【夏本番】「熱中症」に注意! 症状、対策をまとめました!

「熱中症」の症状や対策をまとめました!子供も大人も要注意なんだよ~!

view135

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「熱中症」とは?

  • 熱中症

     

    スポーツをしていない人も、多くの人がなりやすいこの症状。

  • 熱中症(ねっちゅうしょう、heat disorder, disorder due to heat, heat illness)は、暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称[1]。屋内・屋外を問わず高温や多湿等が原因となって起こる。
    出典 :熱中症 - Wikipedia
     

    屋内でも起こりうるから、注意が必要!

  • 熱中症は、運動や暑熱から起こる体の障害の総称です。 熱射病ねっしゃびょうや 日射病にっしゃびょうと呼ばれているものは、重症の熱中症のことです。
    出典 :熱中症| 外傷 - Yahoo!ヘルスケア
     

    「熱射病」も「日射病」も、「熱中症」のことだったんだ!知らなかった!

  • 「熱中症」にかかりやすい原因

  • これからの時期が、要注意!

  • 暑い夏には熱中症を心配するものですが、熱中症はたしかに梅雨明け後の7~8月にもっとも起こりやすい、といわれています(ただし9月後半の残暑に入っても、油断は禁物です)。
    出典 :熱中症 症状・予防・応急処置のポイント 2分チェック
  • また、気温でみると、最高気温が30℃となるあたり(いわゆる「真夏日」)から熱中症の患者の発生がみられ、33~34℃あたりになると患者数が急激に増加するといわれます。


    特に気温が36℃を超えると、人体の皮膚温を上回ることで体温調節に重大な影響を及ぼすため、熱中症による死亡者数が多発するとのデータもあります。
    出典 :熱中症 症状・予防・応急処置のポイント 2分チェック
     

    死亡する可能性も高いんですね。軽く見てはいけないな。

  • 気温が高いから、熱中症になるわけではない!湿度にも注意して!

  • 気温がさほど高くなくても、湿度が80%を超える日は汗が出にくくなるために、体内に熱がこもりやすくなります。

    たとえその日が涼しくても、前日まで熱帯夜が続き、高齢や睡眠不足から体力が落ちているような場合は、熱中症となるリスクが潜在的に高まっています。


    室内で静かにしていた高齢者の方が熱中症で倒れる場合もありますし、梅雨どきの湿度の高い日に、体調のすぐれない子供が体内の熱をうまく放出できずに熱中症になる場合もあるのです。また夏場の閉めきった浴室での長湯では、入浴中の高齢者の熱中症が起こりやすいとされます。
    出典 :熱中症 症状・予防・応急処置のポイント 2分チェック
     

    入浴時も気を付けないといけないみたい。高齢者や子供、体力の落ちている人は、特に気をつけて!

  • 症状

  • 熱中症は、軽症の熱けいれん、中等症の 熱疲労ねつひろう、重症の熱射病の3つに分類されます。
    出典 :熱中症| 外傷 - Yahoo!ヘルスケア
  • 対策

  • 砂糖がポイント!

  • 熱中症予防の水分補給として、日本体育協会では、0.1~0.2%の食塩(ナトリウム40~80mg/100ml )と糖質を含んだ飲料を推奨しています。特に1時間以上運動をする時は4~8%の糖質を含んだものを摂取しましょう。
    出典 :効率的な水分補給|大塚製薬
     

    糖質が大事なんだ!

  • 冷えたイオン飲料や経口補水液の利用が手軽ですが、自分で調製するには1リットルの水、ティースプーン半分の食塩(2g)と角砂糖を好みに応じて数個溶かしてつくることもできます。
    出典 :効率的な水分補給|大塚製薬
     

    塩だけじゃなくて、砂糖も入れるといいんだね!