アクティブバースって?聞き覚えがない?

アクティブバースって聞いたことありますか?
本能のままという出産☆

view203

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アクティブバース

  • アクティブバース

    病気ではないのに病院主導で行われるお産に疑問を持った妊婦たちが、医療に頼りきるのではなく、自由な姿勢をとりながら、自分の力で産もうと主体性をもって挑むお産のことを「アクティブバース」と呼びます。陣痛のときも出産のときも、自分がいちばんラクでリラックスできる姿勢と方法をとる、いわばフリースタイルの分娩
    出典 :アクティブバース [チビタスキーワード] All About
  • 主に助産院で積極的に行われています。体の要求を受け入れれば、恐怖心が薄れ、スムーズに自力で産めるという発想が元になっています。呼吸法やリラックス法、上体を起こした姿勢座位で生む「座位分娩」といった方法も。ただ、設備が必要なため、実施している病院は限られています。
    出典 :アクティブバース [チビタスキーワード] All About
  • 考え方?

  • ① 子どもを産む女性とその家族が出産の主体であること
    ② 産婦は陣痛期から立ったり歩いたり、しゃがむなど
    、自分の好む姿勢で過ごし、分娩体位も自由であること
    ③ 呼吸法・リラックスなども特に決まり事がないこと
    ④ 出産環境は産婦がリラックスできるように整えれていること
    出典 :アクティブバースとは
  • いろんなスタイルがある

  • この頃はタレントさんが自宅出産をして話題になることが 増えましたが、これもアクティブバースですね。
    水中出産、座位分娩、フリースタイルなど様々ありますが、 お母さんがリラックスできるのが一番の方法。
    出典 :caramel milk...のんびり育児♪
  • アロマを焚いたり、足浴をしたり、ロウソクをともしたり する人もいます。

    私は2人目3人目をフリースタイルで出産しました。
    これはお母さん自身が自由にラクな姿勢で産むこと。
    例えば、しゃがんでも、四つん這いでも、立ったままでもOKです。
    出典 :caramel milk...のんびり育児♪
  • 縦型が多い理由があった

  • ◎身体を起こした姿勢は重力を利用できる
    ◎赤ちゃんの頭がママの骨盤の中に入りやすくなる
    ◎卵型の子宮の形を最後までキープできるので
     赤ちゃんが正しい方向へ回旋しやすい
    出典 :アクティブ・バース | 助産院ばぶばぶ 大阪・阿倍野
  • http://babu-babu.org/506(一部引用)

     

    ◎骨盤への子宮の圧迫が少ないために、余分な痛みを感じなくて済む
    ◎重い子宮の大血管への圧迫による血流低下がない
     →胎児仮死の危険性が少ない
    ◎赤ちゃんと子宮壁の間にへその緒が圧迫される危険性が少ない

  • 短所があるとすれば

  • 反対にアクティブバースと短所は「なにをしていいかわからない」ということです。もちろん赤ちゃんを分娩するのが目的ですが、「医師や助産師に誘導、介助されたほうが安心できる」と感じる人もいるでしょう。また助産院や自宅出産だと、もし何かあったときに大病院との連携が取れていないと対応が遅れやすいことも確かです。
    出典 :アクティブバース-妊娠用語辞典
  • 色々あるよう

  • http://babu-babu.org/506(一部引用)

     

    うろうろ歩いたりスクワットを始めたり、
    足をバタバタさせてみたり、
    毛布をかぶって暗闇の中で瞑想してみたり、
    バランスボールの上でポヨンポヨンと
    跳ね続けてみたり。
    毎回、その都度、やりたいことは違っていました。