妊娠初期に茶色い出血やおりものが!これって大丈夫?

妊娠初期に茶色い出血やおりものがあるんだけど、これって大丈夫なのかなあ?出血と思うとやはりちょっと心配になりますよね。同じような症状を体験した人のアドバイス&治療や原因についてまとめてみたのでぜひ参考にしてください。

  • S 更新日:2014/11/20

view23624

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期に茶色い出血やおりものがあるときは

  •  

    妊娠初期に茶色い出血やおりものが!
    とても心配ですよね•••。

  • そんなとき頼りになるのが実際に同じような症状を体験した人の声。
    今回は妊娠初期の茶色い出血やおりものについての体験談からその原因や対処法をまとめてみました。
    妊娠初期のプレママはぜひ参考にしてくださいね!

  • 実際に体験した人の声を集めました!

  • あまりに茶色いおりものが続くので、心配になり病院で診てもらいました。
    出典 :妊娠初期で茶色い出血・おりものが続く、大丈夫でしょうか? - Yahoo!知恵袋
     

    この方の場合、担当の医師から言われたのは
    ・妊娠初期の茶色い出血は心配ない
    ・原因は赤ちゃんの成長により子宮内の毛細血管が切れているから
    ・生理の2日目のときのような鮮血が出る場合は注意
    といった内容だったそうです。
    うーん•••。すぐ治まったならともかく長く続くと余計心配になりますよね。
    それでも茶色い出血は問題ないものだったんですね。よかった〜!

  • 五週から生理みたい赤い血やら 茶色い血がず~っと一ヶ月くらいでてました!生理か! というくらい。
    出典 :妊娠初期で茶色い出血・おりものが続く、大丈夫でしょうか? - Yahoo!知恵袋
     

    この方の場合は病院でお薬を処方されたのですがそれでも続いたようです。
    病院の医師からは『薬は気休め』と説明を受けたそう。
    ひと月ほど横になって安静にもされていたようですね。
    これは、ママはもういてもたってもいられない感じになっちゃいますね•••
    さぞご心配されたことでしょう。
    でも大丈夫!赤ちゃんは元気に成長されたようです。
    ご自分で色々お調べになり、妊娠初期の出血や茶色のおりものは珍しいことではなくそれほど心配しなくても良い。無事に出産されている人も多いということをおっしゃっています。
    こんなこともあるんですねー•••。

  • 私は5~7週の間だらだらと茶色の出血が続き、一度治まったものの、11週で鮮血。
    出典 :妊娠初期で茶色い出血・おりものが続く、大丈夫でしょうか? - Yahoo!知恵袋
     

    鮮血が出た時点で治療開始となり、入院や投薬などの処置を受けられたそう。
    逆に言うと、初期の茶色い出血やおりものに関してはその時点ではまだ流産などの危険を伴う症状なのか、問題のない生理的な出血なのかの判断がつかないということらしいですね。
    対処法・治療法は安静にしておくこと。
    この方も無事に赤ちゃんをご出産されているとのこと!勇気づけられますね♫

  • 妊娠初期の問題のない茶色い出血やおりものとは?

  • 『問題ない』とか『あまり心配いらない』と言われても、だって出血でしょ?どこか傷ついているから出血してるんだよね?という疑問が残ります。
    では妊娠初期の、心配のない茶色い出血やおりものはなぜ『心配がない』のでしょうか?

  • ■絨毛性の出血

     

    妊娠初期の出血でいちばん多いケースらしいです。

  • 赤ちゃん側のの絨毛細胞が子宮内膜に入り込む過程で、子宮の内膜の血管が破綻して起こる出血。
    出典 :妊娠初期の出血で考えられるもの~みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門
     

    胎盤が作られて行く過程の中で、血管が次々と新しく作られていくために起こるとのこと。
    出血は10週目〜15週目まで続くことがあります。
    絨毛性の出血は特に治療を必要とせず、安静に過ごすことが基本!

  • ■着床出血

     

    繊毛性の出血に似ていますが、こちらは着床が原因になる出血。

  • 受精卵が子宮の内膜に入り込む《着床》過程で起こる出血
    出典 :妊娠初期の出血で考えられるもの~みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門
     

    受精卵は着床した際、絨毛という根っこのような役割を果たす突起を子宮内膜にもぐり込ませます。
    その際ママの子宮内膜の血管が切れてしまい起こる出血のこと。
    この絨毛は最終的に、赤ちゃんに栄養を受け渡す胎盤となります。
    この出血で注意が必要なのは、出血の時期が生理開始日と重なってしまう可能性が高いこと。
    生理だと思っていても、出血の量が少ない場合や、生理開始予定日より少し早いなどの場合はもしかしたらこの着床出血かもしれません。

  • なるほど。確かにこれらの出血が赤ちゃんに危険が迫っているものではなく、むしろ赤ちゃんの成長に関するものであることが分かりますね。

  • ■ただし自己判断は禁物。出血が見られた場合はすぐに婦人科を受診して確認を!

  • 妊娠初期に茶色い出血やおりものがみられて不安になっている人は少し安心していただけたのではと思います。
    ただ、どの症状にも病気にも言えることですが自己判断は危険です。
    例えば出血の色ひとつとっても、『茶色い』とはどのくらい?『生理2日目のような鮮血』ではないと思うけれど•••といった曖昧な部分がたくさん出てくるものです。
    実際に医師に確認してもらうまでそのような不安は消えなかったりします。
    ですので、出血や茶色いおりものなどの異常があった場合、たとえ大丈夫と思っても受診することをおすすめします。
    また、事前になんでも医師から聞いておいた方が良いと思います。そうすれば心配事も減りますし、精神的にも安定した妊娠生活を過ごすことができますよ。