患者数増加中。妊娠中のクラミジア おりもので判定

view55

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の怖い感染症であるクラミジア おりもので判定ができます。ただし、自己判断はとても難しい!妊娠中にクラミジアに感染するリスクを中心にまとめました。

  • 感染症、クラミジア

  •  
  •  
     

    つまり、治療も夫婦でしなければなりません。そうでなければ、お互いに感染を繰り返す「ピンポン感染」のループにはまってしまいます。

  •  
     

    女性の場合は、症状が相当進行してから、排尿痛などが出る場合が多いのです。

  • クラミジア おりものは直結する症状にも思えますが、実は少し違うようです。

  •  
     

    女性には痒みや痛みといった自覚症状が、ほとんど現れません。

  • 妊婦が放っておくと、大変なことに

  •  
  •  
  •  
  •  
     

    大変危険なクラミジア。必ず治療が必要です。

  • おりもので判定

  •  
     

    自己判断では、ちょっと難しいかと思われます。

  •  
  • おりものを採取して、検査することが大事です。
    妊婦健診は欠かさず行きましょう。

  •  
  • 飲み薬で治療できます

  •  
     

    クラミジアは、抗生剤で治療できます。

  •