アイプチのし過ぎで・・・?アイプチの危険についてまとめ

パッチリ二重瞼に憧れてアイプチを使っている人はアイプチの危険についてもよく知っておかなくてはいけません。今回はアイプチの危険についてまとめてみました。

view542

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アイプチとは?

  • 瞼に塗って抑えるだけで簡単に二重が出来るという二重化粧品アイプチ。ノリで瞼を接着しているわけですから瞼の健康にはあまりいいものではありません。

  • かぶれ

  • 強引にふき取る事でかぶれを引き起こしてしまったり、体質に合わずに瞼がはれ上がることがあります。

  • 瞼の伸び

  • 瞼が伸びてより腫れぼったい一重まぶたになってしまう事もあります。

  • 眼瞼下垂

  • アイプチの使い過ぎは瞼が伸びるだけでなく、瞼が明けにくい眼瞼下垂を引き起こしてしまう事もあるのです。

  • 眼瞼下垂って?

  • 眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたが下がっていたり、開けづらくなったりする状態です。
    目を開けていても黒目の部分が半分以上隠れてしまっていれば明らかに眼瞼下垂と言えますが、左右の目の大きさが少し違うといった程度のこともあります。
    片方の目だけに起こることも両目に起こることもありますし、生まれつきの方やそうでない方もいます。
    まぶたは年齢と共に多少下がってくることが多いので、成人の眼瞼下垂は必ずしも病気とは言えませんが、それによって視界が狭くなったり、目が疲れやくなったり、肩凝りや頭痛などの症状が起こったりする場合は治療を考えることになります。
    また、何か別の病気の症状の一部であったり、ケガや手術の後遺症として起こったりすることもあります。
    出典 :眼瞼下垂とは|眼瞼下垂|ドクター's コラム|eo健康
  • 眼瞼下垂になってしまったら治療は手術しかありません。