テカテカでベタベタ、気になるオイリー肌の治療法

オイリー肌の治療法についてまとめてみました。蒸し暑い季節、化粧崩れ、てかりなどみっともない顔とはこの夏からさようならしたいですね

view174

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • オイリー肌の治療の前に、私ってオイリー肌?

  • 脂性肌(オイリー肌)とは、簡単に言うと、皮脂が普通より多く分泌されている状態の肌のこと。皮脂そのものは、私たちの肌に潤いを与えて、感染症などから守ってくれる大変重要なものですが、皮脂が必要以上に多く分泌されるとほこりが付きやすくなって肌トラブルの原因にもなりますし、手で触れた感じも、脂っぽく感じられます。脂性ゆえのにきびなどが化膿すると、治療が必要な場合もあります。
    出典 :脂性肌・オイリー肌とは?:脂性肌(オイリー肌)の治療と対策
  • オイリー肌

  • オイリー肌の治療とは何から始めればいいの?

  • 1日2回くらいは洗顔をして、古くなった皮脂を取り除きましょう。
    朝は水だけで洗うという人もいますが、皮脂は油汚れなので水だけでは落ちない可能性があります。刺激の少ない石鹸などをしっかり泡立て、泡で顔を包み込むように優しく洗いましょう。また、1日2回洗顔をしても皮脂が浮いてテカるようでしたら、あぶらとり紙をつかうのも有効です。
    出典 :古くなった皮脂はとるべきか?:脂性肌(オイリー肌)の治療と対策
  • ケミカルピーリングなどをすることで毛穴や皮脂のつまりを取り除きニキビを
    改善し脂性肌を抑える効果があるとされています。クリニックによってはビタミンC誘導体のローションを作って処方しているところもあります。ビタミンCローションは皮脂分泌抑制、ニキビ改善に効果があるといわれています。
    出典 :私は顔面&頭髪が「超」脂性のテカテカ・ベットリ君(35歳)です。 しかし不思... - Yahoo!知恵袋
  • オイリー肌

  • シワや多汗症などの治療で利用されている「BTX」で皮脂の分泌がコントロールできます!!
    BTXには皮脂の分泌量を減少させる効果もあるのです!!ひらめき電球施術方法は「ダーマペン」という極小の針で小さな穴を開ける機器を利用し、液体の「BTX」を浸透させることで行います。
    出典 :美容医療(にきび)|美容皮膚科女医 藤瀬のブログ
  • イソトレチノイン

  • 本当に最後の手段として欧米では20年以上前からニキビ治療薬で使われている「イソトレチノイン」(製品名:アキュテインやアクノティンやアキュタンなど)という内服薬があります。この薬は皮脂線を急激に収縮させ、皮脂量を減少させることでニキビを改善するものです。ビタミンA誘導体が主成分です。しかしこの薬は日本では認可されていません。奇形児が生まれる可能性も
    出典 :私は顔面&頭髪が「超」脂性のテカテカ・ベットリ君(35歳)です。 しかし不思... - Yahoo!知恵袋
     

    日本で認可されていないということは実費です。結構高いみたいですね。それに奇形児が生まれるかもしれないというデメリットもあるので、本当に最後の手段なのかもしれません。
    生活習慣の予防をすることで改善できることをしつつ、クリニックに通うのがいいのかもしれません。

  • オイリー肌の治療と共に予防すべきこと

  • 間違ったスキンケア
    20代以降の大人肌は、ターンオーバーの周期が年齢を重ねるごとに長くなるために回復が遅く、また肌の水分保持力も10代と比べて低くなっています。そのような違いを認識せず、年代に合わない脂性肌向けのスキンケアを行っていると、ますます皮脂の分泌量が増え、脂性肌が悪化することがあります。
    出典 :脂性肌の原因とは | スキンケア大学
     

    ふむふむ、自分は脂性肌だと思って使ってきた脂性肌向けの化粧品が悪化を招いていることがあるんですね。自分の思い込みが原因なんて...!

  • 食生活
    私たちの身体は、バランスの良い食事から得られる様々な作用により正常な状態を保っています。皮脂の分泌を適性にコントロールする栄養素の不足や、逆に皮脂の分泌を促す食べ物を過剰に摂取することが原因となり、肌の皮脂分泌が増え、脂性肌になってしまう場合があります。
    出典 :脂性肌の原因とは | スキンケア大学
  • 生活習慣
    皮脂の分泌を過剰にする原因には、睡眠不足、ストレス、喫煙などの生活習慣があります。これらの生活習慣は、脂性肌と共にニキビや肌荒れを併発させるケースも多く、キレイなお肌を目指す女性には特に注意が必要です。
    出典 :脂性肌の原因とは | スキンケア大学
  • 皮脂分泌のメカニズムには男性ホルモンが大きく関与しているのです。テストステロンやアンドロゲンといった男性ホルモン。これらのホルモンの働きが活発になると、皮脂の分泌量が増えてしまいます。
    出典 :脂性肌になる原因と対策方法|美容クリニックラボ
  • オイリー肌の治療効果のある有効成分

  • 食事でとれるもの
    ビタミンB2
    ビタミンB6


    化粧水などで補えるもの
    ビタミンC誘導体
    ハマメリスエキス
    オウバクエキス