NHKでも特集された!?【くる病】乳幼児が危険です!まとめ

NHKでも特集のあった
くる病について
まとめてみました!!!

view759

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • くる病とはどんな病気か

  • 確か過去の病気だったのでは?と思ってみていましたが、最近の日本では乳幼児の発症率が増加しているそうです。
    出典 :くる病が増加・症状と予防は?原因は母乳?.治療方法.完治は可能?


  •  くる病とは、成長期(骨の発育期)の小児でカルシウムが骨に沈着せず、軟らかい骨様組織が増加している状態をいいます。多くの場合、骨の成長障害および骨格や軟骨部の変形を伴います。
     原因はビタミンD欠乏、ビタミンDの合成障害、ビタミンD受容体の異常、リンの不足、腎尿細管障害などさまざまです。
    出典 :くる病<子どもの病気> - goo ヘルスケア
  •  また、血液中のリンやカルシウムの濃度が低くなるために、不機嫌、情緒不安定になるなどの精神症状が現れることもあります。
     皮膚は紫外線にあたると、骨をつくる働きのあるビタミンDを活発に合成しますが、このビタミンDの不足が、くる病にかかる子どもをふやしたのです。
    出典 :くる病 とは - コトバンク
  • くる病が疑われる場合の血液検査

  • 血液中のリン、ビタミンDが減少していないかを検査。カルシウム減少も血液検査で確認できる場合も。ALP(アルカリホスファターゼ)という体内の酵素が上昇していないかも診断の目安になります。
    出典 :くる病(骨軟化症)の予防と治療 [子供の病気] All About
  •  O脚、肋骨のこぶ(肋骨念珠(ろっこつねんじゅ))、肋骨の前方突出(鳩胸(はとむね))、低身長などを示します。骨X線検査では、主に成長が盛んな膝(ひざ)、手関節のX線像が診断に役立ちます。
    出典 :くる病<子どもの病気> - goo ヘルスケア
  • くる病の原因

  •  カルシウムとリンが足りないとくる病になると書きましたが、実際にはカルシウムだけが足りないだけではくる病になることはまずありません。これは、カルシウムが不足しても簡単には低カルシウム血症にならないし、低カルシウムになったとしても少しの低下で痙攣などのほかの症状があらわれ、極端な低カルシウムにはならないためと考えられます。ですから、通常はくる病はさまざまな原因で起きる低リン血症の結果であるといえます。
     その原因は表にまとめましたが、大きくビタミンD欠乏に代表されるようなビタミンDの働きが足りないためにリンが不足して起きるくる病と、家族性低リン血症性くる病に代表される腎臓からリンが大量に漏れてリンが不足するくる病に分類されます。
    出典 :くる病の原因 | くる病とは | くる病 | 疾患情報 | 骨系統疾患コミュニティサイト
  •  

    横に広がった成長軟骨板は体の外側からでもみることができ、肋骨に起きると前胸部の中央から1/3ぐらいの場所に縦方向に並ぶ数珠上の腫れとなり、これを肋骨念珠と呼びます。同じように手首の部分も腫れます。また、骨が柔らかくなり、変形します。最もよくみられる骨の変形はO脚です(図1

  • くる病の予防法

  • 骨の変形が進行する前に、しっかり予防・治療することが大切。遺伝以外のくる病の主な原因は栄養不足と日光不足なので、それぞれ意識して予防しましょう。
    出典 :くる病(骨軟化症)の予防と治療 [子供の病気] All About
  • ビタミンDを多く含む魚は、カルシウムも一緒に摂れるので一石二鳥

     

    最近では、皮膚への悪影響を避けるために子どもの沐浴を避ける動きがありますが、最低限の日光は必要。日常生活レベルの日光は過剰に恐れず、適度な日光浴も大切です。併せて、カルシウム、リン、ビタミンDを含む食材を積極的に摂りましょう。

  • 栄養成分としての働きから

  •  さらに牛乳は、カルシウムもビタミンDも豊富に含んだ理想的な食品です。牛乳のカルシウムは、たんぱく質と結合しているために、小魚の約2倍も吸収率がよいので積極的に利用したいものです。
     ビタミンKも、カルシウムの骨への沈着を助けるほか、骨から血液中にカルシウムが溶けだすのを抑制する働きがあります。ビタミンKは、納豆やアシタバ、コマツナなどに多く含まれています。
    出典 :くる病 とは - コトバンク
  • サプリメント
    ビタミンD、カルシウム、リンのサプリメントでもOKです。サプリメントの含有量には注意しましょう。ビタミンDやカルシウムの摂り過ぎは、血液中のカルシウムが高くなり、血管にカルシウムがたまったり、腎臓結石のもとになってしまうので、適度な摂取がいいでしょう。例えば、ビタミンDの上限は50μgです。
    出典 :くる病(骨軟化症)の予防と治療 [子供の病気] All About
  • 注意すべきこと

  • なお、治療ですでにビタミンD製剤やカルシウム製剤を服用している場合、ビタミンDやカルシウムのとりすぎは、ビタミンD過剰症や高カルシウム血症をまねくので注意が必要です。
    出典 :くる病 とは - コトバンク