踏み台昇降ダイエットで安く痩せましょう

家の中で手軽にできますので、踏み台昇降ダイエットに注目が集まっているようです。

view269

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 踏み台昇降ダイエットとは?

  •  

    まずは概要です。

  • 踏み台昇降とは、スポーツテストなどでおなじみの踏み台を昇り降りする運動です。これは踏み台を低くすることによって有酸素運動になります。これを日々の生活に取り入れて体脂肪を燃焼しよう!、というのがこのダイエットです。
    出典 :踏み台昇降DEダイエット
     

    有酸素運動なんですね。

  • 痩せるメカニズムは?

  • 踏み台運動によって筋肉が動かされると基礎代謝が上がります。そうすると、安静時の消費カロリーが向上しダイエット効果がより一層期待出来ます。肺活量が増えるため、心肺機能が向上し疲れにくくバテにくい身体づくりができます。踏み台昇降運動は、自分のペースにあわせて徐々に運動に慣れることができ無理なく続けられることと、確実な成果を出しやすいため、ダイエットの入り口としては最適な運動方法です。
    出典 :踏み台昇降運動ダイエットの方法、効果、口コミの紹介:@niftyダイエット
     

    運動系ダイエットとしては入門的な位置づけですね。

  •  

    あまり体に負担をかけずに出来ますのでお勧めです。

  • 準備するもの

  • 踏み台(筋力・身長に応じて5~30cmくらい。10~15cm推奨)
    出典 :【お手軽】踏み台昇降ダイエット【毎日30分】 | 痩せるダイエット速報
     

    あれば一番良いですが、無理して買う必要はありません。

  •  

    ホームセンターなどに売っていますが、予想以上に高いです。ですから下の方法で作った方が良いかもしれません。

  • ●何を踏み台にしたらいい?●
     
    古雑誌などをガムテープで束ねる・ダンボールや雑誌袋に古雑誌などを詰め込む、というのが一番お手軽。
    安定感があり、しっかり体重を支えられるように、 さらに踏み外さないような幅の踏み台を用意しましょう。
    音が気になる人は、ゴムマットやコルクマットを下に敷くといいです。
    出典 :毎日続けることが大事!家でできるダイエット『踏み台昇降ダイエットのやり方』<トレーニング| RapidHack(ラピッドハック)
     

    これだとお金がほとんどかかりません。

  •  

    崩れないようにしっかり固めましょう。けがをしたらどうしようもありません。

  • 方法は?

  • 準備が整ったら、いよいよ実際にやってみましょう。台に右足を乗せる→左足も乗せる→右足から降りる→左足も降りる、この繰り返しです。逆でもいいです。
    正しい姿勢で、背筋を伸ばし、がに股などにはならないように注意しながらやってみましょう。

    そして、着地の際は膝を伸ばしたほうがひざを痛めないそうです。ずっと曲げたままだと負担が掛かるので注意しましょう。

    踏み出す足を数分おきに変えるのも忘れないようにしましょう。どちらかだけに偏らせないように意識してください。
    出典 :お金をかけずに「踏み台昇降ダイエット」 | 今日からできる!ダイエットプログラム
     

    まったく難しいことはありません。

  •  

    ひざを伸ばして下りるのがポイントですね。

  • 腕をしっかり振ることを心がけてください。有酸素運動は、「20分以上しないと効果がない」と聞きますが、5分でも10分でも脂肪は燃焼します。ただ、有酸素運動で燃焼するのは、あくまで血中の脂肪なので運動を20分ぐらいすると体脂肪が血中に溶け出し、体脂肪をより燃焼しやすいということはあります。長続きすることが肝心ですので、無理をしない程度に最初は10分ぐらいからスタートするのも良いでしょう。
    出典 :踏み台昇降運動ダイエットの方法、効果、口コミの紹介:@niftyダイエット
     

    短い時間でもOKみたいです。

  •  

    あまり疲れない時間から始めましょう。

  • 手の届くところに水を置いておくのが吉。踏み台昇降は特に夏場などはかなり汗をかく運動です。水は幾ら飲んでも太りません。1リットルの水を飲めば1キロ体重は増えますが、それは太ったのではなく、飲んだ分が身体にあるだけ。汗をかいたりトイレにいって排出すれば戻ります。太るとは体脂肪が増えること、です。脱水状態にならないよう気をつけてください。
    出典 :実践編
     

    冬ならば無くても良いでしょう。

  •  

    冬とは逆に夏は絶対に水を用意しておきましょう。

  •  

    汗で気持ち悪いなら我慢せず入浴しましょう。