【ただの腫れだと思わないで!】意外と怖い、唇の腫れ!

唇の病気・・・考えるとすごい怖いですよね・・・。
唇といえば顔の中でも1、2番目に目立つ部分。
いきなり腫れて戸惑わないように、事前に知識を身に付けておきましょう。
適切な知識があれば病状を最低限に抑えられるはずです。

view264728

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 唇の腫れの原因。

  • 唇の腫れには、原因がいろいろあります。
    例えば蚊に刺されたなど虫刺されもあります。
    日焼も重度になると唇まで腫れてしまいます。

    また、口内炎やヘルペスのようなものもあります。
    内臓的なものとして、肝臓や胃腸が痛んだときにできることもあります。

    間違って噛んでしまった後で腫れてしまうこともあります。

    このように本当にいろいろなことから唇の腫れが起こってくるものなのです。
    原因によっては病院に行くことも必要ですね。

    出典 :唇 腫れ 原因―唇のトラブルの対処と知識
     

    症状は軽いものから重いものまで複数あります。
    正確な知識を身につけて的確な対処をしましょう。

  • 唇は顔の重要パーツです!

     

    例えあなたのセクシーな唇も腫れていては半減してしまいます。
    毎日のケアも大切ですが、病気の知識もしっかりと身につけておきましょう。

    そうすることで、あなたの唇は永遠にセクシーでいられるはずです。

  • 唇はいろんなものに触れます。意外なものが原因かもしれない。

  • 腫れの原因としてはあらゆることが考えられ、化粧品や歯磨き剤、食べ物の刺激や、舐め癖による唇の乾燥、金属アレルギーや花粉症といったアレルギーなどが挙げられます。
    出典 :腫れを伴う唇の荒れ | 唇が荒れる原因と対策方法
     

    どうでしょうか?
    日常を振り返ると唇は多くの化学物質と触れ合っています。
    場合によってはこういった物が原因で唇が腫れる可能性はあります。
    何か日常品を変えて唇が腫れたら、もしかしたらそれが原因かもしれません。

  • 身近なものだからこそ、気をつけましょう。

     

    肌が弱い人は、リップクリームでも唇が荒れるといいます。
    敏感な人は必ず自分に合ったものを使いましょう。

    そして、肌が強い人でも化学物質によって荒れる可能性はあります。
    肌に触れるものを使うさいは、気をつけるよう心がけましょう。

  • いきなりの唇の腫れ・・・それ、重大な病気かも?!

  • 唇の腫れる病気というと、相当な数の病気が挙げられることでしょう。
    でも、まず一般的なものとして、口唇炎、ヘルペス、クインケ浮腫、などいろいろあります。
    しかし、それがどの病気かということがなかなか分かりにくいですね。

    例えばヘルペスなども相当痛みなどもあり、水疱まであるのですが、それに気付かないこともあります。
    水疱ができているという自覚ななかったら、自分ではどんな病気か調べてもなかなかわかりません。
    結局、そのままにしていても治るものならいいのですが、ヘルペスなどはひどくなる一方です。

    梅毒などだったら、一度何事もなくなり、数年してからもっとひどい二期症状になって出てきます。
    出典 :唇 腫れ 病気
     

    唇の腫れは、身体のサインです。
    そして、ウイルスなどは自然回復は非常に困難です。
    「まぁ大丈夫だろう。」なんて軽い気持ちになってはいけません。
    症状が悪化してからでは、それだけ治療に時間がかかります。
    早期発見はあなた次第なのです。

  • 唇の腫れも様々です。

  • 「唇の一部だけ腫れる」「下唇だけ腫れる」「全体的に腫れてたらこ唇になる」などその規模は様々ですが、いずれにしても外見上かなり気になる症状です。

    例えば、血圧の薬の一種であるACE阻害薬。この薬を飲んでいると、唇が腫れることがあるそうです。また、遺伝性血管性浮腫という病気の症状として、唇に腫れが出ることも分かっているのです。

    唇が突然腫れて、徐々に硬くなってくるのは肉芽腫性口唇炎が考えられます。特に下唇に起きやすいとされていますが、頬の内側の粘膜が厚くなるなど唇以外にも症状が見られることもあります。この病気は金属アレルギーやクローン病など様々な病気との関連が指摘されていますが、今のところ原因はよく分かっていないそうです。
    出典 :腫れを伴う唇の荒れ | 唇が荒れる原因と対策方法
  • 唇の腫れの症状は多々あります。

     

    目に入りやすい唇ですから、きっとすぐ気づくはずです。
    しかし、症状もさまざまです。

    だからこそ、適切な処置をしましょう。

  • 症状に合った適切な処理が大切です。

  • 唇の腫れを処置するのってどうしたらいいのでしょう。
    その腫れの原因が分かったら、それにあった処置をしましょう。

    例えば転んで唇や口の中を噛んだ、ぶつけたというときは冷やすようにしましょう。
    その腫れがヘルペスならすぐにヘルペス用の軟膏を付けるか、病院にいきましょう。

    虫刺されならそのままでも、もう少し様子見てもいいですね。

    でも顔全体にも腫れを感じたら、アレルギー系の何かかも知れないので、病院に行った方が良いかも知れませんね。
    処置は焦らず、また遅れず、適切にしていきたいものです。
    出典 :唇 腫れ 処置
  • まず、腫れたからって焦ってはいけません。

     

    症状によっては、そこまで気にする必要がなかったりします。
    例えば昨日虫にさされたとか、唇を噛んだなんて原因がはっきりしていたら
    そこまで気にする必要はないかもしれません。

    なので、まずは身に覚えがないか落ち着いて考えてみましょう。

  • 唇の腫れは、アレルギーが原因かもしれない。

  • 唇の腫れの原因はアレルギーや病気がありますね。
    その原因によって処置が違います。

    唇の腫れには手遅れになってはいけないというものと、焦ることはないというものがあります。
    その辺がはっきりせずに不安なときは、とにかく病院に行くことにしましょう。

    行って何でもなければいいのですから。
    しかし、遅れて病気が重くなってしまうこともあるのですから、やっぱりあまり軽々しく考えないようにした方がいいと思います。

    こんなことで恥ずかしいとは思わずに、まず病院に行くことをおすすめします。
    (もちろん、きのう夜蚊に食われたなという自覚などがあれば、焦ることはありませんが。)
    出典 :唇 腫れ 処置
  • 少しでも心あたりがあったら病院へ行きましょう。

     

    気になるからって、目を背けてはいけません。
    病気は早期治療が何より大切です。

    近場の目が気になるなら、ちょっと遠くの病院でも行ってみたらどうでしょう。