脱水症状の時の頭痛で分かる「かくれ脱水」を知ろう

脱水症状の時の頭痛には、急性の脱水症状による、めまいや吐き気を伴う症状と、慢性的にずっと頭痛がしていて、だるかったりすることによる慢性的な脱水症状によるものがあるとご存知でしたか?
特に冬場の乾燥している時期、寒さによって水分をどうしても摂らないで、気がついたらずっと頭痛。それは「かくれ脱水」では?

view6601

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「かくれ脱水」とは?

  • 夏になると熱中症や脱水症に注意するようにと、テレビの報道番組などでよく警告されています。
    ところで、脱水状態というのはどんな状態のことを言うのでしょうか。
    それは、身体の中にある体液が失われた状態で、水分と電解質が身体から奪われてしまった状態のことをいいます。

    身体から水分が奪われてしまうと、身体の中に流れる血液量も減ってしまいます。
    それによって、身体の中にある臓器が正常に動かなくなったり、脳への血流も減ってしまう危険性もあるので、脱水症は、普段から注意しなければならないのです。

  • かくれ脱水ってなんだろう?

     

    熱中症を引き起こす脱水症状。これには夏場だけではなく秋から冬にかけての脱水も多いのです。
    脱水症状の頭痛ということも情報として、頭にいれてみてください。

  • 冬は夏のように大量の汗をかかないから、特に水分補給なんて必要ない、と思っているかもしれませんね。でも、冬も脱水症を引き起こすのです。しかも、夏場の脱水症以上に突然おこります。
    出典 :冬の「かくれ脱水」に要注意/突然おこる冬脱水
     

    実は、夏よりも危険な脱水!

  • 高齢者が一人暮らしになると、人のために食事を作る喜びが少なくなり、自分のために作るだけですから、何を食べたか忘れるほどに食事の楽しみが減ってきます。ただでさえ体液が減少しているのに加え、全体に食事が減って、食事から水分や栄養素が摂れない。「かくれ脱水」と低栄養が同時に起こりやすいわけです。
    出典 :高齢者の熱中症予防は、「かくれ脱水」対策からです | 熱中症、脱水症状のことなら かくれ脱水JOURNAL
     

    高齢者にも多い症状なんです。

  • よく誤解されるのですが、脱水症とは単なる水の不足ではありません。脱水症は体液が失われた状態ですから「カラダから水分が失われるだけではなく、電解質も同時に失われた状態」のことです。本委員会の委員長である服部先生はニュアンスとして「脱塩水症」の方が近いともいわれています。
    出典 :脱水症って何? | 熱中症、脱水症状のことなら かくれ脱水JOURNAL
     

    「脱水症状」とはこのような仕組みでなるんです。

  • 《冬の隠れ脱水の症状》
    ・身体が重くてだるい感じがし、頭痛がする。
    ・肌がガサガサになった。
    ・口の中がネバネバして、食べ物が飲み込みにくい。
    ・めまいや立ちくらみがする。
    出典 :うるのん豆知識 | ウォーターサーバーなら「おいしい水の贈りもの うるのん」【公式】
  • 脱水症状の時の頭痛の原因は?

  • 頭痛が起きると言うのは、そんな脱水症状など 体内の危険性を知らせてくれているサインかもしれません。
    出典 :頭痛と脱水の意外な関係
     

    体の不調を教えてくれる、体が何かのサインを送るときに「頭痛」という手段で、私たちに教えてくれているのかもしれません。そのときに、自分はきちんと水分を補給していると言えますか?

  • 体内の水分を失っていくと様々な症状が出てきます。体重に占める水分減少率の割合と共に、起こる症状は以下の通りです。
    体重の約5% → 頭痛、熱にうだる感じ
    出典 :過信は禁物! 熱中症を招く「かくれ脱水」とは? [医療情報・ニュース] All About
  • 微熱、軽い頭痛、乾燥を感じる、眠気が取れない。
    熱中症まではいかないけど、脱水になるとこうなってくるそうなのです。
    出典 :足がつったり頭痛がしたり、そんな時には経口補水液! 隠れ脱水に気を付けよう|こつこつしあわせin大阪
  • 「かくれ脱水」にならないための予防法は?

  • 「かくれ脱水」の対処方法

     

    乾燥が禁物です。
    そして、水分補給を。出来れば、真水ではなくナトリウムなどが入っている電解質の水分を。

  •  

    ポカリスエットで水分補給をすることができますが、気になることがただ一つあります。
    それはカロリーです。

    そこで手作りできる電解質飲料を作ってみてはいかがでしょうか。
    お子さんがいるご家庭や、高齢者のいるご家庭など、急いで電解質飲料を飲ませなければならないとき、いちいち外へ買いに行く暇がないということもあるでしょう。

  • 手作りの電解質飲料の作り方☆

  • 用意するもの☆
    お湯と砂糖、塩のみです。

    ①まずお湯1リットルに砂糖が40グラム、塩を溶かします。
    ②よく混ぜたら出来上がりです。

    砂糖を入れる理由は、電解質物質の塩を体内に吸収させるためには砂糖の力が必要だからです。

    この手作りの電解質飲料は、子供が熱を出したり、下痢やおう吐をしたときの水分補給としても使えるので、是非覚えておきましょう。

  •  

    市販のスポーツドリンクのカロリーが気になるときに使える方法があります。

    その方法とは、スポーツドリンクをお湯で半分に薄める方法です。

    これなら、カロリーを抑えることができるので、子供に飲ませても安心ですね。

  • こまめに水分を摂る、という一言につきますが、喉が乾くのを待っているのでは補給が間に合わない場合があります。3度の食事やコーヒーブレイクの合間に1度、必ず水分を摂るように気をつけましょう。
    出典 :冬の脱水症状で頭痛が起こる!「かくれ脱水」の予防策 | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け
  • 実は脱水状態を改善するためには、単に真水を飲むだけでは不十分。カラダから水分が失われる際には、一緒にナトリウムも失われているため、真水だけを飲むと、体内のナトリウム濃度を下げまいと水分が排泄され、結果的に脱水状態は改善されないのです!
    出典 :第1回 冬の“かくれ脱水”に要注意!? | web R25
     

    水分を補給しているからイイや!ではないのです。きちんとしたナトリウムの成分が含んだ水が良いのです。

  • 部屋の中に加湿器を置いておくのが有効です。こちらの加湿器もいいですよ。
    最近はあまり見かけなくなりましたが、ストーブの上に水を入れたヤカンをかけておくのもいいですね。
    出典 :冬の「かくれ脱水」に要注意/突然おこる冬脱水
     

    冬場の乾燥は禁物です。

    冬場に脱水症状を引き起こす可能性もあるので、室内をこうした湿気で満たすのも一つの方法です。

  • 冬脱水に気をつけましょう。
    冬の時期はとても乾燥しており、またお茶やコーヒーなどの水分をわざわざ取る暇もないということはありませんか。
    また部屋を閉め切った状態でエアコンなどをかけていると、部屋の湿度も下がり、風邪をひきやすくなったり、免疫力も低下してくるので注意しましょう。

    また夏の時期と比べると喉が乾きにくくなるので、脱水症状にまったく気がつかないこともあるので、要注意です。

  • いかがでしたでしょうか。
    脱水症は夏場だけではなく、乾燥する冬場も注意しなければなりません。
    特に、高齢者の一人世帯は注意を要する必要があります。
    脱水症になっても、誰にも気付かれずに、死亡してしまうケースもあるからです。

    脱水症になったら、何か飲み物を大量に服用してしまうと、体液が薄められてしまう危険性もあります。
    そうならないためにも電解質濃度の高い飲み物を普段から常備しておくことがたいせつなのです。
    ナトリウム塩とカリウム塩を含んだ水が売られているので、こうした水をこまめに飲んで予防しましょう。