ターンオーバーの乱れを招く原因

ターンオーバーの乱れを招いてしまう、ダメ習慣や間違ったケアなどをご紹介します!!

view377

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 刺激を与すぎること

  • 常に刺激を与えることで肌が厚くなるのがペンだこですよね 
    それから足の裏のかかとなどですね

    洗顔ではゴシゴシ洗い、お手入れでは、

    化粧水をつけるときパチパチたたいてつける・・・これなんてとんでもないです
    出典 :お肌の科学から生まれた新しい美肌理論:ターンオーバーが遅いと
  •  


    いたたたたーーーー!! ってことはNGですよ!!!

  • 油性化粧品の乱用も注意

  • それより角質肥厚を招くのは油性化粧品の乱用です

    角質細胞は、細胞同士がくっついて「防衛」と「保湿」の仕事をしますがその細胞同士をくっつけているのがデスモソームというものです

    角質細胞としての仕事が終り、肌から離れるときは、細胞同士をくっつけているデスモソームを分解する酵素(プロテアーゼ)が働いて角質細胞は垢となって肌から離れていきます。

    つまり一枚とれたら一枚つくるこれが順調なターンオーバーですが、そこに油性化粧品(クリーム)を使用したら離れていく角質片をアブラで糊づけしてしまいます。

    つぎの角質片も離れよとするとアブラで糊付けどんどん垢になった角質片をアブラで糊付けしてしまいますから角質層は正常よりどんどん厚くなり余計な角質片に水分もとられるので肌の保水力はますます衰えてしまいます
    出典 :お肌の科学から生まれた新しい美肌理論:ターンオーバーが遅いと
  • 肌の触りすぎが原因であることも!!

  •  



    えっ。。。。

  • 『肌の触りすぎ』。
    これであります。

    ようは「過剰な肌へのアプローチ」でありますね。

     ・肌に何かをしないと、肌は綺麗にならない
     ・肌に何かをつけないと、肌は綺麗にならない
    そのように囚われている女性が本当に多いです。
    これは化粧品メーカーに大きな責任があると思う。

    メーカーとしては、
    一人の消費者が一品でも多くのアイテムを
    ドレッサーに並べてくれた方が、潤うわけです。
    「洗顔して化粧水だけ付けとけばイイんです」
    なんて言ってたら社員のお給料すら出ないでしょうね。

    んじゃぁどうするか
    アイテムを増やすんです
    一人の消費者が使う種類を増やせばいいんです。

    クレンジング 洗顔、マッサージ パック(美白、シワ用)
    柔軟化粧水 保湿化粧水 美白美容液、ミルク
    クリーム(美白、アンチエイジング)
    またお風呂の中でする泡パックや、
    ピーリング用の洗顔料・・・などなど

    美容に関心の高い女性の心を迷わす商品、

    綺麗になりたい!と願う女性に
    これを使わなきゃキレイになれない!
    という錯覚に陥らせてしまう商品がてんこもり。

    結果、与え過ぎ触りすぎて薄くなった肌
    (未成熟な細胞が並んだ肌)に、
    これまた皮膚呼吸を妨げるようなパテのごとくの
    肌に張りつくファンデーションを塗る。
    これで正常なターンオーバーができるわけないですよね。

    実際問題として、
    肌になにかしら触っていないと不安で不安でしょうがない、
    という人がとても多いんです。

    結果色んなトラブルが出てくる。

    そしてそのことをカウンターに相談に行ったら
    また新たな商品を勧められる・・・という悪循環。
    このような誘惑をどこかで断ち切る勇気が必要ですね。
    出典 :肌のターンオーバーが狂う原因は、加齢だけではなかった:たるみを解消して顔も体も10歳若返る★女磨き塾
  • 寝不足

  • 睡眠を十分にとってください。特に午後10時~午前2時の間は、ターンオーバーが活発になる時間帯とされていますから、この時間帯に良質な睡眠をとるよう心掛けましょう。
    出典 :頑固な角質や肌トラブルは、ターンオーバー低下が原因だった!? - 角質ラボ
  •  



    美容の秘訣?? 眠ることだニャン♪

  • 栄養不足

  • 日々の食事、栄養バランスにも気を配りましょう。
    ターンオーバーを促進させる栄養素には色々ありますが、特にタンパク質やビタミンB群・ビタミンCが効果的とされています。カロリーオーバーに注意して、これらを多く含む食品を積極的に摂取するようにしてください。
    出典 :頑固な角質や肌トラブルは、ターンオーバー低下が原因だった!? - 角質ラボ
  •  



    バランス良い食事は全ての美肌につながる!!

  • 日焼けによる紫外線の影響

  • 紫外線もターンオーバーのリズムを乱します。紫外線から肌を守ろうとして古い角質を溜め込んだり、紫外線ダメージを修復しようとしてターンオーバーが早まり、未熟な角質細胞がどんどんつくられて厚くなったり。紫外線を浴びた肌の見た目や手触りが悪いのは、ターンオーバーの乱れによって角質の状態が悪化しているためなのです。
    出典 :美肌のカギを握る、肌のターンオーバーとは? [角質・ピーリング] All About
  •  







                      。。。おっしゃる通り!!

  • 肌に炎症が起きたとき

  • なんらかの原因で肌に炎症が起きたとき、それを修復するためにターンオーバーが早まることも。その結果、角質が過度にはがれて未熟な細胞が肌表面に出てしまうと、バリア機能が弱くなって肌内部に刺激が入りやすくなったり、肌内部のうるおいが逃げやすくなって肌荒れや乾燥を誘発。これらの症状はさらに肌のターンオーバーを早め、負のスパイラルを招いてしまうのです。
    出典 :美肌のカギを握る、肌のターンオーバーとは? [角質・ピーリング] All About
  • 加齢による代謝のダウン

  • 代謝がダウンして古い角質がはがれにくくなって厚くなり、肌本来のしなやかさや透明感が失われ、ゴワつきやくすみを感じてしまうことに。さらに、ターンオーバーによって排出されるはずのメラニンも肌に留まってしまうため、くすみやシミを助長することもあります。
    出典 :美肌のカギを握る、肌のターンオーバーとは? [角質・ピーリング] All About
  • こんなことにも注意!!

  • ターンオーバーが行われる22時~2時までのゴールデンタイムに就寝すれば、美肌づくりが万全!というわけではありません。
    ■メイクは落とす
    ■たっぷりと保湿をする

    肌代謝がスムーズに行われるように、22時までに肌をきれいにしておくのは最低限のルール。
    ターンオーバーの周期に個人差はありますが、”周期を遅らせてしまうのを防ぐ”ことは可能です。
    出典 :アンチエイジング・ダイエットで健康的に美しく!!|ターンオーバーについて②
  • <まとめ>悪習慣を断ち切って、誇れる肌に!!

     


    美肌を妨げるターンオーバーの乱れの原因、、、

    思い当たる節がある人は、今からでもおそくありません!!

    少しでも生活習慣を改善して、美肌になりましょーう!!^^

    あわせて下の記事も読んでみてね!!

  • あわせてこちらも!!