糖尿病とうつ病の関係

糖尿病患者さんを対象にした様々な調査で、糖尿病患者さんがうつ状態になっているケースが多いことが分かってきました。そのため、近年の糖尿病医療では、糖尿病患者さんが抱えるこころの問題にどのように対処していくかということも重要視されるようになってきています。

view236

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 糖尿病患者が抱える心の問題

  • 糖尿病患者さんが抱えるこころの問題

     

    糖尿病の治療では、食事療法をはじめとする様々な生活上の制約があったり、血糖値の測定やインスリン注射などが頻繁に行われ、患者さんには大きなストレスがかかった状態が続きます。また、視力障害、腎障害、神経障害などの身体機能を喪失するかもしれないという不安が常に患者さんにはつきまとっています。

  • 糖尿病は家族にとっても大きな心理的負担に

  • 糖尿病は患者本人だけでなく家族にとっても心理的負担となっており、すべての患者がQOLの高い生活を送るためには、一人ひとりの考え方を重視した長期間に及ぶケアや、自己管理促進のための教育システム、社会的サポートなどが必要となる。
    出典 :糖尿病は家族にとっても大きな心理的負担に、DAWN2の結果発表:日経メディカル
  • 妊娠から心の問題まで…女性と糖尿病の関係

  • 女性と糖尿病の関係

     

    糖尿病のある人は、そうでない人に比べて2倍も"うつ"になりやすいという発表がありました。これも男性よりも女性に多いのです。2001年の糖尿病ケアの専門誌の記事によると、男性の患者がうつになる率が18%なのに対し、女性の糖尿病患者の実に28%がうつの病歴があるそうです。

  • 女性の長寿と肥満や2型糖尿病の急増によってアメリカやヨーロッパでは女性の心血管系疾患(心筋梗塞など)が注目されています。1979年に発表されたフラミングハム・スタディ(アメリカ)では糖尿病の心臓冠動脈疾患のリスクは男女共同じだったのですが、近年では男性の死亡率が13%下がったのに対し、女性の心臓死が23%も上昇しているのです。
    出典 :3/3 妊娠から心の問題まで…女性と糖尿病の関係 [健康食品・サプリメント] All About
  • 女性の2型糖尿病者は肥満かつ運動不足になりがちで、中性脂肪が高く、血糖コントロール不良、摂食障害、うつ、高コレステロール、高血圧などが指摘されています。心筋梗塞などは男性の病気と見なされてきましたが、女性の糖尿病者の予後は男性よりも悪くて、2年以内の死亡率は女性の方が高いのが現状です。
    出典 :3/3 妊娠から心の問題まで…女性と糖尿病の関係 [健康食品・サプリメント] All About
  • ストレスが糖尿病治療を難しくする ストレスをコントロールする方法

  • ストレスは血糖コントロールを難しくする。

     

    糖尿病とともに生きるということは、休みなく糖尿病に向き合わなければならないことを意味する。定期的に通院し血糖値をチェックし、治療薬を飲み続け、食事を管理し、運動も続けなければならない。

  • インスリン療法を行っている人は頻回の注射と血糖自己測定も必要だ。生活のさまざまな面で制限が設けられる。このことにストレスを感じ、疲労感がたまっててしまう人は少なくない。 ストレスを感じると、コルチゾールやアドレナリンなどのホルモンの分泌が増える。これらホルモンは血糖値を上昇させる作用がある。ストレスはインスリン抵抗性を引き起こすホルモンの分泌も増やす。インスリン抵抗性は、インスリンに対する感受性が低下した状態だ。
    出典 :ストレスが糖尿病治療を難しくする ストレスをコントロールする方法-糖尿病NET-資料室
  • ストレスがたまると、それだけで血糖コントロールが難しくなるだけではない。ストレスのために薬の飲み忘れたり、食べ過ぎに注意しなければならない食品をつい食べすぎてしまうこともある。 ストレスが慢性化すると、うつ病の発症が増え、さらに糖尿病が悪化するという悪循環におちいるおそれもある。ストレスと糖尿病の負のスパイラルは、糖尿病の治療を難しくする。早い時期から、ストレスに対処することが必要だ。
    出典 :ストレスが糖尿病治療を難しくする ストレスをコントロールする方法-糖尿病NET-資料室
  • ストレス解消の3つのC?

  • ストレスを解消する

     

    飲食などの、食習慣に問題がなくても、過度のストレスにより、糖尿を発症してしまう方も増えています。ストレス性の糖尿病と呼ばれています。また、ストレスが極限に達すると、うつ病や燃えつきを引き起こしてしまうとも言われていますので、自分なりのストレスを和らげる方法を見つける事が今とても大切になっていますね。

  • さて、この3つのCとは何でしょうか?
    1) CONTROL(コントロール)[制御する]
    2) COMMUNICATION(コミュニケーション)[意思の疎通]
    3) COGNITION(コグニション)[認知]
    の3つであると、説明されています。
    出典 :ストレス性糖尿病 ストレスを解消する3つのCとは?【糖尿コラム】
  • ストレスが溜まると出る症状 - YouTube

  • うつ病と血糖値の意外な関係とは?

  • 血糖値の働きとうつ病

     

    糖尿病患者または血糖値が高い方は、インスリンの働きが悪く、ブドウ糖を体に取り込めなくなってしまいます。すると脳内でもブドウ糖が吸収されなため、神経を伝達させる働きが悪くなり、うつ病の症状が起こると考えられています。

  • 実際糖尿病患者がうつ病になるリスクは、通常の3倍程度で、同様にうつ病患者が糖尿病になるリスクも3倍程度です。それだけ、糖尿病とうつ病は密接に関係しています。血糖値がうつ病リスクを高めていると言っても過言ではありません。糖尿病患者には、うつ病が多いのも納得です。では血糖値をコントロールするためにはどうしたら良いのでしょうか?
    出典 :うつ病と血糖値の意外な関係とは? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 血糖値をコントロールするのはネバネバ食材
    何故ネバネバが良いのでしょうか?実はネバネバしていると、胃に入った食べ物の消化のスピードや腸へと流れるスピードが格段に遅くなるからです。そのため、血糖値の上昇が緩やかになり、ブドウ糖を取り込みやすくなります。すると、うつの症状が緩和されます。
    出典 :うつ病と血糖値の意外な関係とは? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • みなさん、低血糖症って聞いたことはありますか?