稽留流産手術に保険適応!?心身のケアのためにも知っておこう!

稽留流産手術に保険が適応されるのかを知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。精神的な負担が大きいこともあって、なかなか保険のことなんて考えられない状況の人も多いのかもしれません。

view266

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 稽留流産のリスクを知ろう

  • 稽留流産とは他の流産とは異なり、心身に影響を与えるものです。

  • 繋留流産とは、妊娠初期によく見られる症状で、お腹の中の赤ちゃんの成長が停止し、すでに亡くなっているにもかかわらず、2週間以上ずっと母胎に残ったままの状態を指します。
    出典 :繋留流産 手術 保険
  • そのまま放置しておくと、大量出血が起こったり、次の妊娠に出る悪影響なども懸念されるため、母体の健康を考えれば、胎児の死亡が確認されたあと、早めの手術が必要です。
    出典 :繋留流産 手術 保険
  •  

    早めの手術が母体にはよいのですが、後日心拍が確認される可能性があることと、本人の心の整理ができるようにといった意図で、一週間後に再検査をして確定するところが多いようです。

  • 稽留流産と診断された場合の治療法は、子宮内をきれいにする子宮内容物除去手術を行うか自然流産を待つ方法があります。
    出典 :稽留(けいりゅう)流産
  • 子宮内容物除去手術を行う理由は、子宮内での感染を防ぐためです
    出典 :稽留(けいりゅう)流産
  • 術後回復してすぐ次の妊娠が可能になる人もいますが、ずっと痛みや出血が長引いたり、掻爬したあと血が子宮内に溜まり、また炎症を起こして掻爬が必要になったりする人も少なくありません。
    出典 :繋留流産 手術 保険
  • どういう内容であれ、手術にリスクはつきものです。

  • 自然流産を選択した場合は、夜中の大量出血や感染症などのリスクが高まることを認識する必要があります。また、組織が子宮内に残っていると手術しなければならないので慎重に検討したほうがいいでしょう
    出典 :稽留(けいりゅう)流産
  • 自然流産を待つ病院もあるようですが、稽留流産の処置の選択は自分自身ですから、病院で内容をしっかり聞くことが大事のようです。

  • 大量の出血、陣痛のような痛みを伴い、出産とそれほどかわらない身体の負担がかかると言われていますので、体質にもよりますが、リスクが高いことを理解しておきましょう。
    出典 :繋留流産 手術 保険
  • 稽留流産は他の流産と違って、本人に自覚症状がないのが特徴のようです。ですから、心身の整理をつけるためには、時間と母体の安全について、しっかり意識をもつ必要があるのですね。

  • 稽留流産手術に保険がおりる!?

  • 稽留流産や不全流産の後で行われる流産手術は、流産のあとの必要な治療行為であるため、保険が適用され、三割の自己負担で手術を行うことができます
    出典 :保険が適用される流産手術とされない流産手術 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  •  

    稽留流産や不全流産の後は子宮の内容物が残ったままになり、最近感染リスクが発生します。そのリスクを回避する流産手術は、立派な治療行為になり、健康保険の適用範囲になります。

  • 最近では生命保険でも、女性特約などが増えてきましたので、給付の対象になることが多くなりました
    出典 :繋留流産 手術 保険
  • 入院保険には、婦人病の特約が付いている場合があります。特約がなくてもカバーされていることも。約款には稽留流産ではなく「その他の子宮に関する手術(中絶を除く)」に該当するようです
    出典 :稽留(けいりゅう)流産
  • 自分が今入っている保険がどういう内容のものか、確かめておく必要がありそうですね。

  • 保険の給付を受ける際、口頭で流産と伝えても給付されません。
    きちんと担当の医師に診断書を作成してもらい、それを提出する必要があります
    出典 :保険が適用される流産手術とされない流産手術 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 手術をした直後は悲しみの真っただ中で
    医療保険の事なんて考えもつかないかもしれませんが、
    落ち着いたらご自分の持っている医療保険を調べてみることをお勧めします
    出典 :稽留流産手術は医療保険の適用手術です:稽留流産(けいりゅうりゅうざん)したママのサイト
  • 稽留流産は、本人にとっては言葉にならないほどの辛さがあるものでしょう。でも、大事なのはこれからの自分自身の身体であることを忘れてはいけません。妊娠には様々なトラブルはつきものですから、多様な保険の中から、これからの自分に必要な保険があるものを選ぶようにしたいですね。