その頭痛の原因。眼精疲労ではありませんか?

頭痛の原因はいくつかありますが、眼精疲労もひとつの原因です。

眼精疲労解消の方法をまとめました。

view526

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 眼精疲労からくる頭痛

  • 眼精疲労は片頭痛や緊張型頭痛(肩こり頭痛)の原因になる

    片頭痛は脳が興奮状態にあり、光や音に異常に敏感になり、ズキンズキンと寝込むぐらいの痛む頭痛です。眼精疲労からくる頭痛は脳に直結している目の酷使が原因です。眼精疲労は片頭痛を起こす原因の一つと考えられます。また、目の表面が乾燥するドライアイは肩こりの原因にもなるので肩こり頭痛といわれる緊張型頭痛にもなりやすくなります。
    出典 :眼精疲労は頭痛・肩こりの原因
  • 眼精疲労の原因は?

  • 眼精疲労といっても、その症状には色々な原因が隠れている場合があります。
    1.生活環境からくる眼精疲労
    2.加齢からくる眼精疲労
    3.近視や乱視、眼鏡やコンタクトが合わないことによる眼精疲労
    4.病気からくる眼精疲労
    出典 :眼精疲労の原因
  • 眼精疲労度をチェックしましょう!

  • 眼精疲労の解消方法

  • 眼精疲労解消の方法をいくつかご紹介します。

  • マッサージ・ツボで解消

  • 眼精疲労に効くマッサージ、ツボです。

  • こめかみの脇プッシュ

  • 目じりとこめかみの間にあるくぼみと、その周辺を円を描くように押す。

    だから目に効く!

    目じりとこめかみの間にあるくぼみを「太陽(たいよう)」といいます。ここは、疲れ目や片頭痛に効果のあるツボになります。絶対にツボを押さなければと思わず、「太陽」を中心に、その周辺で気持ちがいいと感じるところも押しましょう。
    出典 :眼精疲労vol.3 マッサージが眼精疲労を制す!(2/2) 3分からだメンテ - からだプラス - [どらく]
  • 眉毛の内側をプッシュ

     

    写真ではわかりやすいように、人さし指だけでツボを押していますが、親指で押したり、鼻をかむような形でツボに人さし指を当てるとしっかりと固定できます。また、「攅竹」のツボを押すときは、目を閉じて下さい。

  • 左右の眉毛の内側にあるくぼみを、持ち上げるように少し強めに押す。


    だから目に効く!

    ここは、「攅竹(さんちく)」というツボで、目の疲れに効果があります。ふだんの生活の中で、目が疲れたと感じたときに、この場所を自然に押していることがあると思います。頭痛や視力の回復にも効果的といわれています。
    出典 :眼精疲労vol.3 マッサージが眼精疲労を制す!(2/2) 3分からだメンテ - からだプラス - [どらく]
  • [第3回]足裏マッサージで頭痛・眼精疲労を改善

  • 蒸しタオルで温める

  • 蒸しタオルの作り方
    (1)適当なタオルを水につける
    (2)適度に湿る程度に絞る
    (3)電子レンジで30秒程加熱する
    出典 :近視・近眼・眼精疲労をトレーニングで回復!->眼精疲労と蒸しタオル'
  • 目薬を使う

  •  

    即効性が期待できます。

  • 遠くを見る

  • 緑を見るのがいいとされているのは、普段人間が生活している場所は、ネオンやテレビといった人工的な光が多く、目はどこを見てもても疲れやすい状態にあります。

    遠くの緑を見るのがいいとされているのは、緑は安らぎや穏やかさをイメージさせる色であり、脳の興奮を静める働きがある為で、疲労やストレスがなどを解消する効果もあるとされている為です。

    緑には安定感や平常心を呼ぶ効果はり、大脳の下垂体を刺激して副甲状腺のホルモンの分泌を促し、肝臓の働きが刺激されて血圧の調整を行う効果もあります。

    このように、緑色には心をリフレッシュさせる効果があるので、目が疲れたときには遠くの緑を見るようにしましょう。
    出典 :遠くを見る | 眼精疲労 回復WEB
  • 眼精疲労に効く食べ物

  • 1. ブルーベリー、ビルベリー
    ブルーベリーやビルベリーの皮に含まれる青紫色の色素「アントシアニン」は、目のいろいろな機能に効きます。アントシアニンは網膜にあるロドブシンという色素の再合成を促す働きがあり、眼精疲労を抑制し改善する効果があります。


    2. ブロッコリー、ほうれん草
    ブロッコリーやほうれん草にはルテインが豊富に含まれています。ルテインには、抗酸化作用があり、水晶体や網膜の酸化を防ぐ役割を担っています。

    3. にんじんジュース
    にんじんには体内で必要なときだけビタミンAに変換されるβカロテンが多く含まれています。βカロテンは血管や細胞を若々しく保つ働きがあり、ビタミンAには目の機能を高める働きがあります。毛様体の筋肉の弾力性を回復させ疲れ目やかすみ目などの改善に役立ち、ドライアイなどの眼病予防に効果があります。
    にんじんの栄養分を効率よく摂るにはジュースが最適です。

    4. 青魚(サンマ、イワシ、サバなど)
    青魚にはDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。DHAは視神経に効果的に働き、EPAは目の毛細血管の血流を促進します。

    5. 黒酢とはちみつのドリンク
    酢は疲労回復に効きます。食物をエネルギーに変える仕組み「クエン酸サイクル」を活性化させ、疲労物質の乳酸を分解します。糖分を加えると効果が増しますので、黒酢とはちみつドリンクがお勧めです。
    出典 :眼精疲労と食べ物