季節の変わり目になる【ゆらぎ肌って】なに?

季節の変わり目になるゆらぎ肌。なんとなくお肌の調子が悪い時は、これが原因かもしれません。

view106

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ゆらぎ肌

  • 【ゆらぎ肌】は、自分のベストな肌状態とは異なる、というような違和感を覚えるお肌状態を指しています。急なカサカサ感やピリピリ感、ハリのなさなど、一時的にお肌が敏感に傾いている状態
    出典 :ゆらぎ肌って、なに? - オーガニック化粧品「ミッシェルビオ」ウェブサイト
     

    明確な原因や大きな変化とまでは言えないけれど、お肌がゆらいでいる・・・それは、ゆらぎ肌かもしれません。

  • 季節の変わり目など、急激な気温の変化や環境変化により、お肌が敏感になっている状態を言います。ここ数年の間に出てきた新しい肌タイプで、女性の間で急増しているそうです。
    出典 :季節の変わり目は、お肌の調子が悪くなる? | スキンケア大学
     

    敏感肌と同じような特徴を持っているため、気がついていない、もしくは勘違いしている人も多いのだそう。

  • これ、あてはまってたらゆらぎ肌かも

  • 季節の変わり目に、いつも使っている化粧品が合わなくなっている気がする
    生理の前後、気分もイラつきがちで、肌荒れをしている
    ストレスや緊張が長く続き、お肌にハリがない、肌荒れしやすい
    仕事や遊びなどで深夜まで眠れなかった翌朝、いつもよりオイリーに感じる、つっぱるなど、違和感を覚える
    強い日差しを浴びた後、カサカサした乾燥状態になってしまう
    年齢を重ね、女性ホルモンのバランスの変化に伴い、お肌の変化を感じる
    出典 :ゆらぎ肌って、なに? - オーガニック化粧品「ミッシェルビオ」ウェブサイト
     

    チェックしてみましょう。

  • 季節の変わり目・・・どうしてゆらぎ肌になるの?

  • 原因は様々ですが、時期的に最も多いのが春先です。花粉の飛散量の増加や、年度の変わり目での生活環境変化によるストレス、紫外線、寒暖差などが刺激となって、急にニキビができてしまったり、乾燥したりと、お肌が敏感になってしまうようです。特に、外部環境の変化と、精神的なストレスによる影響も大きいと言われています。
    出典 :季節の変わり目は、お肌の調子が悪くなる? | スキンケア大学
     

    特に春は、寒さから温かい季節への変わり目。花粉も増えます。こういった原因が積み重なって、ゆらぎとしてあらわれているのです。

  • ゆらぎ肌、どう対処したら良い?

  • 洗顔はこすらず優しく
    朝の洗顔は寝ている間に分泌された油分や顔に付着したほこりを落とすことが目的です。冬場は乾燥気味だった肌も、この頃になると代謝が活発になり皮脂汚れもたまりやすくなります。肌のうるおい成分が流出しないよう手早く洗い、泡残しがないようにすすぎましょう。顔を拭くときはゴシゴシとせずに、タオルで肌を軽く押さえるようにして、水分をとっていきます。
    出典 :春先の不安定な肌状態「ゆらぎ肌」 [敏感肌] All About
     

    敏感になっている時にお肌をこすると悪化します。

  • 化粧水は「重ね付け」
    ゆらぎ肌対策で最も大切なのは「保湿ケア」。肌を安定した状態へ導いてあげるためにも、とにかく乾燥をしないように日頃から保湿を徹底する事がとても大切。衰えた肌のバリア機能を補う効果が高い、NMF(天然保湿因子)の構成成分や、セラミド成分が配合されている化粧品などを使用して土壌を整えるべくしっかりと水分を補給しましょう。
    化粧水を付けたら、すぐに美容液、クリームと重ね付けするのではなく、ちょっと様子を見て、肌表面の状態を確認してみてください。そこで、ゴワついていたり乾いている部分があれば、何度か化粧水のミルフィーユ塗りを繰り返してあげてから次のステップに進んで。
    出典 :放っておくと打つ手ナシの「貧相肌」に!春のゆらぎ肌に先手必勝のテク2つ| Life & Beauty Report(LBR)
     

    ちょっとしたテクニックで、お肌を守りましょう。

  • 肌寒いと感じていても日差しが強いと感じる事がありませんか? それもそのはず、春は、紫外線の量が一気に増える時期。降り注ぐ太陽の光は、夏に匹敵するほど強いと言われているとか。また、シミの原因となる「UV-A波」は、冬の時期の数倍も!「ちょっと早いかな?」と思っても、今すぐUVケアを初めてください! 日焼け止めだけでなく、帽子や日傘、サングラス等を使用して、しっかりケアしましょう。
    出典 :放っておくと打つ手ナシの「貧相肌」に!春のゆらぎ肌に先手必勝のテク2つ| Life & Beauty Report(LBR)
     

    日焼け止め、紫外線対策はゆらぎ肌への効果的な対処法です。

  • ゆらぎ肌を放っておいても良いことはありません。優しくケアして、万全の調子で新生活を楽しみましょう!