馬も牛も人もなる?ワラビ中毒とは

ワラビ中毒ってしっていますか?馬も人も牛もなるといわれる
この中毒とは一体?

view763

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ワラビ中毒?

  • ワラビ中毒とは、牛や馬、羊などの家畜に発生するワラビの摂取ば原因とする中毒。1960年代に牛の慢性血尿症がワラビの多い牧場で発生することが報告され、1960年代に牛にワラビば与えると急性ワラビ中毒症として白血球や血小板の減少や出血などの骨髄障害、あるいは慢性血尿症が発生し、その牛の膀胱に腫瘍が発見されだ。
    出典 :~中毒症~ ワラビ中毒
     

    こわいですね

  • 症状は

  • 馬では、ワラビ中のアノイリナーゼによって体内のビタミンB1が破壊されて、チアミン欠乏、多発性神経炎がおこる。症状として運動失調、末期には間代性痙攣および後弓反張。かつて柳川病、腰ふら病とも呼ばれていた。治療にはビタミンB1の投与および対症療法が行われる。鑑別疾患としてペレニアルライグラス中毒。
    出典 :ワラビ中毒とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)
  • 牛のワラビ中毒では馬の場合と違い、ワラビの中毒成分であるプタキロサイドによって造血臓器とくに骨髄の機能が障害され、再生不良性貧血や、血液凝固不全ばおこす。症状は可視粘膜蒼白、点状出血、血尿、タール様血便、凝固不全による出血など。治療には輸血、造血剤・抗生剤の投与ば行う。
    出典 :~中毒症~ ワラビ中毒
  • 人でも適切にアク抜きをせずに食べると中毒を起こす。また、調理したものであっても大量に食べると体じゅうが大量出血症状になり、骨髄がしだいに破壊され死にいたる。しかし、ワラビ中毒がきのこ中毒のように問題にならないことから判るように、副食として食べている程度ならば害はない。
    出典 :ワラビ中毒とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)
  • ネットで検索すると

  • わらび中毒

     

    "わらびには発癌物質であるプタキロサイドが約0.05-0.06%含まれる。また、調理したものであっても大量に食べると体じゅうが大量出血症状になり、骨髄がしだいに破壊され死に至る。"

  • "じゅうぶんなあく抜きをしないとチアミン(ビタミンB1)を分解するチアミナーゼがふくまれていて、人間や胃が1つのウマなどの動物に、死ぬこともある脚気(かっけ)をひきおこす。"
    また、
    出典 :わらび中毒 : あるちゅはいま日記
  • あく抜きをしないと

  •  

    わらびはいろんな山菜の中でもアクがきついほうで、アク抜きをしないで食すと、わらび中毒をひきおこし大量の出血状態に陥り、最悪の場合死に至ることもある。そして大量に食しても癌を発病する可能性があり美味しさの代償に尊いものを失ってしまう可能性がある。しかし正しい手順でアク抜きをすれば中毒を起こすこともないし、毎日でも少しずつしか食さなければ、癌の問題などほとんど気にしなくてもいいようだ。

  • わらびは収穫してすぐにアク抜きしたほうがいい。時間が経てばだんだんと硬くなっていき、食感が悪くなる。一番効果的なアク抜きは木灰を利用したアク抜きだろう。しかし木灰を普段からあるわけでもないし(通販で売っているが)やはり手ごろな重曹を使うのが手っ取り早いだろう。
    出典 :里山便り: わらびのアク抜き方法
  • あく抜きには重曹

  •  

    沸騰したお湯1リットルに対し茶さじ一杯の重曹を混ぜたものがいいとか悪いとかいろいろ言われている。 重曹の利点は手軽にアク抜きが出来るということで、それに対し欠点は重曹を入れすぎると、わらびが溶けてドロドロになってしまうことだ。 重曹が少なすぎてアクが抜け切ってないと中毒を起こすし、苦味やえぐみを残してしまうので、ついつい余計に重曹を入れがちだが、某のアク抜きは約2リットルのお湯に対して茶さじ1杯くらいにしている。

  • 朝早く山に出かけて昼過ぎには帰宅し、そのままアク抜き作業に入る。たっぷりのお湯にそれに見合った量の重曹を入れて、熱いまわらびに注ぎ込む。しっかりとすべてのわらびがお湯に漬かるように、上に何か重しをのせて わらびが浮かび上がらないようにして、翌日の朝まで12時間以上も そのままにしておく。
    出典 :里山便り: わらびのアク抜き方法