ノロウィルスが再び大流行

ノロウィルスが再び大流行!
最近、またニュースなどで話題になっています。

感染すると大変なことになってしまう「ノロ」
改めてどんなウィルスなのか、どう予防、対策したらよいのか…
まとめてみました。

view421

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ノロウイルスとは?

  •  

    ノロウイルスとは人の小腸粘膜で増殖するウイルスです。従来は小型球形ウイルスと呼ばれていました。主に11月から3月にかけて胃腸炎を起こします。少量のウイルス(100個以下)でも発症し感染力のとても強いウイルスで保育園や高齢者施設など集団生活の場では、感染がひろがり集団発生を引き起こしやすいといえます。

    引用)http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/tamakodaira/kansen/noro.html

  • ノロウイルスの大きさは、直径27nm~37nm。RNA遺伝子をもち、カプシド(正20面体)構造体をもつ小さな球形のウイルスです。ノロウイルス感染症はウイルス性食中毒の代表とも呼ばれる感染症であり、厚生労働省の調べでは、感染者数が年々増加傾向にあるウイルス性食中毒として危険性が示唆されているウイルスでもあります。以前は小さな球形状のウイルス形状を持つことから小型球形ウイルス(SRSV)と呼ばれておりましたが、2002年に開催された国際ウイルス学会にて「ノロウイルス」と世界的に称号が統一されております。
    出典 :ノロウイルス3大症状【潜伏期間ナビ】
  • ほんの少しのウイルスでも感染しちゃうんですね~・・・保育園、幼稚園などでは集団感染に注意が必要です。

  • ノロウイルスはいつ?どんな時に?

  •  

    毎年11月頃から翌年の4月にかけて、ノロウイルスの感染を原因とするウイルス性のおう吐・下痢症が流行します。特に保育園(所)、幼稚園、小学校などの子ども達が集団生活を送っている施設では、内部でヒトからヒトに感染し、爆発的に流行することがあります。ノロウイルス感染症は、牡蠣(かき)などの2枚貝の生食による食中毒が有名ですが、保育園(所)、幼稚園、小学校などで発生した集団感染の大半は、誰かがまずノロウイルスに感染し、施設内でヒトからヒトへ感染して拡がっていくというものでした。

    引用)http://idsc.nih.go.jp/disease/norovirus/taio-a.html

  • まさに寒いこの時期は特に注意が必要なんですね。

  • ノロウイルス感染症の原因

    ノロウイルスによる食中毒は、以前はノロウイルスに汚染されたカキやアサリ、シジミなどの二枚貝によるものが最も多いと言われていました。ただし、ノロウイルスは貝類自体には感染しないと考えられていて、ウイルスが貝の体内で直接増殖するわけではありません。実際には貝は大量の海水を取り込み、プランクトンなどのエサを体内に蓄積するのですが、それと同じメカニズムで海水中のウイルスも体内で濃縮、蓄積されると考えられています。ところが、近年はこういった2枚貝が食中毒の原因となることは減少しており、カキが食材とされる集団食中毒も激減しています。疫学的には、カキ以外の食材、あるいは直接・間接的なウイルスへの接触による、原因のはっきりしない感染経路が圧倒的であると考えられています。
    出典 :ノロウイルス・ロタウイルスの症状・感染経路
  • 飛まつ感染、嘔吐物を触ったりなどの接触感染などがあるそうです。感染力が強いのが・・・やっかいですね。

  • ノロウイルスに感染したら・・・どうなるの?

  • 下痢だけではなく、嘔吐が多い

     

    ノロウイルスは下痢だけではなく嘔吐を引き起こすことが特徴です。下痢であれば、ウイルスはトイレで流されるため広がりにくいのですが、嘔吐の場合、適切に処理・消毒をしないとウイルスが床に残ります。乾燥しホコリと共に空気中に舞い上がり感染が広がっていくこともあります。手指からの感染ばかり気にする方も多いですが、このような感染経路も気をつけてください。

    引用)http://tatujin.net/noro.html#8

  • 対策は?

  • 予防方法は?

    ウイルス性のものに対しては流行期の手洗いと患者との濃厚な接触を避けることが感染予防のポイントです。
    (1)最も有効な対策は手洗いです。トイレを使用した後、調理の前、食事の前には必ず手を洗いましょう。石けんと流水で30秒以上かけて良く手を洗いましょう。手拭は、共用タオルの使用はさけペーパータオルなどを使用します。
    (2)部屋やトイレで吐いた場合は、部屋の換気を十分に行いながら、吐物をふき取り、ふき取ったあとを塩素系消毒剤で消毒します。下痢や吐物を処理するときは素手でさわらず使い捨てビニール手袋と使い捨てマスクなどを使用しましょう。
    (3)汚れた下着や床などは次亜塩素酸ナトリウム(家庭用漂白剤)などの塩素系消毒薬を使用して消毒します。
    (4)食品を介した感染を防止するためには、手洗いを充分に行うこと、食品を十分に加熱することが効果的です。他にも手指や調理器具などの洗浄・消毒を厳守し、生野菜などは十分に水洗いしましょう。
    出典 :ノロウイルスとは? 東京都福祉保健局
     

    特に小さな子供には徹底させる必要がありますね。

  • 治療法

     

    特効薬はありません。症状の持続する期間は短いですから、その間に脱水にならないように、できる限り水分の補給をすること(場合によっては病院で点滴をしてもらって)が一番大切です。抗生物質は効果がありませんし、下痢の期間を遷延させることがあるので、ノロウイルス感染症に対しては通常は使用しません。その他は吐き気止めや整腸剤などの薬を使用する対症療法が一般的です。下痢が長びく場合には下痢止めの薬を投与することもありますが、最初から用いるべきではありません。

    引用)http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/tamakodaira/kansen/noro.html