きちんと知ってる?有酸素運動とは☆

有酸素運動というものをきんと知る事で
有効的につかえるのです☆

view222

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 有酸素運動

  • 有酸素運動とは、呼吸で取り込んだ酸素によって、血糖、体脂肪を燃焼させ、そのエネルギーで行う運動のこと。軽~中程度の力の運動を長時間持続できることが特徴で、主なものにウォーキング、ジョギング、サイクリング、エアロビクス、水泳などがある。
    出典 :【有酸素運動】外部から酸素を取り込み血糖・体脂肪を燃焼させて行う運動 | ダイエットSlism
  • 全ての筋肉はATP(アデノシン三リン酸)を直接の燃料とするが、有酸素運動では、体外から取り込んだ酸素を使い、体内のブドウ糖(グルコース)と脂肪酸からATPを生成し、それを燃料に赤筋が運動を行う。ATPの生成過程で生じるのは二酸化炭素と水であり、疲労物質である乳酸が生成されないため、長時間に渡っての運動が可能となる。
    出典 :【有酸素運動】外部から酸素を取り込み血糖・体脂肪を燃焼させて行う運動 | ダイエットSlism
  • 有酸素運動は、酸素の消費量が多く、継続的に行うことで、心肺機能を維持・向上させ血流を増加させる効果がある。また、脂肪や血糖をエネルギー源としているため、体脂肪や中性脂肪の低下、高血圧の改善、さらには生活習慣病の予防も期待でき、心疾患や糖尿病などの慢性疾患の治療や予防にも効果的とされる。
    出典 :【有酸素運動】外部から酸素を取り込み血糖・体脂肪を燃焼させて行う運動 | ダイエットSlism
     

    こんなに効果があるのですね!

  • 無酸素運動もある

  • 運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」があります。この表現では有酸素運動は酸素をたくさん必要とし、無酸素運動は酸素をあまり必要としない運動と思われるかもしれませんね。
    出典 :20分以上の有酸素運動でなければ脂肪は燃えない? [運動と健康] All About
  • 有酸素運動と無酸素運動?

     

    運動時に使われるエネルギー源の種類や強度によって
    酸素が使われる比率は変わりますが
    同じ運動である以上、どちらの運動も一定量以上の酸素を使い
    体内の脂肪もエネルギー源として使われているそうです
    ・代表的な有酸素運動……ウオーキング、ランニング、サイクリング、水泳など
    ・代表的な無酸素運動……短距離走、重量挙げ、ウエイトトレーニングなど
    一応ご紹介☆

  • 反復が良い

  • 単純でリズミカルな動作を最低10分以上反復することで、効果的な有酸素運動になります。ウォーキングもジョギングもステッパーも、みんなそうですね。単純でリズミカルな動作のほうがとくに頭で考えずに運動でき、あなたは何かほかのことに意識を向けながらでも、できるのです。また、心拍数も一定のレベルを保ちやすくなります。
    出典 :有酸素運動とは?
     

    良いですよね!

  • また小さな筋肉よりも、下肢の大筋群を使った運動のほうが、静脈血の心臓への還流が促されるので、心臓の負担も少なくてすみます。つまり、イスに座った腕だけのダンベル体操よりも、歩いたり、ステップを踏んだり、足を動かした運動ということです。
    出典 :有酸素運動とは?
  • 目安の時間

  • 脂肪を分解・燃焼するためには充分な量の酸素を必要とします。しかし、息が切れてしまう程のきつい運動ではバテてしまうだけで、脂肪は燃えてくれません。脂肪が燃え始めるのは運動開始後20分くらいから。
    出典 :有酸素運動ダイエット
  • スプリットスクワットが効果的!

     

    まず、背筋を伸ばして両脚を前後に大きく伸ばし
    後ろ脚のかかとを上げる
    画像を参考にしてみてくださいね☆
    前脚のかかとに体重を乗せるようにして脚を曲げる
    ただし、つま先よりも膝が前にでないように注意してね!
    両手にダンベルをもっておくとさらに効果UP!
    これ本当にききますよ☆

  • ダイエットとの関係

  • 筋量が増加すれば基礎代謝量も増加する。基礎代謝量が上がることで脂肪が付きにくくなり、同時に、継続的な有酸素運動で体脂肪を燃焼させることで、リバウンドのリスクを下げ、太りにくい体質へと変えていくことが可能となる。ダイエット目的には有酸素運動だけではなく、筋トレ+適切な栄養補給を心がけるようにしたい。
    出典 :【有酸素運動】外部から酸素を取り込み血糖・体脂肪を燃焼させて行う運動 | ダイエットSlism