人にとって大切なホルモン【成長ホルモン】アンチエイジング等色々な用途があるこれは何?

成長ホルモンについてまとめてみました
ゴールデンタイムは本当に存在しているのでしょうか?

view211

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 成長ホルモン?

  • ホルモンは、体の中でつくられている物質で、体のさまざまな機能をコントロールするという大切な役割を担っています。人間には体内に100種以上のホルモンがあるといわれ、それぞれが決まった役割を果たすことで、私たちの体は正常に保たれているのです。
    出典 :成長ホルモンとは?|成人の成長ホルモン分泌不全症
  • 成長ホルモンはその言葉からも分かるように、“身長を伸ばすホルモン”としてよく知られています。しかし、成長ホルモンにはもう1つ重要な役割があります。それは、体にある物質をエネルギーとして使えるような物質に変えていく働きです(これを代謝といいます)。私たちが生きていくためには、体内でエネルギーをつくることが欠かせませんが、成長ホルモンはその過程で大切な役割を担っています。
    出典 :成長ホルモンとは?|成人の成長ホルモン分泌不全症
  •  

    人の体内から分泌される成長ホルモンは、正確には、ヒト成長ホルモンと言います。英語では、"Human Growth Hormone"と良い、略してHGHとの呼び方もされます。

    主に、視床下部の脳下垂体を中心として分泌されますが、他のホルモンも含めると、甲状腺、副腎、生殖器、膵臓、消火器、胃腸、心臓血管、脂肪や神経系など、体の様々な部位で作り出されます。

  • 構成は、191個のアミノ酸から成り立っているのですが、私達の体の中で分泌されるホルモンや酵素などは、基本的にアミノ酸で構成されていますので、アミノ酸の摂取は、生体活動を支える上でも重要な事です。
    出典 :成長ホルモンの働き
  • 成長ホルモンの分泌が減ってしまうとこんなことに!?

  • 1.身長が伸びない
    これは成長期の子供に当てはまることですが、成長期の子供は日々、成長ホルモンの活発な分泌によって背が伸びていきます。しかし、睡眠時間が不足すると、成長ホルモンが分泌されるチャンスも減ってしまうため、身長が伸びにくくなってしまいます。成長期には出来る限り睡眠を多く取るようにしたほうが良いでしょう。
    出典 :睡眠と成長ホルモン
  • 2.疲れが取れない
    睡眠時に分泌される成長ホルモンには、運動や労働、怪我などで疲労・破損した体組織を修復・再生する働きがあります。
    睡眠を取ると疲れが取れるのは、睡眠中に成長ホルモンが体のメンテナンスをしてくれているからなのです。
    睡眠が不足すると、体が十分にメンテナンス出来ないので、疲れが取れない状態になってしまいます。

    出典 :睡眠と成長ホルモン
  • 3.病気への抵抗力が下がる
    成長ホルモンは、体組織の修復・再生をする働きがあるため、体を修復し、体力を回復させることで、同時に体の病気への抵抗力・免疫力を高める働きがあります。
    睡眠不足が続くと、病気への抵抗力・免疫力が下がり、風邪を引きやすくなったり、生活習慣病にかかりやすくなったりします。

    出典 :睡眠と成長ホルモン
  • 4.肌の老化
    成長ホルモンは、体の様々な組織の修復・再生をする働きがありますが、肌もその一つです。
    成長ホルモンは、睡眠中に肌の新陳代謝を活発化させたり、血行を良くして肌の老廃物を取り除いたりしてくれるため、美肌の維持、シミやシワの防止には欠かせません。
    睡眠不足や生活習慣が乱れると、成長ホルモンの分泌が減り、肌荒れなどの原因になりますので、規則正しい生活を心がけ、十分な睡眠時間を確保しましょう
    出典 :睡眠と成長ホルモン
  • 5.脂肪の増加・太りやすくなる
    太りやすさには基礎代謝量や筋肉量なども関係していますが、成長ホルモンの分泌量も大きく関係しています。
    成長ホルモンは、体組織の修復・維持をする際に、体内の脂肪などの栄養分をカロリーとして分解して使用します。
    出典 :睡眠と成長ホルモン
  • 21歳から31歳の10年間では、14%も成長ホルモンが減少してしまいます。

    人をはじめとして、全ての動物で成長ホルモンは年々減少していきます。動物は、人の年齢に例えるならという表現が使用されますが、これも、成長ホルモンの割合が関係しているのです。このように、年齢別に分泌割合の変化について、約180人を対象とした血中成長ホルモン濃度を測る研究では、このような結果となっています。
    出典 :成長ホルモンの効果
  •  

    (単位は、1mLあたりのng数)
    5~10歳:約6ng/mL
    10~15歳:約6ng/mL
    15~20歳:約7ng/mL
    20~25歳:約4ng/mL
    25~30歳:約4ng/mL
    30~35歳:約2ng/mL
    35~40歳:約2ng/mL
    40~45歳:約1.7ng/mL
    45~70歳:約1.7ng/mL

  • ゴールデンタイムが大事という訳ではない

  • 22時~2時の間に寝るか、2時が過ぎてから寝るのでは、
    身長の伸びにどのぐらいの差があるか分かりますでしょうか?(睡眠時間は同じとします)
    大体でいいので、お願いします。
    出典 :成長ホルモンが分泌される時間帯が『23時~2時』なのは本当なのか。 - Yahoo!知恵袋
  • 20時に睡眠
    22時~02時に活発な分泌(ここまでで6時間)
    ~数時間、体の疲れが抜け、快眠感が得られる程度、ただし眠り過ぎない。
    けっこうな時間が必要だとわかるでしょう。
    寝る子が育つという言葉通りです。
    出典 :成長ホルモンが分泌される時間帯が『23時~2時』なのは本当なのか。 - Yahoo!知恵袋
     

    ストレスなく熟睡する事がもっとも大事でしょうね

  • 病気もあるのです

  • 子どもの頃に成長ホルモンが足りないと、骨がよく伸びないために背が低くなります。 これを、成長ホルモン分泌不全性低身長症と呼びます。 この場合には、成長ホルモンを注射で補うことにより、背を伸ばすことができます。 ただし、この病気であることを診断し、治療を開始するためには、 成長ホルモンが足りないことを2種類以上の成長ホルモン分泌刺激試験という検査で確認することが原則であり、また、骨端線の閉鎖していないことが条件です。
    出典 :成長ホルモンの適正使用に関する見解
  • 成長ホルモンの薬を適正に使用するためには

      ヒトの身体の中で作られるのと全く同じ構造の成長ホルモンが、遺伝子工学の技術により作られ、薬として使われています。 他の薬と同様に成長ホルモンも、安全に、そして、有効に使われることが求められます。 そのためには、臨床試験(治験)を経て安全性と有効性が確認され、健康保険で承認された対象疾患に対して、薬剤の添付文書にしたがって適正に使用されることが、必要です。



    出典 :成長ホルモンの適正使用に関する見解
  • 骨をはじめとする各細胞の成長を促進する為には、まず、第一に成長ホルモンの分泌を促す事が先決です。実際にホルモン療法を行う事で、身長の伸びが改善するようになります。

    低身長症の疑いがある場合には、まずは、専門医で検査してもらう必要があります。検査の結果、低身長症と診断された場合には、保険の適用でホルモン療法を受ける事ができますが、その割合は、全体の2%と、非常に少なく狭き門のようです。
    出典 :成長ホルモンの働き
  • 増やす食品と栄養分

  • 成長ホルモンは、アミノ酸で構成されており、主にタンパク質が分解されて生成されます。
    タンパク質は牛乳やチーズなどの乳製品、納豆などの豆類や白米などの穀類、肉類などの食卓でもお馴染みの食品に含まれています。
    また、タンパク質には、睡眠に必要な睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌に欠かせない、トリプトファンの生成にも役立ちますので、積極的にバランスよく食事に取り入れますよう。
    出典 :睡眠と成長ホルモン
     

    身長を伸ばすならしっかり食材も考えましょう
    成長ホルモンは欠かせないものですよ