<肌が劣化する原因>有名人の実例から読み解く、劣化の原因

若い頃は、「若い」というだけで美しいですよね。
そんな女性たちも、加齢の影響にはかないません。

肌が劣化する原因とは、どのようなことなのでしょうか。
有名人の実例を参考に見ていきたいと思います。

  • mippi 更新日:2014/02/10

view1280

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どんなに若い頃美しくても、永遠にそれを保つのは難しい

  • 加齢によるエイジング現象は、しょうがないことです。
    ここでは、特に肌の劣化が気になる有名人を挙げていきましょう。

  • 中山美穂さん

     

    目の下のたるみとほうれい線が目立ち、顔に影が出来ています。

  • 一色紗英さん

     

    頬がこけ、全体的にしわが目立ちます。

  • 工藤静香さん

     

    日焼けだとは思いますが、髪の毛の色とも相まって全体的にくすんで見えます。

  • 吉川ひなのさん

     

    目の下のたるみをはじめ、全体的に皮膚が下がっています。

  • 彼女たちに共通するのは「たるみ」!

  • たるみには様々な原因があります。

  • 肌のハリや弾力を保つコラーゲンを作る力が衰える
    肌の奥でハリを保つ弾性線維のもとになるエラスチンが老化する
    肌の内側で水分をキープするヒアルロン酸が減る
    出典 :たるみの種類・原因・対策 [アンチエイジング] All About
     

    加齢によりこれらの減少が現れます。

  • 表情筋はその名の通り筋肉のひとつですから、使わないと筋力は衰え、たるみが進行していきます。
    出典 :目元のたるみは、表情筋のエクササイズでケアを | スキンケア大学
  • 脂肪を支えきれずたるむ傾向に
    出典 :こういう顔の方は、顔がたるみやすい
  • これを改善するためには?

  • 様々な改善法をご紹介します。

  •  

    表情筋エクササイズで、筋肉を鍛えましょう。

  • エクササイズをしてよい筋肉をつけることができれば、しなやかにやわらかく動き、メリハリのある表情をつくることが可能です。新陳代謝もよくなり、つねに新鮮な表皮の状態を保ち、外部からの刺激や乾燥などから肌を守ります。
    出典 :誰でもカンタン!表情筋エクササイズを紹介
  •  

    洗顔時に肌を刺激しないようにするのが、最も簡単にできる対策です。
    こすり過ぎることで、肌には大きな負担がかかります。

  •  

    ホットタオルで顔を温めることは、血行促進にもつながり、リフトアップ効果が期待できます。

  • エイジング現象は、誰にでも当たり前に起こりうることです。
    肌が劣化する原因を知った上で様々な対策をし、若々しいお肌を保ちましょう!