ヘアケアの方法あれこれ

ヘアダメージに悩んでいる方、今からヘアケアについて学びたい、という方の手助けになればと思い、髪の毛の基礎知識やヘアケアの方法をまとめてみました

view184

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは髪の毛のことを知ろう

  • 自分の髪の毛のこと、実はあまりわかっていない?

  • ヘアケアを行う前に、まずは髪の毛と髪を育てている頭皮を知る必要があります。
    髪の構造と仕組み、頭皮の仕組みが理解できれば、正しいヘアケア方法の理解と実践に役立ちます。

  • 髪は肌の一部、角質層が変化したもの

  • 髪は、爪と同じように肌の角質層が変化して出来てたもです。
    肌と違うのは、髪はすでに死んだ細胞から出来ているため痛みなどの感覚がありません。
    痛みなどの感覚がないため、ついつい負担をかけてしまいがちですが、髪には自己修復機能が備わって痛いので、一度傷めてしまうと自然に元に戻ることはありません。
    出典 :髪の毛の基礎知識|ヘアケアの方法
  • 髪の毛は毛根と毛幹からできており、地肌から出ている部分を「毛幹」と、地肌の中にある部分が「毛根」と言います。普段「髪」と呼ばれているのは毛幹ですが、髪の成長に大切なのは、毛根です。髪が抜けたときに髪を見ると分かりやすいですが、毛根の先のふくらんだ部分が「毛球」と呼ばれ、ここが髪を生成している部分です。毛球にある「毛乳頭」が、髪の毛を作る指示を毛母細胞に出すと、毛母細胞が分裂し、それが髪となって成長していくのです。
    出典 :髪の毛の基礎知識|ヘアケアの方法
  • ヘアケアの基本

  • シャンプー・リンスは当たり前

  • 髪や頭皮は体の健康状態が現れやすい重要な部分です。
    髪に必要なケラチンというたんぱく質などの栄養素をバランスよく摂取することで、健康な髪を育てることが可能です。 元気な髪や元気な体を作るには、バランスの食事と心身ともに健康な生活を送ることが重要です!

  • キーワードは「まごわやさしい」?

  • ま - 豆 : 大豆などの豆類(タンパク質、マグネシウム)
    ご - ゴマ : ゴマ、ナッツ類(不飽和脂肪酸、ビタミンE)
    わ - わかめ : わかめ、昆布、海苔などの海藻類(ヨード、カルシウムなどのミネナル)
    や - 野菜 : 野菜や根菜(ベータカロチン、ビタミン)
    さ - 魚 : 魚類(タンパク質、オメガ3脂肪、亜鉛)
    し - 椎茸 : 椎茸などのキノコ類(ビタミンD、食物繊維)
    い - いも : じゃがいも、さつまいもなどのイモ類(食物繊維、炭水化物)
    出典 :ヘアケアの基本|ヘアケアの方法
  • 薄毛とは加齢・遺伝・ホルモンバランス・精神的ストレス・食事・生活習慣などの様々な原因が考えられます。薄毛のケアの為には多角的なアプローチにより、トータルなケアが必要です。バランスの良い食事、規則正しい生活を心がけると共に薄毛ケア用のスカルプ&ヘアケアが必要になります。
  • 髪の毛は皮膚や爪と同じタンパク質です!
    ダイエットで栄養が不足すると髪がパサパサになるのはこのため。
    髪の毛は栄養の優先順位が低いので栄養が届くのは後回しにされてしまうんですね。
    しっかりとした食事が奇麗な髪の近道です。
  • やっぱり基本はシャンプー

  • 毎日のヘアケアの基本は、シャンプーで頭皮の汚れをすっきり落とすことです。
    でも、濡れた状態の髪はキューティクルが開いており、髪の内部の水分が流れ出しやすいため、間違った方法でシャンプーをすると、かえって髪を傷めることに。

  • まず間違っていけない事は、シャンプーとは髪を洗うものではなく、頭皮を洗うためのものです。ですので、髪をごしごし洗うことは厳禁です。シャンプーは頭皮をマッサージするように洗いましょう。
    出典 :ヘアケアの基本|ヘアケアの方法
  • シャンプーの役割

  • シャンプーの主な役割は以下の3つです。
    ・頭皮を清潔にする。
    ・頭皮の結構を促進する。
    ・リンスやトリートメント・育毛剤の効果を高めるための頭皮環境の改善。