有名人に多い高齢出産! 高齢出産だからって不安にならないで!

高齢出産する芸能人って意外と多いんです。知ってました?
彼女たちが年齢が高くなっても妊娠して無事出産することで、高齢出産をする一般の人にとってとても励みになっているんです。
高齢出産は不安もあるけど、いいこともある!
高齢出産についてまとめてみました。

view719

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高齢出産とは?

  • 高齢出産(こうれいしゅっさん)とは、統計上または医学上、女性が35歳以上で子どもを出産することである。
    日本産婦人科学会によると高齢初産とは、35歳以上の初産婦と定義されている。1993年以前は30歳以上の初産婦であったが初産が35歳以上になると特にリスクが高まることから変更された。
    出典 :高齢出産 - Wikipedia
  • 高齢出産とは統計上あるいは医学上、35歳以上で妊娠・出産することを意味します。35歳という年齢に何か特別な意味があるのか・・・というと、そういうわけではありません。高齢出産のリスクは、あくまで30歳を超えたころから徐々に高まっていくもの。よって、35歳を境として「急に」危険性が高まる・・・というわけではないのです
    出典 :【高齢出産ってなに?】 - 35歳からの高齢出産
  • 基礎知識として、「高齢出産」とはWHO(世界保健機構)を中心に世界的に使われている言葉です。

    初めてであっても、2回目であっても、ともかく40歳以上で妊娠・出産されることをさします。
    出典 :高齢出産とは
  • 世界的に共通な定義があるわけではなさそうです。
    でも、年齢が上がるにつれて妊娠・出産のリスクが高まるけれどそれがだいたい35歳~40歳ということでその頃以降に出産することを高齢出産、と表現しているようですね。

  • この人たちが高齢出産した芸能人だ!

  • 実は芸能界って高齢出産多いんです。
    誰もが知ってるあの人も、実は高齢出産。
    こうしてみると高齢出産だからといって心配しすぎなくても大丈夫なのかな、と思えてきそうじゃありませんか?

  • 39歳で初出産

     

    モーニング娘。の元メンバーで初リーダーの中澤裕子さんは39歳で初出産

    30時間を越える難産で大変だったけど、無事に元気なお子さんを迎えることができました。

  • 45歳で迎えた初出産は陣痛から出産までなんと40時間!

     

    40時間もかかった難産ではあったものの、自然分娩で無事元気な男の子を出産。

  • ジャガー横田さんは妊娠から出産までの様子をテレビで公開されました。
    これまで、有名人が高齢妊娠・出産をすることになってもその経緯が知られることはほとんどありませんでしたが、ジャガー横田さんは良かったことも辛いことも隠さず伝えてくれました。
    ご主人である木下博勝氏が献身的に奥様を支える姿ももちろん。
    その様子は世の中の高齢出産をしようとしている女性たちに大きな希望を与えてくれるものだった、といわれています

  • 不妊治療の末に、43歳で初出産

     

    つわりがひどく、妊娠中のうち1ヶ月程度しか普通に暮らせなかった、とご主人はブログに綴っています。

    でも、奥様を支えるために願掛けをしよう、と一番嫌いな「走ること」を続けていたといいます。
    そうやってご主人が頑張ってくれている姿が、奥様の大きな支えになっていました。

  • 36歳で長男を出産

     

    お子さんにダウン症の疑いあり、という報道で一時期騒がれました。
    (その後、ダウン症ではなかったことがわかった様子)

  • アメリカで卵子提供を受けて50歳で出産

     

    49歳のときに卵子提供を受けて妊娠、50歳で出産されました。

    お子さんは生まれつき臍帯ヘルニア、心臓疾患、食道閉鎖症、脳梗塞、呼吸停止、気管切開といった病気と日々闘いながら少しずつ成長しています。

  • 高齢出産のリスクとして最もよく知られているのが先天異常。
    でも、これって高齢出産に限った話じゃないんです。
    確かに、高齢出産になることによって先天異常やその他のトラブルのリスクが高まるのは事実ですが、若くして妊娠・出産してもある程度はそれらのリスクを抱えているのです。

    私たちは何事もなく妊娠・出産することを当たり前だと思っている部分がありますが、実際にはそうではなく、何事もなく妊娠・出産することは奇跡に近いことなのだということを知っておく必要があります。

  • 実はメリットもある高齢出産

  • マイナスイメージばかりがクローズアップされてしまう高齢出産ですが、高齢出産ならではのメリットもちゃんとあるんです。

  • 自分の精神的な面で、たとえば20歳で生むよりずっとずっと良かったと思います。
    もし20歳だったら、ニコニコ笑って子育てなんて絶対無理だったと心から思う。
    精神的落ち着きが一番のメリットになるのかなと個人的には思います
    出典 :高齢出産のメリットって何ですか? - Yahoo!知恵袋
  • 精神的余裕がみられる高齢出産も、体力的な面では・・・あまり余裕を感じられません。しかし、赤ちゃんを育てるには想像以上の体力を要します。そんな時に役立つのが、高齢出産ならではのメリット「経済力」です。ベビーシッターや託児施設を利用するなど、体力面での不足を経済力で補うことができます。育児に専念しつつ、自分のからだもしっかり休めましょう。
    出典 :【どんなメリットがあるの?】 - 35歳からの高齢出産
  • この年齢で初めて妊娠した場合、待ちに待った待望の赤ちゃんという方も多いでしょう。精神的にも経済的にも安定して自分自身の人生計画の中で求めた妊娠であることも多いでしょう。それだけ、出産や育児を優先して考えられること、また精神的にゆとりを持って落ちついた環境で子育てをできることが、母子双方に大きなメリットともなるのです。
    出典 :高齢出産(高年初産)
  • 精神面、経済面共にゆとりを持つことができるというのは高齢出産ならではのメリット。
    特に、精神的な面でのゆとりを感じる人はとても多い。

  • 南カリフォルニア大学ケック医学部の研究で、30代、40代で出産すると、子宮体がんになるリスクが下がるということが分かりました。25歳までに出産した人と比べて、35歳から39歳で出産した人は子宮体がんのリスクが32%減少。40歳以上で出産した人は、44%もリスクが減少したのです。
    出典 :実はデメリットばかりではない?高齢出産にもこんなにメリットが!「子宮ガンのリスクが減る」 | 「マイナビウーマン」
  • そしてなんと!
    高齢出産の人は子宮がんのリスクが低くなるというデータまであるとか!
    可愛い我が子を抱きしめることができるだけでなく、子宮がんのリスクまで軽減されるなんてオドロキ。

  • 高齢出産された女性は体調が良くなり、若く見られると言われます。これは、妊娠出産によって女性ホルモンの分泌が多くなることが関係していると考えられています。
    出典 :高齢出産のメリット:高齢出産
     

    実際、冷え性の改善、肌がきれいになったといったことなどが医学的に認められているんです。
    高齢出産だからということで、リスクを少しでも下げるために様々な努力をする人が多いことからこの結果に結びついているようです

  • 高齢出産は精神的なストレスも少なく、妊娠や出産に満足感を覚えることが多いため余裕が生まれ、綺麗になるとも言われます。芸能人で高齢出産を経験した人達も、テレビなどでいつものように活躍しているのを見れば高齢出産がリスクだけではないことも分かります。
    出典 :高齢出産と若返り :高齢で出産するメリット
  • いいですね、若返り(笑)
    新しい家族も増えて、自分も若返る、最高じゃありませんか。

  • やむを得ず高齢出産になってしまった・・・という人もいれば、「計画通りだった!」という人もいます。しかし、いずれも共通点が・・・そう、みんなとても満足げなのです。妊娠中は心やからだの変化を楽しみ、育児に対しても豊富な人生経験を生かして大らかな気持ちで向き合っています。
    出典 :【どんなメリットがあるの?】 - 35歳からの高齢出産
     

    望む、望まないに関わらず、高齢出産をした女性の多くが満足感を得ているというのです。
    高齢出産最大のメリットでは?とも言われています。

  • 高齢出産を経験した芸能人ママたちの妊娠・出産を見ても、「高齢出産=赤ちゃんに異常が出る」ということではない、というのがわかりますよね。
    それどころか、高齢出産だからこそのメリットまであるなんて・・・。

    高齢出産だからって不安になることはないんです。
    そのとき、赤ちゃんのためにできることを一生懸命して、よりベターな状態でお産を迎えることができれば高齢出産だからといって不安になる必要などないのです。
    もちろん、検診と主治医とのこまめな相談は欠かさず行いましょう。