そのままにしないで!「膀胱炎の危険性」は死も隣り合わせ

膀胱炎の危険性をしっていますか?放っておくことで死に至る病気にもなりえないのです

view2428

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 膀胱炎は

  • 膀胱炎は抗生物質を飲めばたいてい数日で治りますから、割りと治療しやすい病気であることには間違いありません。しかし、再発もしやすいのがこの病気です。女性は職業柄、長い時間、座りっぱなしで仕事をしたり、仕事が忙しいとついトイレを我慢してしまって膀胱炎を繰り返すことがあります。
    出典 :膀胱炎を軽く見てはいけない - 膀胱炎の基礎知識
     

    我慢ばかりしていませんか?

  • 膀胱炎を放っておくと

     

    確かに水分を摂ればよくなるかもしれませんが、なかなか症状が改善しないまま我慢して放置したことにより重篤な症状が出る場合があるのです。素人判断は危険ですね

  • 診断する時は

  • 膀胱炎は、採尿した尿を遠心分離機にかけて、膀胱炎の原因となる細菌や炎症の細胞である白血球が尿中にいないかを顕微鏡で確認すると、すぐに膀胱炎の可能性があるかが判明します。また同時に尿の培養検査を行うことによって膀胱炎の原因菌を明らかにすることができます
    出典 :王子総合病院 医学教室
     

    この検査もとても重要なのです

  • 放置してしまうと

  • 膀胱炎を、適切な治療をせず放置してしまうと、膀胱から細菌が腎臓へと入り込み腎盂腎炎(じんうじんえん)を起こす可能性が出てきます。 腎盂腎炎にも急性と慢性とがあり、急性の場合は抗生物質を投与し、安静にすることで症状は治まりますが、 慢性になってしまうと自覚症状のあまり無いケースも多くなります。
    出典 :放置はダメ!本当はおそろしい「膀胱炎」という病気【後編】 | ラルーン
     

    自覚症状がない場合のほとんどは我慢の末に起きる場合だそうです

  • 例えば軽い残尿感や違和感などの症状が出たとしても、「どうせいつもの軽い膀胱炎でしょ」と勘違いし放置していたら、 気づいたときには実は慢性腎盂腎炎に進行していた、などということになることも考えられます。 慢性腎盂腎炎になってしまうと、進行した場合腎不全に陥る可能性もあります。
    出典 :放置はダメ!本当はおそろしい「膀胱炎」という病気【後編】 | ラルーン
     

    このような危険性があるのです

  • 単なる膀胱炎が、腎不全にまで進行するなんて、大げさでは・・・。と思うかたもいらっしゃるかもしれません。 膀胱炎になったら必ず腎盂腎炎や腎不全になってしまうというわけではありません。ですが、治療を怠ったり、放置していると悪化したり、なかなか治らなくなってしまう危険性があります。
    出典 :放置はダメ!本当はおそろしい「膀胱炎」という病気【後編】 | ラルーン
     

    しっかりと完治させましょうね

  • 結果起きる腎盂炎とは

  • 腎盂炎は、急性と慢性があり、急性腎盂炎の症状は、38℃以上の高熱、背中やわき腹の痛み、腰痛、悪寒、むかつき、嘔吐などがあります。また、頻尿や残尿感、排尿時の痛み、混濁尿や血尿など膀胱炎の症状がでることもあります。慢性腎盂炎は、微熱が続き、頭痛や腰痛、倦怠感などが出てきます
    出典 :腎盂炎 | 膀胱炎の症状と治療ガイド
  • 女性は

     

    尿道の短い女性は、外部からの菌の侵入がしやすく、そのため、膀胱炎にもなりやすい状態です。だからこそ、膀胱炎を罹患する人がかなりの人数になるのです

  • 腎盂炎になってしまった場合は、水分を多めに摂り、排尿を我慢せず、たくさん尿を出すことが大切です。また、唐辛子やアルコールなどの刺激物の摂取は控えます。体力を回復するために、安静にしましょう。腎盂炎は再発しやすい病気です。早めに治療を受け、長めに安静にし、しっかりと治しましょう。
    出典 :腎盂炎 | 膀胱炎の症状と治療ガイド
  • 膀胱炎のうちに予防を

  • 膀胱炎になってから慌てて水分を多く摂っても、トイレに行くのが怖くなるばかりで、できればトイレからは遠ざかりたい心境でしょう。そうなる前から、水分は沢山摂りましょう。水分を多く摂ることで尿の量や回数が増え、細菌を体の外に出してくれるので、膀胱炎の予防になります
    出典 :膀胱炎の予防・免疫力や水分について - 【膀胱炎撃退ガイド】