍=ガンとは限りません。
    卵巣のう腫の多くが良性であることが多いようです。

  • 【卵巣のう腫】はどんな人に多いの?

  • ふつう、腫瘍といえば女性の場合でも更年期以降に多くなりますが、卵巣のう腫は若い人にも多いのが特徴です。
    出典 :卵巣のう腫
  • 更年期を過ぎて卵巣のう腫が見つかる人もいます。そういう意味では、10代から年配者まで注意が必要なのが卵巣のう腫なのです。
    出典 :卵巣のう腫
  • 女性であれば誰しも可能性はあるんです

     

    若いから、年配だから、そんなことは関係ありません。
    卵巣のう腫は女性であれば誰でも注意が必要な病気なのです。

  • 【卵巣のう腫】の原因は?

  • 卵巣腫瘍は非常に種類が多く、その発生原因も多岐にわたります。
    出典 :卵巣腫瘍 - goo ヘルスケア
  • 種類も原因も様々…

     

    卵巣のう腫は種類が多く、その原因も様々です。
    多くの卵巣のう腫は原因すら分かっていないのです。

  • 【卵巣のう腫】の症状は?

  • ほとんど自覚症状が無く、ある程度の大きさになってから初めて様々な症状が現れることが多いことから「サイレントキラー(静かな殺し屋)」と呼ばれることもあります。
    出典 :卵巣嚢(のう)腫でお悩みの方
  • 卵巣は、別名沈黙の臓器ともいわれるくらいで、のう腫ができてもほとんど症状がありません。
    出典 :卵巣のう腫
  • 沈黙の臓器:卵巣

     

    別名”サイレントキラー”なんて呼ばれる卵巣。
    そのため卵巣のう腫ができても、ほとんど自覚症状が現れません。
    症状が現れた時にはすでに進行していた…というケースが多いのです。

  • 【卵巣のう腫】の自覚症状

  • 最も多く現れる初発症状は、下腹部、とくにどちらか片側の腹痛で、さらに腫瘍が増大した場合は、ウエストのサイズが大きくなり、スカートやジーンズがきつくなったなどの症状が出ることがよくあります。
    出典 :卵巣腫瘍 - goo ヘルスケア
  • こぶし大より大きくなってくると、下腹部が膨らんできたり、違和感を感じることがあります。卵巣は腹壁の近くにあるので、卵巣が大きくなると腹壁が引っ張られてつれるような違和感や軽い痛みを感じるのです。時には腰痛の原因になることもあります。
    出典 :卵巣のう腫
  • 他にも頻尿や便秘などの症状も

     

    のう腫がある程度の大きさになると、様々な自覚症状が現れます。
    しかし生理痛や不正出血など他の症状に目が向き、まさか卵巣のう腫とは思わない方が多いそうです。
    そのため発見が遅れがちです。

  • 痛みが現れたらすぐに病院へ!

  • さらに大きくなると、突然下腹部の激しい痛みが起こり、ショック状態に陥ったり、嘔吐を起こすことがあります。
    出典 :卵巣のう腫
  • 腫瘍が壊死(えし)に陥り、炎症などが強くなって周期的で強烈な痛みが現れます。
    出典 :卵巣腫瘍 - goo ヘルスケア
  • 急激な痛みとして症状が現れる場合は、茎捻転(卵巣嚢(のう)腫の根本(茎)が捻れることによって生ずる痛み)や、嚢(のう)腫が破裂して内容物がお腹の中に漏れることによることが原因
    出典 :卵巣嚢(のう)腫でお悩みの方
  • 激しい痛みを伴う卵巣のう腫は危険!

     

    基本的に症状が現れにくい卵巣のう腫。
    それが激しい痛みを伴うようになると危険です!
    卵巣のう腫の根本が捻れていたり、のう腫が破裂して内容物がお腹の中に漏れているサインかもしれません。

  • 【卵巣のう腫】を早く見つけるには?

  • 何らかの下腹部痛、不正出血、おりものの増加、腹部膨満感など、普段とは異なる症状を感じた場合には、この卵巣腫瘍を常に念頭に入れ、早期に婦人科を受診して適切な検査を受けることが重要です。
    出典 :卵巣腫瘍 - goo ヘルスケア
  • とくに、下腹部に膨満感があり、ウエストのサイズが大きくなった場合は、ただ太っただけなどとすまさずに、必ず婦人科を受診するようにしてください。
    出典 :卵巣腫瘍 - goo ヘルスケア
  • 早めの受診が早期発見のカギ

     

    つい下腹部が膨らむと、便秘かな?それとも太った?もしや妊娠!?などと疑いがちです。
    しかし卵巣のう腫が原因である可能性だってあるのです。
    少しでも異変を感じたらすみやかに病院を受診するようにしましょう。
    早めの受診が早期発見には欠かせません。