朝、寝起きに実施すると目覚めが良くなること!

朝起きれない時に実施するとよいこと…たくさんあるが1つ1つまずは実践してみましょう!

  • cross 更新日:2013/11/21

view607

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 少しでも外に出て朝日を浴びる!

  • 朝日を浴びるためには、できれば少しの時間で良いので外に出ると良いと思います。
    新聞を取りに行くくらいでも十分効果がありますし、玄関からでて伸びをするくらいでも大丈夫です。
    外に出る気力がないときでも、カーテンを開けて窓から朝日を浴びるようにすると、体内時計を調整する効果がありますよ。
    出典 :朝の眠気を吹きとばせ!寝起きにやってほしい3つのこと | 不眠症対策のファイナルアンサー
  • 水などの水分補給する。

  • 一晩のうちにコップ一杯の汗をかくと言われているくらい、就寝中にはかなりの量の汗をかいています。たとえ冬だとしても、就寝中の発汗量はとても多いのです。そのため、寝起きは体内の水分が不足しています。 ですので、朝起きたらなるべく早いタイミングで水分を補給して、水分の不足を解消しましょう。私の場合、枕元に常に水のペットボトルを置いているので、起きてすぐに水を飲むようにしています。
    出典 :朝の眠気を吹きとばせ!寝起きにやってほしい3つのこと | 不眠症対策のファイナルアンサー
  • 脳を起こすために、糖分を取ろう!

  • 寝起きは体内の血糖値が低くなっているため、活動をするためのエネルギーが足りずに、頭がボーっとした状態になりがちです。特に、体質的に血糖値が低めな人の場合は、朝起きるのはとても辛いので、できるだけ早く糖分を補給することが大切です。糖分を補給するためにおすすめなのは、バナナなどの手軽に食べられる果物を食べるか、ジュースを飲むことです。これらは体内への吸収が良いので、すぐに血糖値を高めて活動するためのエネルギーを補給することができますよ。
    出典 :朝の眠気を吹きとばせ!寝起きにやってほしい3つのこと | 不眠症対策のファイナルアンサー
  • バナナ

     

    バナナは、寝起きをよくするセロトニンの原料トリプトファンが多く含まれている。

  • 牛乳

     

    バナナと同様に、トリプトファンが多く含まれている。
    バナナと牛乳をシェイクすると最強かもしれない!

  • 神経を活発にするために、シャワーやお風呂に入る。

  • 鈍っている交感神経の働きを活発に働かせてやることができれば、体も頭も活動態勢に入ること。熱めのお湯(42~44℃くらい)のお風呂に短時間でも入ることで、交感神経が活動し始め、細胞や内臓や筋肉も、活動を始めます。お風呂を沸かしている時間がない人は、熱めのシャワーでもかまいません。
    出典 :寝起きがつらい 『快適に目覚め、活動するためのヒント3』 【健康辞典】
  • 軽いストレッチや運動をして、からだを刺激する。

  • 朝ヨガ

     

    ◆朝ヨガ
    ・まずは、アグラを組んで目をつぶりながら深呼吸を3回
    ・深呼吸を繰り返しながら、首を左右に8回ゆっくり回す
    ・肘を張って肩を前後に8回ゆっくり回す
    ・足を伸ばして、片方を膝の上に乗せて、足首を前後に8回ゆっくり回す
    ・反対の足も繰り返す

  • ストレッチ

     

    ◆朝ストレッチ

    ・肩甲骨ストレッチ
     両足を肩幅くらいに開く。
     肩甲骨が伸縮する感覚を意識しながら、片方の肩を上げ前方にゆっくり下げていく。
     反対側も同じ動作をします。5回程度繰り返す。
     腕を後ろに回し、手の平を合わせて普通に組む。
     背中で手が届かない人はタオルの両端を握っても◎そのまま30回ほど上下させます。

  • ラジオ体操

     

    朝からだを動かす運動の王道!
    「ラジオ体操第1」と「ラジオ体操第2」がある。
    放送としては国内向けAMラジオ2波で合わせて1日4回放送されている。

  • 「家の中に居てもラジオ体操ならできるだろう?体を動かさないと凝り固まってしまうぞ。」
  • ヾ(´Д`)ノ朝からラジオ体操気持ちええなぁー!!
  • 朝のラジオ体操が日課です。