通勤途中にお腹が痛くなっちゃう・・・。もしかして過敏性腸症候群??気になるまとめ!!

お腹がゆるくなることが多かったり逆に便秘になることがあったり・・・。
腸が弱いなと思ったら過敏性腸症候群かもしれません。
気になるまとめを作ってみました!!

view422

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 過敏性腸症候群ってどんな病気なの???

  • 腸の粘膜に炎症やポリープ・腫瘍(しゅよう)など(器質〈きしつ〉的病変という)がなく、ただ腸の働きが強くなりすぎることによって腹痛や便通異常(便秘、下痢、便秘・下痢を繰り返す交替型)などといった症状が現れる病気です。つまり、腸自体が悪いのではなく、それ以外の何らかの原因で腸を動かす神経が刺激されるために、腸の運動が盛んになり腹痛などが起こるのです。
     原因としては、まずその人の性格が問題となります。精神的に弱い人にストレスやプレッシャーがかかると腸が敏感に反応して症状を起こします。私も高校や大学受験の時よく悩まされました。受験前日の試験場の下調べの時は、まずトイレの場所を確認したものです。また、自律神経の不安定な人にも同じことがいえるようです。他の原因としては、薬や食事(内容だけではなく時間的なこと、俗にいう“早食い”)などがあげられます。以上の理由からこの病気は消化器心身症の代表といえるでしょう。
    出典 :過敏性腸症候群 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
     

    過敏性腸症候群は心身症の可能性がある!!
    気になってる人はまずは病院を受診して原因を調べてみましょう!!

  • どんな症状が出てくるの???

  • <過敏性腸症候群の症状の特徴>
    1.腹痛の場所が一定ではない。
    2.下痢が続いても体重は減らない。
    3.発熱、血便はみられない。
    4.寝ている間は症状が出ない。(トイレに行きたくて目が覚めるようなことはない。)
    5.ストレスを感じないようなときには、症状がでないことが多い。(仕事や学校がストレスになっている人は、休日には症状はでない。)
    6.人によっては、ストレスによるさまざまな症状を伴うことがある。(頭痛、めまい、疲労感、不眠、不安感など)
    出典 :過敏性腸症候群 ~主な原因と症状~ | 健康Salad
     

    ストレスが無いときはお腹の調子が良いと感じる人は要注意!!

  • 4つの傾向があります!!

     

    症状の傾向はおおまかに分けて、腹部の痛みや張りを伴う便秘が特徴の「便秘型」、腹痛を伴う下痢が特徴の「下痢型」、そして便秘と下痢の症状を併せもつ「混合型」、これらのいずれともいえない「分類不能型」の4つがあり、症状は排便によって軽快することがほとんどです。

  • 原因は何??

  • ストレスが原因の場合が多い!!

     

    IBSの原因ははっきりとは解明されていませんが、現在のところ「何らかの誘因」が引き金となって中枢・末梢神経系や消化管ホルモンなどの調節がうまくいかなくなり、小腸・大腸の運動がスムーズに行われなくなったり、消化管が知覚過敏の状態になったりすると考えられています。
    この「何らかの要因」は不規則な生活や暴飲暴食なども挙げられますが、多くの場合、不安・緊張などのストレスだとされます

  • 治療はどんなことをするの???

  • IBSは症状が比較的長期にわたって続く病気です。しかし、器質的な疾患ではありませんので、ますは症状に大きく影響を与えているストレスを解決したり発散したりすることと、食生活を含めた生活習慣の改善など、リラックスした毎日を送ることができるよう努めることが大切です。
    とは言え、ストレスを解決するのは、現実問題として簡単なものではありません。そこで、薬剤を用いて「消化器の症状を抑えたり、ストレスや不安をとりのぞく」治療が行われています。
    出典 :過敏性腸症候群(IBS) | 桜公園クリニック 戸田市 戸田公園 産婦人科 婦人科 内科 消化器科 経鼻内視鏡 日帰り大腸ポリープ切除術 胃カメラ 大腸カメラ検査 女医
     

    生活改善などをしてストレスを軽減することも大切です!!

  • 薬を使う治療ってどんなの???

  • 治療に使われる薬剤

     

    症状に合わせて色々な薬剤がありますので、医師と充分に相談しましょう。IBSの治療には患者さんと医師との信頼関係がきわめて重要であるといわれています。

  • 自分で簡単に出来るセルフチェック!!

  • 改善方法は???

  • (1)趣味や運動などでストレスの発散に努めましょう。
    趣味や適度な運動は、ストレスによってともすれば内向的になる気分を和らげます。
    (2)十分な休息・睡眠を。
    疲労や睡眠不足はストレスを悪化させます。体調を整えて基本的な体力をつけましょう。
    (3)不規則な食生活などのライフスタイルを改善しましょう。
    偏食などをせず、バランスのとれた食事を心がけることが大切です。
    (4)刺激物は控えめに。
    腸を刺激するような香辛料や炭酸飲料、アルコールなどはできるだけ控えたほうがよいでしょう。
    出典 :過敏性腸症候群(IBS) | 桜公園クリニック 戸田市 戸田公園 産婦人科 婦人科 内科 消化器科 経鼻内視鏡 日帰り大腸ポリープ切除術 胃カメラ 大腸カメラ検査 女医
  • 自分でストレス解消法を見つけましょう!!